IBM Cloud Container Registryの機能

脅威に関する洞察

脆弱性スキャン、デプロイメント・ポリシーの適用、包括的なリスク評価、優先順位付けといった拡張機能を活用することで、セキュリティー・コンプライアンスについての洞察を得たり、静的なイメージとライブ・コンテナへの制御を持つことができます。

統合

IBM Cloudの優先イメージ・レジストリー。IBM Open Toolchainやお客様のCI/CDツール・セットを使用したDevOpsワークフロー向けのKubernetesサービスと事前に統合されています。

セキュリティー

Identity and Access Managerおよびリソース・グループとの統合により、IBM Cloudアカウント内のユーザーに対するきめ細かいアクセス制御が可能になります。Docker Notaryとの統合により、イメージの署名機能を使用できます。

Powered by Kubernetes & Docker

DockerテクノロジーとKubernetes API上に構築されているため、さまざまなクラウド・インフラストラクチャーにわたって単一で一貫性のあるエクスペリエンスを実現します。IBMがマスター・ノードを管理し、お客様はワーカー・ノードをカスタマイズします。ワークロードの変動にはオートスケールのポリシーで対応し、高可用性と自動復旧にも対応して、アプリケーションのデプロイが可能です。IBM Cloudプラットフォーム上の他のサービスと簡単にバインドすることで、お客様のアプリケーションにコグニティブ機能やアナリティクス機能をもたらします。

安全性をデフォルトで保証

自動暗号化、専用レジストリー、分離ポリシー、Dockerイメージと導入済みアプリケーションの継続的なスキャンにより、お客様の実稼働環境の安全性をベアメタルあるいは仮想マシンのいずれよりも高めます。アプリケーションとイメージのスキャンにより、独立したネットワーキングとストレージを確保しながら、脆弱性を検出できます。お客様の専用レジストリーでイメージを管理および保管します。

IBM CloudでWatsonをすぐに利用

コグニティブ、永続的ストレージ、アナリティクス、ID管理、アクセス管理など、お客様のアプリケーションを強化するために、130を超えるクラウド上のサービスを利用できます。画像や動画の解析から、テキスト内の感情、キーワード、エンティティーの理解まで、IBMのWatsonサービスは、お客様のアプリケーションでコグニティブ機能を実現します。IBM CloudでWatsonを活用しましょう。

今すぐIBM Cloud Container Registryを始めましょう

コンテナ・イメージの保管の方法を確認しましょう。