IBM Cloud VPSをお勧めする理由

パブリック仮想サーバー、専用仮想サーバー、予約済み仮想サーバー、一時仮想サーバーを使用することで、すべてのタイプのワークロードに高いレベルの透明性、予測可能性、自動化をもたらします。コンピュート・リソースを数分でプロビジョニングおよび拡張できます。

IT部門への現実にあるプレッシャーに対処できる専有型VPS

フォールト・トレラント(障害への耐性)戦略の構築

専用ホスト上に構築することで、必要なときにいつでもデータを利用できるようになります。保存場所、規定、可視性に関する豊富な選択肢を組み合わせることができます。

ワークロードに適合したカスタマイズ

専用インスタンスのコア構成とRAM構成を選択します。クラウドネイティブと従来型の両方のワークロードをサポートします。

オンデマンドでのスケールアップまたはスピンダウンがリアルタイムで可能

すべてのVPS環境が同じように作られるわけではありません。高性能なワークフロー・ニーズに対応した一貫性のあるサービスを提供します。

自由度の高いグローバル・ネットワーク

月単位のVPSには、250 GB のアウトバウンド・パブリック帯域幅、無制限のインバウンド・パブリック帯域幅、無制限のプライベートおよび管理ネットワーク帯域幅が含まれています。

200米ドル分が無料に

今すぐIBM Cloudに登録して、初回購入に対する200米ドル分のクレジットをお受け取りください。

最適なサーバーを選択

定義済みのサーバー・プロファイルから始めていただくと、リソースのオーバーサブスクリプションやアンダーサブスクリプションが発生しません。

使ってみる

必要なコンピューターのタイプ、コアの数、RAMの容量、請求オプションを選択してください。すぐにコスト見積もりをご覧いただけます。