オポチュニティー

大規模データを駆使する企業では顧客との新たな関わり方を構築する必要があり、提供するソリューションはすべて即応性の高いものでなければならないと認識しています。問題は、新しいオファリングを強化するであろうデータがバックエンド・システムでロックされているため、現在はそのようなデータの取得にかかる待ち時間が非常に長いということです。

お客様が期待するリアルタイムの意思決定を実現

Event Streamsによるデータの提供

IBM Event Streamsをバックエンド・システムに接続して変更イベントのストリームを作成することで、データへのアクセス不可に対応します。
最初の新規アプリケーションがこれらのイベント・ストリームにサブスクライブして、データのローカル・ビューを作成します。データをアプリケーション近くに移動させることで、お客様に極めて即応性の高いユーザー・エクスペリエンスを提供できます。

IBM Event Streamsを介して使用できるデータを表す図。

バックエンド・システムに影響を与えることのないスケーリング

新しいアプリケーションは、しばしば同じ既存データにアクセスしなければならないものです。データ・ストリームが既にIBM Event Streamsにセットアップされているため、新規アプリケーションはこれらのデータ・ストリームにサブスクライブすればよいだけです。
これにより、新規アプリケーションはそれぞれ、バックエンド・システムに追加の負荷をかけることなく関連データの独自のビューを構築できます。

IBM Event Streamsを介して、バックエンド・システムに影響を与えることなくデータ・ビューを構築するアプリケーションを示す図

クラウドへの移行を進める

企業がクラウドへの移行を進める際には、これらのイベント・ストリームをさまざまなクラウド環境に複製するのにIBM Event Streamsが役立ちます。
これにより、ビジネス・データに同じように待ち時間が少なく簡単にアクセス可能です。

IBM Event Streamsを介した既存のイベント・ストリーム・システムの複製を表す図

フォローする

IBMの優秀なエンジニアやApache Kafkaの専門家に無料でお問い合わせできます