IBM Cloud Continuous Releaseとは

IBM Cloud Continuous Releaseは、手動による調整を、プロセスの自動化や承認の収集などを行うリリース・テンプレートに置き換えます。また、クラウドまたはオンプレミスの環境で、Jenkins、GitHub、ServiceNow、UrbanCodeと連携して機能します。

IBM Cloud Continuous Releaseの機能

リリース・テンプレート

手動および自動化したデプロイメント・ステップと承認を定義するテンプレートを使用して、デリバリーを合理化し、セルフ・サービスを可能にします。

アクションをリアルタイムにリリース

タスク状況は常に参照できます。デプロイメントがスケジュールより遅れると、デプロイメント状況アラートによって通知されます。

通知および承認

リリース状況の包括的なビューが定期的に利害関係者に送信されます。Eメールで承認するか、変更トラッキング・システムで定義された承認の仕組みを利用できます。

複合パイプライン

さまざまなビルド、継続的デリバリー、およびデプロイメントの自動化ツールからのパイプラインを単一ビューに表示します。

既に使用されているツールと連携

ServiceNowを使用して変更要求を管理します。Jenkins、UrbanCode Deployからのパイプラインを統合します。

IBMはThe Forrester Wave™で、継続的なデプロイメントおよびリリースの自動化

IBM Cloud Continuous Releaseの利点

サービスを迅速に提供

リリース・リスクを軽減し、リリース品質を維持しながら、オーバーヘッドを減らしてリリースの頻度を高めます。

チームの強化

セルフサービス・モデルにより、プロジェクト・チームは、品質目標の自動検証と企業標準への準拠を独自のペースで実現できます。

洞察の獲得

アプリケーションとサービス、チーム、プラットフォーム、ツールのすべてを網羅する単一のビューがあるので、デリバリー・チームは問題を予測して、タイムリーな意思決定を行えます。

IBM Cloud Continuous Releaseを今すぐ開始する最適の方法

Continuous Releaseを今日から開始すれば、リリースを自動化してアプリケーション・デリバリーを効率化できます。