IBM Cloudが2018 Global VMware Partner Innovation Awardを受賞!

VMware Partnership Leadership Summit において、IBM Cloud が、Integrate Public Cloudカテゴリーの 2018 Global VMware Partner Innovation Award を受賞したことが発表されました。

お客様がクラウドに求める目的とは?

IBMは「お客様がクラウドに求める目的」に応じて、個々のアプリケーション・ワークロードに最適な実行環境を提供。お客様は、パブリック・クラウドだけでなく、オンプレミスも含めた最適なクラウド環境を選択可能です。

既存システムをクラウドと連携させて、ハイブリッドにする方法は1種類ではありません。自社のシステムに最適なステップを選び、進めていくことのできる「選択肢」と企業システムに求められる「透明性」の確保も重要と言えます。

VMware on IBM Cloudの価値

オンプレミスとクラウドの両者のメリットを「いいとこ取り」したハイブリッド・クラウドを、自社のシステムに最適なステップで、理想の形へと実現していくことが可能です。

オンプレミスで運用していたアプリケーションをクラウドに対応させる際には、従来の非機能要件をどのように対処するのかの検討が重要です。IBM Cloud の場合には、VMware上のアプリケーションと非機能要件を合わせて「そのままクラウドに移行」することが可能です。

vmware cloud

エントリーポイント

  • サーバー1台から構成可能
  • 迅速なリソース拡張
  • SAP-certified Infrastructure
  • 1,700社以上の導入実績
TOK

東京リージョン

  • 東京リージョンにDC 3拠点
  • 「超」高可用性の実現
  • リージョン間、AZ間の通信が無料
コントロール

コントロール

  • 管理者権限はお客様に
  • コントロール、運用の継続性
  • 持ち込みライセンスの選択肢

お客様事例

株式会社リコー

富士フイルム株式会社

こちらからお問い合わせいただけますので、 
お気軽にご利用ください。