IT運用分析

高度なAIに基づく運用と機械学習を組み合わせることで、障害を事前に回避し、自動化を促進します。

Think 2018セッションの再生:クラウド規模のIT運用をコグニティブ機能に基づいて管理することで、ユーザーが求めるビジネス実績を実現

IT Operations Analyticsとは?

IT運用分析(ITOA)は、テラバイト単位の運用データをわかりやすく実用的な洞察に変換して、効果的で効率的な問題解決を実現します。IBMのAI運用ソリューションにより、問題の予測につながる初期のデータ・パターンを検出し、障害を事前に防止し、より適切にビジネス変革をサポートできます。

IBMが提供するITOAをおすすめする理由

IBMが提供するIT運用分析オファリングをIBM Watson®と組み合わせると、継続的に学習、予測、調整を行い、アクションを推奨できます。このような機能は、市場で提供されている他のITOAソリューションでは実現できないものです。

実証されたメリット

従来のシステムに比べ平均修復時間(MTTR)を大幅に短縮

ログ、イベント、パフォーマンスの分析からコグニティブ機能に基づく洞察を得ることで、従来のシステムに比べMTTRを大幅に短縮し、従来の監視機能では全く検出できない問題についてアラートをユーザーに提供できます。

機械学習と自動化により運用効率を向上

イベント分析を活用することで、従来のシステムに比べイベントの数を大幅に削減します。より効果的なモニタリングを実現しながら、ITアプリケーションとITリソースに関するしきい値を設定し、管理します。

障害を事前に回避し、障害が発生する平均間隔を大幅に延長

発生した問題に対応するのではなく、事前に問題を回避します。コグニティブ分析に基づく洞察に基づいて問題をより迅速に解決し、事前対応を実施することで、運用チームはサービスに影響を及ぼすインシデントを大幅に削減できます。

IBMのITOAソリューション

IBM Operations Analytics
テラバイト単位の大量の運用データをわかりやすく実用的な洞察へと変えることで、問題解決を迅速化し、サービスを改善できます。

IBM Netcool® Operations Insight

リアルタイム分析と履歴分析を使用して、ビジネスに影響が及ぶ前に問題を識別して切り分け、解決します。

IBM Cloud Event Management

クラウド環境からサービスを復元し、運用に関するインシデントを迅速に解決します。

IBM Cloud Management for Hybrid Deployment

エンドツーエンドの可視化、制御、自動化を実現し、アプリケーション、インフラストラクチャー、サービス、ワークロードを管理します。洞察を獲得することで、クラウド上でよりスマートな管理とビジネスの意思決定を行うことができます。

リソース

アプリケーションとインフラストラクチャーの状態に関する運用上の洞察を最適化する方法についてご覧ください。

基盤となるITインフラストラクチャーに関する深い洞察を事前に獲得することで、運用のパフォーマンスと可用性を大幅に改善できます。

IBMのコグニティブ機能と機械学習に基づくITOAソリューションは、IT運用の価値を大幅に高めることができます。

ビジネス・サービスに影響が発生する前に、問題を特定し、切り分け、解決するIT運用を実現します。

Consolidated Communications社がすべての重大な問題を防止

IBMソフトウェアを実装して6つの州に及ぶネットワークを管理することにより、Consolidated Communicationsは運用効率を高め、毎年推定60万ドルのコスト削減を実現できます。

Chris Smith氏、ツール・自動化担当取締役、Consolidated Communications Holdings社

IBM Operations Analyticsを今すぐご活用ください

ハイブリッド・クラウド管理に課題をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

電話番号: 0120-550-210 ※平日9時00分~17時00分(識別コード:Cloud)

IBMをフォローする

IBMをフォローする