ディープ・ラーニング・サービスの導入とは、初めてIBMがディープ・ラーニング・オファリングを提供するということでしょうか(あるいはWatsonサービスでディープ・ラーニングを使用していましたか)?

IBMは長期に渡り、オンプレミス・バージョンのディープ・ラーニングを提供してきましたが、IBMがクラウド上のディープ・ラーニング・サービスを提供するのは初めてのことです。さらに、IBMは、Watson Developer Cloudを使用して、アプリケーション開発者に対してディープ・ラーニング・ベースのサービスを提供します。

なぜ、ディープ・ラーニング・サービスを、スタンドアロンではなく、Watson Machine Learning サービスで提供するのですか?

ディープ・ラーニングは機械学習のサブセットであるため、ディープ・ラーニングをWatson Machine Learningのサービスとすることは合理的です。さらに、ディープ・ラーニング・サービスのユーザーには、Watson Machine Learningの強力な支援と、Watson Studioの傘の下の他のサービスとの容易な統合がもたらされます。

Watson Studioはディープ・ラーニング・サービスとどう関係しますか?

IBMはディープ・ラーニングを、IBM Watson Studioに統合されたIBM Watson Machine Learningサービスを通じて配布します。

Neural Network ModelerはIBM Watson Machine Learningサービスとどのように連動するのですか?

Neural Network Modelerは、ディープ・ラーニング・サービス内で動作します。データ・サイエンティスト、開発者、ビジネス・ユーザーは、コーディングせずにドラッグ・アンド・ドロップでニューラル・モデルを設計できます。 Neural Network Modelerは、TensorFlow、Keras、PyTorch、Caffeなどの任意のフレームワークの1つでコードを生成します。

IBMは、Neural Network Modeler機能を提供する最初でかつ唯一の組織ですか?

いいえ。ただし、IBMは、完全な機械学習プラットフォームのコンテキストでネットワーク・モデリングを提供しています。 Neural Network Modelerを使用して設計されたモデルは、IBMのテスト中心のディープ・ラーニング・サービスを使用して、RESTエンドポイントとして実装できます。Neural Network Modelerは、多数のオープン・ソース・フレームワークをサポートし、ユーザーが作業対象を選択できるようにします。

IBM Researchはこのプロセスにどのように関わっていますか?

新しいディープ・ラーニング・サービスの中核となった機能は、 IBM Resarch (英語) のさまざまなプロジェクトから始まりました。具体的には、以下の機能はIBM Resarchで直接実装されています:

  • ディープ・ラーニング・サービスをサポートするマイクロサービスは、Tensorflow、Caffe、Keras、PyTorchなどの複数のオープン・ソース・フレームワークをサポートしながら、GPUのクラスター全体でモデルの分散トレーニングを並行して管理します。
  • Neural Network Modelerは、コーディングを行わずに複雑なネットワークを迅速に設計できるようにします。このプロジェクトの研究コード名は、「Darviz」です。
  • Hyperparameter Optimization(HPO)により、ディープ・ラーニング・サービスは、ニューラル・ネットワークのパラメーターを自動的に調整できます。このテクノロジーを使用することで、ハイパーパラメーターの反復を自動化して、ユースケースごとに最適なニューラル・ネットワークを見つけることができます。
  • UberのHorovodとDDL(Distributed Deep Learning)による分散深層学習(分散ディープ・ラーニング)
  • グラフィカルUXに加えて、コードネーム「Project Runway」でIBM Researchが作り出したExperiment Assistantを採用したモデル・パフォーマンス・トラッキング

詳細はこちら (英語)

Watson Studioはクラウド上でのみ使用可能ですか?

はい。

オンプレミス・バージョンのData Science Experienceは、Watson Studioと同じ機能を提供しますか。?

いいえ。詳しくは、 Data Science Experience Localを参照してください。

ディープ・ラーニング・サービスはクラウド上でのみ使用可能ですか?

はい。IBM Watson Machine Learningサービスの中で、サービスとしてのディープ・ラーニング(deep learning as a service)として提供されます。

IBMのディープ・ラーニング機能は、他社が提供するものとは異なりますか?

IBMのディープ・ラーニング・オファリングは、他社とは多数の点で異なります。

  • 前述のNeural Network Modelerは、他社からは現在提供されていません。
  • Experiment Assistantは、最も一般的なディープ・ラーニング・フレームワークを使用して構築された並列トレーニング実行の簡便なモニタリングをサポートする、テスト中心のコンテナー・ベースのトレーニング・フローを提供します。

この機能の価格設定はどのようになりますか?

詳しくは、IBM Watson Machine Learning の価格設定ページを参照してください。