リアルタイム・アラートの配信

金融機関はこれまでにないほどの競争激化に直面しています。優れた顧客体験を提供する新規参入企業がしばしば登場しています。銀行のリーダーたちは、競合する銀行に勝ち、お客様のロイヤリティーを高める方法を求めています。これが、リアルタイムのイベント駆動型アラートの配信が重要である理由です。リアルタイム・アラートを使用すると、お客様は必要なときに必要な場所で情報を受け取ることができます。

ツアー

1. 新規アラートの定義

ある銀行が、コア・システムに対し、追加の費用をかけたり複雑にしたりせずに、財務に関する詳細なイベントや新しいタイプのアラートなどの新機能を加えようとしています。このビューには、定義済みのトピックの一部として既存のメッセージが表示されます。

IBM Cloud Pak for IntegrationのIBM Event Streamsのアラート・ビューが表示されたスクリーン・ショット

2. トランザクション・フローの平滑化

イベント・ストリーミング機能とエンタープライズ・メッセージング機能によって、この銀行は、トランザクション・データとリアルタイムのイベントを組み合わせることができます。、IBM Cloud Pak for Integrationで提供されるメッセージ・コネクターとイベント・コネクターを利用することで、 システムの負荷を増やさずに、トランザクションをイベント・ストリームにコピーすることができます。

IBM Cloud Pak for IntegrationのIBM MQのメッセージ・キューが表示されたスクリーン・ショット

3. リアルタイムでのトランザクションの検証

トランザクションをイベント・ストリームにコピーした後の次のステップは、どのトランザクションがアラートに値するかを検証することです。この銀行は、IBM Cloud Pak for IntegrationのKafkaの機能を使用して、加工前のペイロード・データなどを確認できます。

IBM Cloud Pak for IntegrationのIBM Event Streamsのアラートの固有の詳細が表示されたスクリーン・ショット

4. 通知のアクティブ化

ペイロードを検証すると、お客様の通知の設定を確認し、各アラートのイベントを公開できるようになります。ここで、この銀行は以下の3つのイベント・ストリーム(SMSアラート、Eメール・アラート、プッシュ・アラート)に出力します。

IBM Cloud Pak for IntegrationのIBM Event Streamsのアクティブな通知が表示されたスクリーン・ショット