IBM Cloud for Financial Services™
変革を促進し、セキュリティーとコンプライアンスのニーズに対応します。
コスト節約試算ツールを試す IBM Cloud製品を見る
クラウド・データ使用の等角図

概要

業界向けに開発されたクラウド

IBM Cloud for Financial Servicesは、お客様がリスクを軽減し、最も機密性の高いワークロードに対してもクラウド導入を促進するのに役立つよう設計されています。 セキュリティーとコントロールがプラットフォームに組み込まれているため、金融機関はセキュリティーとコンプライアンスの体制を自動化することができます。これによりお客様はリスク管理を簡素化して、法規制へのコンプライアンス体制を実証することが容易になります。  

関連リンク

データ侵害のコストの詳細はこちら

セキュアなクラウドによる変革(3.8 MB)

メリット

コンプライアンスのニーズに対応

自動化と事前設定されたコントロールを備えたサービスの利点を生かせます。

迅速なイノベーション

ISV、フィンテック、SaaSプロバイダーのエコシステムにアクセスできます。

データの保護

業界最高レベルのセキュリティー機能でデータをコントロールできます。 

俊敏な操作をどこからでも

ハイブリッドクラウド導入オプションにより任意の場所で構築と実装ができます。

お客様事例

参考情報

次のステップ
クラウド・ジャーニーを始める IBM Garageのエキスパートへのお問い合わせ 量子回路の構築を開始する

コード・パターン:IBM Cloud for Financial Servicesにクラウドネイティブ・アプリケーションをデプロイする

仮想プライベートクラウド上のOpenShiftにデプロイする際に潜在的なセキュリティー・リスクをスキャンするツールチェーンを作成します。

IBM Cloud Security and Compliance Center

IBM Cloud Security and Compliance Centerを使用して、単一のダッシュボードからコントロールをモニターして実施し、クラウド環境全体でデータを保護し、脆弱性を管理します。 

IBM Cloud Hyper Protect Crypto Services

FIPS 140-2レベル4認定ハードウェア上に構築された業界のサービスを使用して、クラウド・データの暗号化キーとクラウド・ハードウェアのセキュリティー・モジュールをコントロールします。

1 FIPS 140-2レベル4認定ハードウェア上に構築された業界で唯一のパブリッククラウド・サービスであるIBM® Cloud Hyper Protect Crypto Servicesに基づいています。  このセキュリティー・レベルでは、物理的セキュリティーのメカニズムは、物理アクセスにおける不正な試行の検出と対応を目的として、暗号モジュールに保護のエンベロープを提供することができます。

2 IBM Cloud™ Key Protectと独自のHSM、FIPS 140-2レベル4認定ハードウェア上に構築された業界で唯一のパブリッククラウドサービスであるIBM® Cloud Hyper Protect Crypto Servicesに基づいています。 このセキュリティー・レベルでは、物理的セキュリティーのメカニズムは、物理アクセスにおける不正な試行の検出と対応を目的として、暗号モジュールに保護のエンベロープを提供することができます。