インフラストラクチャー管理ツール

さまざまなクラウド・ツールを提供します

シンプルかつ強力なシステム管理リソース

弊社は、システム管理者がうんざりするサーバー管理の問題を理解しています。そのため、データの迅速かつ容易なプロビジョニング、テスト、リカバリー、サーバーへの移動、サーバー間の移動に役立つツールを提供しています。これらのツールは、時間のかかる複雑なプロセスの簡素化および自動化を行います。ベアメタル サーバーと仮想サーバーで構成される独自のプラットフォームにより、これまで見たことのない革新的な機能を活用できます。
Icon for seamless integration of management tools

シームレスなインテグレーション
管理ツールは、APIを土台に構築されており、お客様のクラウド・インフラストラクチャーと緊密に統合されます。

Icon for easy to use tools

使いやすさ
シンプルなグラフィック・インターフェースまたはAPIを使用して、ツールの制御の設定、モニタリング、微調整を行います。

Icon for simple scaling

シンプルなスケーリング
革新的なイメージ処理機能と自動化機能により、環境を容易に拡張して柔軟に調整します。

イメージのインポート/エクスポート

既に特定のビジネス・ニーズに合ったサーバー構成を開発済みである場合、弊社の「イメージのインポートとエクスポート」サービスを使用するとそのディスク・イメージをSoftLayerアカウントにインポートして、新しいSoftLayer仮想サーバーをすぐにデプロイ可能な状態にできます。これはIBM Cloudのすべてのお客様に対する無料サービス(仮想サーバーとストレージの標準課金とは別)です。現在のSoftLayerのお客様は、カスタマー・ポータルにログインして、今すぐ「イメージのインポート/エクスポート」を使い始めることができます。

オートスケール

自動スケールを使用すると、スケジュール、CPU使用率、帯域幅使用量などのトリガーに基づいてクラウド・フットプリントを動的に調整し、自動的に調整できます。そのため、環境は常に最適なレベルで稼働します。カスタマー・ポータルでいくつかのシンプルなトリガーを作成すると、弊社システムが、お客様のルールに基づいて仮想サーバーの追加または削除を行います。クラウド・インフラストラクチャー・リソースを使い果たすことがなく、ピーク使用時にのみ必要とされるサーバーのオーバープロビジョン(とその支払い)を回避できます。

レスキュー・カーネル

障害や異常終了の後に、通常、OS再ロードによってのみ解決されるシステムの問題をトラブルシューティングするには、サーバーをオンラインにしてください。IBM Cloudのカスタマー・ポータルから起動し、IBMの自動化システムは、障害サーバーをRAMディスクUNIX、LinuxまたはWindows PEレスキュー・カーネルにブートし、障害が発生したサーバーのアクセスと制御を可能にします。ディスク・リカバリー・ユーティリティー、PassMarkテスト、OS固有の修復ユーティリティー、最新のアンチウィルス、スパイウェア、およびルート・キット・スキャン・ユーティリティーなど、広範なツールを実行できます。

関連情報

完全なIBM Cloud管理

IBM Cloudプラットフォーム上のすべてのサーバー管理とアカウント管理を一元化するために構築したツールについて説明します。

サーバーのモニタリングとレポーティング

お客様が監視していない時も、サーバーを監視します。

KnowledgeLayer

豊富なコンテンツの知識ベースで、これらのツールに関する詳細情報を検索してください。