行動と場所に基づきカスタマイズされたコンテンツを提供

小売会社は従来型の実店舗で売り上げを伸ばす新たな方法を常に模索しています。小売業者が関連オファーで顧客を引きつけるには、購入履歴、地理的位置情報、季節的な傾向や在庫などの様々なソースから得た情報を活用する必要があります。

多くの大手企業は、クラウド・プラットフォームとAPIライフサイクル管理やアプリケーション統合などの機能を使用してこのデータをまとめて、開発者がパーソナライズされたサービスやオファーをより迅速に作成できるようにしています。

お客様の声

「当社は、APIによって駆動されるクラウド・プラットフォームを構築しています。これにより、“ビジネス”がより迅速に進むだけでなく、創造的かつオープンにすることができます。」

- Rich Jackson氏、技術専門家、Walmart社

ツアー

1. 新規インテグレーション・サーバーの作成または既存の統合サーバーの使用

この例では、管理コンソールを使用して、小売会社がオーダーとプロモーションに対応する2つのインテグレーション・サーバーを定義しています。

IBM App Connect内の2つのサーバーを示すスクリーン・ショット

2. APIと製品定義を作成

新しい製品を定義すると、そのAPIをバンドルすることができ、DevOpsや拡張チームはAPIを使用できるようになります。開発者は、製品をサブスクライブしてAPIの使用を開始することができます。

IBM API Connectでの新規製品作成フィールドを示すスクリーン・ショット

3. ERP、分析、データレイクを掘り下げる

次に、統合フローを構築して、異種のバックエンド・システムをシームレスに接続します。オーダー管理システムを分析エンジンに接続して、購入履歴に基づいて今後の購入予測を行うことができます。ここでは、RESTfulインターフェースが作成されています。また、会社はJSONサーバーのようなツールを使用して、HTTP呼び出しアクションまたはフロー内の別のアプリケーションからの出力を解析することもできます。

バックエンド・システムの接続を示すスクリーン・ショット

4. APIの保護と管理

小売業において、地理的ロケーション・データを導入したり、地理的ターゲティングを実行したりする際、セキュリティーは重要な考慮事項です。IPアドレスやその他の要因に基づいて地理情報を収集する際に、API管理機能によってデータのセキュリティーが確保されます。

API Connect内のセキュリティー定義を示すスクリーン・ショット

5. 適切なマイクロサービスの起動

マイクロサービスで定義されたルール条件により、特定の統合フローがトリガーされます。例えば、顧客イベント(購入しきい値に到達するなど)が、特別なプロモーションに適格かどうかをルールによって判断できます。統合フローは、該当するプロモーションにシグナル通知し、アクションを実行します。例えば顧客がスーパーマーケットで使用するリアルタイム・クーポンをテキスト配信するといったことです。

セットアップ中の統合フロー・アクションを示すスクリーン・ショット