よくあるご質問(FAQ)

この製品に関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください。

IBM Db2 Warehouse on Cloudが管理する対象は何ですか。

IBM® Db2® Warehouse on Cloudチームは、データウェアハウスの導入、暗号化、データベース・バックアップ、保守、アップグレードを管理します。 そのため、お客様は管理ではなくデータ分析とデリバリーに集中できるようになります。 このサービスには、データベースとインフラストラクチャーの24時間365日の監視も含まれます。

Db2 Warehouse on Cloudはどのようなクラウド・プロバイダーをサポートしますか。

現在、Db2 Warehouse on CloudはIBM Cloud®とAmazon Web Services(AWS)に導入できます。

PoC(概念検証)でIBMと連携できますか。

はい、Db2 Warehouse on Cloudは無料のPOCを提供します。 IBMと連携したPoCの実行に関心がある場合は、IBM営業担当員にお問い合わせください。このサイトを通じたお問い合わせも可能です。

Db2 Warehouse on Cloudには、Oracleのオンプレミス・データベースとどのような互換性がありますか。

Db2 Warehouse on Cloudでは、Oracleとの互換性があるプロビジョニングが可能です。これにより、Oracleデータベース用に作成されたアプリケーションは、再作成しないでDb2上で実行できます。

Db2 Warehouse on Cloudにデータをロードするにはどうすればよいですか。

Db2 Warehouse on Cloudにデータをロードするには、いくつかの方法があります。 小さいファイルであれば、Db2 Warehouse Webコンソールを使用してデスクトップから簡単にロードできます。 また、データの移動や統合用のさまざまなIBMツールをサポートしています。このようなツールには、ネットワーク経由の高速データ・マイグレーション用のIBM Lift CLI、スキーマのマイグレーションのためのIBM Database Conversion Workbench、大量のデータ取り込みのためのIBM Mass data Migration Service、ETL用のIBM InfoSphere® DataStage、データベース複製用のIBM Mass Data Migration Serviceがあります。 さらに、Informatica、MicroStrategy、SAP Business Objects、Segment、Talend、Tableau、SASなどのさまざまなサード・パーティー製データ統合ツールもサポートしています。

Db2 Warehouse on Cloudシステムのストレージおよび計算能力を拡張するにはどうすればよいですか。

Db2 Warehouse on CloudのFlexプランを利用すると、UIまたはREST APIを使用して、Db2 Warehouse on Cloudシステムのストレージ容量および計算コアを独自に拡張できます。 REST APIは、拡張操作を自動化する簡単な方法です。

Db2 Warehouse on Cloudで使用可能な監視ツールは何ですか。

この製品に組み込まれているコンソールでは、現在実行中のステートメント、接続されたアプリケーション、ユーザーとストレージの使用状況に関する詳細なモニター情報が提供されます。 Db2 Warehouse on Cloudシステムに接続されたIBM Db2 Data Management Consoleを使用することにより、ユーザーは高度な診断のリアルタイム・モニタリングと履歴モニタリング、ステートメントの追跡と最適化、アプリケーション・ロックの詳細、ストレージやメモリーなど20以上のKPIにアクセスできます。 パフォーマンスの最適化と可用性に関する多くのアラートは、Db2 Warehouse on Cloudシステムの24時間体制の自動モニタリングでも使用できます。 Db2 Data Management Consoleは、追加料金なしですべてのDb2エディションにパッケージ化されていて、すぐに使えるようにセットアップされています。

Db2 Warehouse on Cloudはどのように購入すればよいですか。また、どのような支払いオプションがありますか。

Db2 Warehouse on Cloudは、IBM Cloudカタログから直接購入できるため、すぐにシステムのプロビジョニングを開始できます。 IBM Cloudカタログから購入されたDb2 Warehouse on Cloudシステムの請求は時間単位で行われます。

具体的な技術要件についてのご相談、あるいは1年および3年のコミット付きの大幅割引プログラムの詳細は、IBM営業担当員にお問い合わせください。このサイトを通じて直接IBM営業チームに連絡することもできます。

Db2 Warehouse on Cloudは、どのセキュリティー・コンプライアンス・プログラムをサポートしていますか。

Db2 Warehouse on Cloudは、ISO 27001、SOC 2、HIPAAなどのいくつかのセキュリティー・コンプライアンス・プログラムをサポートします。

Db2 Warehouse on Cloudデータの安全性と確実性を維持するにはどうすればよいですか。

デフォルトで、データはデータベース・レベルで保存時も移動時も暗号化されます。 また、すべてのDb2 Warehouse on Cloudのプランには、堅固な行と列のアクセス制御機能と、監査ポリシーの定義機能が含まれています。 Db2 Warehouse on Cloudは、VPN、プライベートIPデプロイメント、IBM Cloud Direct Linkなどのさまざまなプライベート・ネットワーキング・オプションもサポートしています。

Db2 Warehouse on Cloudは、アップタイムのサービス・レベルの合意(SLA)を提供しますか。

はい。 エントリー・プランを除き、Db2 Warehouse on Cloudのすべてのプランは、アップタイムSLAにより金銭的に保証されます。

Db2 Warehouse on Cloudのバックアップを管理するにはどうすればよいですか。

Db2 Warehouse on CloudのFlexプランでは、毎日スナップショット・バックアップが取られます。 ご使用のIBM Cloudダッシュボードまたは直接URLからアクセス可能なDb2 Warehouse Webコンソールを使用して、スナップショット・バックアップが実行されるタイミングをスケジュールすることができます。

Db2 Warehouse on Cloudは、並行性の高いワークロードをどのように処理するのですか。

Db2 Warehouseエンジンには、適応性の高いワークロード管理テクノロジーが組み込まれているため、個々のジョブのリソース需要と予期される応答時間に基づいて、ジョブのスケジューリングと並行性が自動的に管理されます。 このテクノロジーは、Db2 Warehouse on Cloudの一部として含まれます。

Db2 Warehouse on Cloudには、データベース内の機械学習機能はありますか。

はい。 Db2 Warehouse on Cloudでは、計算を外部エンジンに移動する必要なく、機械学習(ML)モデルをメモリー内で直接トレーニングおよび実行できます。 線形回帰、k平均法、k近傍法、単純ベイズ、アソシエーション・ルールなど、教師あり学習と教師なし学習のさまざまなMLモデルを活用できます。 これらのプロシージャーはPythonまたはRで呼び出すこともできます。

Db2 Warehouse on Cloudは、ネイティブの地理空間機能を提供しますか。

はい。 Db2 Warehouse on Cloudは、さまざまな空間データ型をサポートします。

データとAIの活用にお困りですか?