電話でのお問い合わせ: 0120-550-210
識別コード: Cloud (平日9~17時対応)

IBM Cloudが2018 Global VMware Partner Innovation Awardを受賞!

VMware Partnership Leadership Summit において、IBM Cloud が、Integrate Public Cloudカテゴリーの 2018 Global VMware Partner Innovation Award を受賞したことが発表されました。

注目資料

VMware製品による仮想化環境のクラウド移行をご検討の際に必見の参考資料

「クラウド移行は何となく不安」から抜け出すためのヒント

クラウド移行で「何が変わり、何が変わらないのか」を理解することで、クラウド移行に関する不安の多くは解消できるはずです。クラウド移行に当たって理解すべき"違い"から、クラウドの始め方、移行手順などをvExpertが詳しく解説します。

「VMware on IBM Cloud」がハイブリッドクラウドにおすすめな理由とは?

デジタル化によるビジネス変革のためには、特に基幹システムのクラウド移行は避けて通れません。スムーズなクラウド移行で新たな価値を生み出すIT基盤を作る方法をご確認ください。

VMware HCX on IBM Cloudとは?

ご使用のオンプレミス環境をシームレスにIBM Cloud につなぎ、マルチ・クラウド・アーキテクチャーを実現します。ハイブリッド・クラウドに取り組むお客様がぶつかる壁を取り除くことができるVMware HCX on IBM Cloudについてご説明します。

お客様がクラウドに求める目的とは?

IBMは「お客様がクラウドに求める目的」に応じて、個々のアプリケーション・ワークロードに最適な実行環境を提供。お客様は、パブリック・クラウドだけでなく、オンプレミスも含めた最適なクラウド環境を選択可能です。

既存システムをクラウドと連携させて、ハイブリッドにする方法は1種類ではありません。自社のシステムに最適なステップを選び、進めていくことのできる「選択肢」と企業システムに求められる「透明性」の確保も重要と言えます。

これまで 近い未来

VMware on IBM Cloudの価値

オンプレミスとクラウドの両者のメリットを「いいとこ取り」したハイブリッド・クラウドを、自社のシステムに最適なステップで、理想の形へと実現していくことが可能です。

オンプレミスで運用していたアプリケーションをクラウドに対応させる際には、従来の非機能要件をどのように対処するのかの検討が重要です。IBM Cloud の場合には、VMware上のアプリケーションと非機能要件を合わせて「そのままクラウドに移行」することが可能です。

vmware cloud

エントリーポイント

  • サーバー1台から構成可能
  • 迅速なリソース拡張
  • SAP-certified Infrastructure
  • 1,700社以上の導入実績
TOK

東京リージョン

  • 東京リージョンにDC 3拠点
  • 「超」高可用性の実現
  • リージョン間、AZ間の通信が無料
コントロール

コントロール

  • 管理者権限はお客様に
  • コントロール、運用の継続性
  • 持ち込みライセンスの選択肢

お客様事例

VMware on IBM Cloudの活用事例をご確認ください。

株式会社福井銀行

現行の数百に上る分散系システムの稼働環境をVMware on IBM Cloudに移行して、マーケティング分析やAIなどの最新技術を活用するIT基盤を整備。

富士フイルム株式会社

IT基盤のコスト削減と増加するデータ量に備えてビジネス環境の変化に柔軟に対応可能なハイブリッド・クラウド環境を構築。

株式会社リコー

IBM Cloudベアメタル・サーバーでビジネス向けテレビ会議システムを運用、「サービス停止が起きない仕組み」で低遅延・高品質なサービスをクラウドで提供。

業種、トピック、導入目的別に様々なIBM Cloud のお客様導入事例をご覧ください。

VMwareエキスパート対談

基幹システムの見直しに「今が絶好機」な理由

基幹システムにもさらなるコスト削減や俊敏性が求められている中、その1つの解が「クラウドの活用」です。

IBMとヴイエムウェア社のエキスパートから学ぶ、ITインフラのトレンドや課題、効果的な仮想環境のクラウド移行シナリオをご確認いただけます。

ヴイエムウェアと語る「VMware on Cloud」の勘所

国内外で1700社以上の実績を重ねる「VMware on IBM Cloud」とは、実際にはどのような違いがあり、これからデジタル化がさらに進んでいくビジネスにとって、どのような意味をもたらすのでしょうか?

ヴイエムウェア社の専門家とIBMのエンジニアがこれまで直面してきた具体的な事例を軸に、機能面、運用面でのポイントを整理しながら、VMware on IBM Cloudの最新情報と採用理由をご紹介します。

こちらからお問い合わせいただけますので、 
お気軽にご利用ください。