IBM Cloud for Financial Services最新情報

IBMとバンク・オブ・アメリカがIBM Cloud for Financial Servicesを推進、BNPパリバが参加します。日本からの参画も検討中です。

概要

IBM Cloud for Financial Services™オファリングは、金融機関が必要とするセキュリティー、コンプライアンス、レジリエンシーに独自の機能を使用して、信頼を構築して透明性の高いパブリッククラウド・エコシステムを実現するよう設計されています。銀行は、基幹業務アプリケーションをクラウドでホストして、自信を持って迅速かつ効率的に処理することができます。複数の銀行と30社以上の独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)のパートナーのエコシステムを備えたIBM Cloud for Financial Servicesは、企業向けに新世代のクラウドを提供します。金融機関は、機密データや複雑なワークロードに対する業界の厳しい規制を管理しながら、パブリッククラウドでの実装を可能にして、イノベーションの実現とさらにパーソナライズされた新たな顧客体験の提供を図ります。

IBM Cloud for Financial Servicesが選ばれる理由

IBMは、規制コンプライアンス・コンサルティングのグローバル・リーダーであるIBM Promontory®から得られた、規制テクノロジー機能に関する金融サービス業界の深い専門知識を有しています。

IBM Cloud ® Security and Compliance Centerのダッシュボードとプラットフォームにより、お客様はコンプライアンス・プロファイルを定義し、ワークロード全体にわたってセキュリティーとコンプライアンスの体制を継続的に監視、適用できます。

商用利用可能な最高レベルのセキュリティー認証(FIPS 140-2レベル4)に裏打ちされた、Keep Your Own Key(KYOK)暗号化機能を提供できるのは、IBM Cloud Hyper Protect Crypto Serviceオファリングだけです。

今求められる金融DX

「2025年の崖」を超えて新たな顧客体験を創出する

株式会社福井銀行

最先端のAIの活用や顧客分析の仕組みに必要とされるIT基盤のパフォーマンスおよび柔軟性の獲得を目指して、「分散系システム」の稼働環境を従来のプライベートクラウド環境からIBM Cloudへ移行することを決定しました。
VMware on IBM Cloudを活用することで、仮想化統合基盤で稼働する現行の数百に上るシステムをスムーズにクラウドへと移行することを計画しています。移行作業に当たっては、IBMクラウド・マイグレーション・ファクトリーを活用。豊富な経験を重ねたスタッフが移行用の自動化ツールを駆使しながら作業を行うことで、短期間で効率的な移行作業が見込まれています。

IBM Cloud Policy Framework for Financial Services

お客様とパートナー

銀行とISVパートナーのIBM Cloud for Financial Servicesエコシステムをご紹介します。

バンク・オブ・アメリカ社のロゴ
BNP Paribas社のロゴ
Adobe Inc.社のロゴ
Amberoon社のロゴ
Assima社のロゴ

コンピュート

コンピュート、ネットワーク、ストレージ、セキュリティーのリソースをオンデマンドで割り振ります。

IBM Cloud for VMware Regulated Workloads

IBM Cloud Policy Framework for Financial Servicesで実証された、セキュアでコンプライアンスに対応した自動化されたデプロイメント・アーキテクチャーは、クラウドへの移行と導入の時間を短縮します。

認証ツール、ネットワーク・セキュリティー・ツール、監視ツールを使用して、アプリケーション、サービス、インフラストラクチャーにセキュリティーを組み込みます。

基本を学ぶ

金融サービス業界が利用可能なテクノロジー、概念、およびメソッドについて専門知識を広げてください。

使ってみる

IBM Cloud for Financial Servicesをお試しください。