Domain Name Servicesの機能

自動更新および削除ポリシー

ICANNの権利と責任(ibm.com外部へのリンク)

ドメイン・ネームが有効期限切れから40日以内に更新されない場合、「償還猶予期間」に移行し、更新費用は200ドル加算されます。ドメイン・ネームは、この償還状態に 30 日間置かれます。この期間が終わるとドメイン・ネームは「削除待ち」に移行し、ユーザーもIBM Cloudも更新できなくなります。ドメイン・ネームは最大10日間「削除待ち」のままになります。その後そのドメイン・ネームはレジストリーによって解放され、公衆が再登録できるようになります。(IBM Cloudは、酌量すべき事情以外はドメイン・ネームを自動更新しません。)

登録更新に関する注意

ICANN有効期限切れ登録のリカバリー・ポリシー(ERRP)の規定に基づき、IBM Cloudはドメイン更新に関する注意のEメールをドメイン・ネームの登録所有者の連絡先に送付します。最初の更新に関する注意の通知をドメイン有効期限の約30日前に、2回目の通知をドメイン有効期限の約1週間前に送付します。IBM Cloudはさらにもう1通、有効期限の3日後に、更新に関する注意のEメールをドメインの登録所有者の連絡先に送付します。

更新料金、有効期限後の更新料金、償還料金が、それぞれのTLD(.com、.net、.org、.info、.biz、.us)に対して適用されます。料金を確認するには、PDFを参照してください。

Domain Name Servicesを今すぐ始める

最上位レベルのドメイン(.com、.net、.orgなど)の選択に登録します。