概要

ワークロードの自動スケーリングで、 ご利用分だけお支払いください。

IBM Cloud Code Engineは、従来のクラウド・コンピューティングとは異なります。 使用したリソース分に対してのみお支払いが発生します。 お客様のワークロードが消費したメモリーとvCPU、および受信したHTTPコールが課金対象です。 アプリケーションの使用量がゼロであったり、ジョブやビルドが実行されていない場合は、リソースを消費していないため、課金されません。 IBM Cloud Code Engineには、正式に契約する前に試用できる無料利用枠が含まれています。

IBM Cloud Code Engineの料金体系

IBM Cloud Code Engineを使用するには、IBM Cloudの従量課金制アカウントを作成してください。 アプリケーションと、ジョブおよびビルドの実行に対する課金は、無料利用枠を使い切った後に発生します。

使ってみる

料金体系プラン CPU メモリー 着信要求
  • 無料:
  • 無料利用枠では、使用料の少ない、または小規模のアプリケーションやジョブを毎月無料で実行できます。 常に無料で期間に制限はありません。
  • 月間10万vCPU秒
  • 月間20万GB秒
  • 月間10万件までのHTTPコール
  • 有料:
  • 毎月の無料利用枠が消費されると、無料利用枠の制限を超えた消費量に対して料金の請求が発生します。
  • vCPU秒あたり0.000032米ドル
  • 1GB秒あたり0.0000033米ドル
  • HTTP要求100万あたり0.5米ドル

無料利用枠では、使用量の少ない、または小規模のアプリケーションやジョブを毎月無料で実行できます。