Cloudantとは?

IBM Cloudant®は、急成長する大規模なWebアプリケーションやモバイル・アプリケーションに特有の大量のワークロードを処理するために最適化された分散データベースです。SLAに裏付けられたフル・マネージド型のIBM Cloud™サービスとして利用できるCloudantは、スループットとストレージをそれぞれで柔軟に拡張できます。

Cloudantは、ダウンロードしてオンプレミスの環境にインストールして利用することもでき、そのAPIと強力な複製プロトコルは、Apache CouchDB™およびPouchDBや一般的なWebおよびモバイル開発スタック用ライブラリーなどの、オープン・ソース・エコシステムと互換性があります。

Apache CouchDB™でローカルに開発する(英語)

Cloudantの機能

フル・マネージド

IBM Cloudサービスは、フル・マネージド型の分散JSON文書データベースを提供します。インスタンスを即時に実装し、データベースを作成し、アプリケーション要件に合わせてスループット能力とデータ・ストレージをそれぞれ拡張します。IBMの専門知識によりハードウェアとソフトウェアのプロビジョニング、パッチ適用、アップグレードの手間がなくなる一方、99.95%のSLAが提供されます。

セキュア

CloudantはHIPAAに対応し、ISO 27001およびSOC 2 Type 2に準拠しています。オプションのIBM Key Protectによるユーザー定義鍵管理を使うと、伝送されるデータも保存済みデータもすべて暗号化されます。CloudantはEU管理サービスも提供します。このサービスを利用すれば、すべてのデータとオペレーションが確実にEU市民のみによって処理されるようになります。

グローバル・アベイラビリティー

IBM Cloudのある世界中のすべての地域と55以上のデータセンターで使用可能なCloudantは、大陸間での災害復旧を容易にサポートします。さらにCloudantは、数百万人のユーザーおよび数テラバイトのデータを処理できる水平スケーリング・アーキテクチャーによってグローバル・リリース用にアプリケーションを拡張し、ビジネスと共にシームレスに成長することができます。すべてのCloudantインスタンスは、耐久性を増すために、それらをサポートするリージョンのアベイラビリティ・ゾーンにまたがるクラスター上に、追加料金なく実装されます。

データの柔軟性

Apache CouchDBと互換性のある柔軟なJSONスキーマと強力なAPIを活用します。これにより、豊富な言語ライブラリーおよびツールを利用して新しいアプリケーションを迅速に構築することができます。

耐久性のある複製

アプリケーション・データを、必要とされるあらゆる場所に移動します。これで、オンラインでもオフラインでも、データ・アクセスが妨げられません。Cloudantを使用することで、チームはプログレッシブ・ウェブ・アプリを構築したり、オフライン・ファースト・アーキテクチャーで開発したり、エッジ・デバイスでデータを操作したりできるようになります。

強力なサーバーレスAPI

組み込みのKey-Value、MapReduce、全文検索、地理空間クエリーにより、アプリケーションを拡張します。変更フィードをストリーミングして、イベント駆動型アプリケーションおよびIBM Cloud Functionsとのシームレスな統合を実現します。

お客様による使用法

Webアプリケーションとモバイル・アプリケーション

アナリティクスを使用して、POSのモバイル・アプリケーションを構築し、ショッピング体験をパーソナライズします。

導入事例を読む(英語)

CloudantをPOSアプリケーションと共に使用する様子を表す図

AI製品

IBM Watsonの機械学習をCloudantに保管されているデータに接続することで、強力なコグニティブ・アプリケーションを作成します。

導入事例を読む(英語)

CloudantおよびAIを高度医療アプリケーションと共に使用する様子を表す図

IoTアプリケーション

柔軟なCloudantスキーマに保管されているモノのインターネット(IoT)センサーのデータを分析して、出荷状況をエンドツーエンドで追跡し、異常を検知します。

導入事例を読む(英語)

IoTアプリケーションのグラフィック

お客様成功事例

Cloudantで構築を始めましょう

アプリケーション・データを、必要とされるあらゆる場所に移動します。これで、オンラインでもオフラインでも、データ・アクセスが妨げられることなく信頼性の高いアクセスが確保されます。