IBMがリーダーに

Gartnerが2020年のMagic Quadrant for Cloud Database Management Systemsを発表しました

IBM Db2 on Cloudとは?

メリット

活用事例

Webアプリケーション

Webアプリケーション

オフサイトの災害復旧ノードを持つ、クラウド上のデータベースを利用してWebアプリケーション・データを保管および取得することで、可用性を確保します。

WebSphereアプリケーション

WebSphereアプリケーション

オフサイトの災害復旧ノードを持つ、クラウド上のデータベースを利用してIBM WebSphere® Application Server on Cloudのデータを保管および取得することで、可用性を確保します。

ハイブリッド・アーキテクチャー

ハイブリッド・データ・マネジメント

データ仮想化を使用して、必要なデータのみをパブリッククラウドに取り込む一方で、機密情報と個人情報(PII)のデータをオンプレミスに保持します。

データサイエンス

データサイエンス・モデル

Webサーバーへの保管およびそこからの取得が行われるデータは、IBM DataStage®を使用して、データサイエンス・モデルを構築するためにオンプレミスまたはクラウドのデータウェアハウスに取り込むことができます。

スケーラブルなWebアプリケーション

スケーラブルなWebアプリケーション

さらなるレジリエンシーをもたらす、オフサイトの災害復旧ノードを持つDb2 on Cloudに、お客様の主要なアプリケーション・データ(トランザクションやインベントリー・データなど)を保管します。

主要な機能

フルマネージド・サービス

専用チーム、24時間365日対応、OS更新の管理、セキュリティー・パッチなど

高可用性

マルチゾーン・リージョンをサポートする3つのHAノード構成

柔軟なスケーリング

必要に応じてストレージとコンピューティングを個別にスケーリング

データ暗号化

移動中のデータと保存データのネイティブ暗号化、標準SSL接続

データ連携

クラウド上またはオンプレミスの、PostgreSQL、Oracle、SQL Server、およびDb2のインスタンスにまたがる照会

データ保護

監査、行/列アクセス制御、IBM Key Protectなどの標準装備

インターフェースのご紹介

オンデマンドのスケーリング

クラウド・データベースのスケーリング方法を示す製品スクリーン・ショット

オンデマンドのスケーリング

クラウド・データベースをオンデマンドでスケーリングし、データのニーズを容易に管理します。

高速なデータ転送

データをクラウド・データベースに移行する方法を示す製品スクリーン・ショット

高速なデータ転送

クラウド・ベースのストレージから、またはデスクトップから直接、クラウド上のデータベースにデータを素早くロードします。

ストレージの監視

クラウド・データベース・ストレージを監視する方法を示す製品スクリーン・ショット

ストレージの監視

クラウドSQLデータベース接続とストレージ使用量を監視します。明確な可視性があります。

SQLを簡単に編集

クラウド・データベース用のSQLエディターを表示する製品スクリーン・ショット

SQLを簡単に編集

クラウド・データベース用のSQLエディターは使いやすく、すぐに始めることができます。

関連製品

IBM Db2® Warehouse on Cloud

高性能な分析機能を提供する、フルマネージド・クラウド・データウェアハウス

IBM Cloud Pak® for Data

データの収集、管理、分析を統合する、データとAIの最新プラットフォーム

IBM Db2® Database

パフォーマンスの向上、そしてAIイニチアチブのために構築された、AIを活用したリレーショナル・データベース

データとAIの活用にお困りですか?