概要

ワークフローとは

ビジネス・プロセスを簡素化、最適化するために、ワークフロー管理ソフトウェアを使用してワークフローを作成します。これは、利害関係者、個人、情報システム間の対話を調整することによって行います。また、ワークフローでは、生産性とコラボレーションを向上させるために、手動タスクと自動化されたタスクがサポートされます。

活用事例

Technology Showcase オンライン・デモ相談会

ご利用上のメリット

ワークフローの特長

ビジネス・プロセスの簡素化と最適化に必要なものがすべてそろっています。

ワークフロー管理

ビジネス・ユーザーがワークフローの向上に直接参加できるようにします。

ガバナンスとコンプライアンス

顧客データの保護やデータ保管に関する規制など、情報ライフサイクルのニーズに対する対応と管理を行います。

コンテンツ中心のアプリケーション

変更の実装と、カスタマイズされた新しいソリューションの導入を俊敏に実施します。

VMとコンテナ・テクノロジー

開発とテストのために、高可用性、災害復旧オプション、複数の環境を活用します。

監視と分析

参加者のエンゲージメント、変革のための拡張、作業の優先順位付け、生産性の向上を実現するために、洞察と可視性を利用します。

パブリッククラウドからのアクセス

パブリッククラウドまたはモバイル・デバイスからクラウド・ポータルを介して接続するか、個別に利用可能なVPNを使用します。

プロセス・コンポーネントの再利用

複数のワークフローとビジネス・グループにわたって効率性、生産性、一貫性を向上させます。

自動化基盤

共有コンポーネント

一度構築すると再利用可能

共通のAIと自動化のコンポーネント・セットは、各IBM Cloud Pakを強化し、セキュリティー機能の充実したコンポーネント統合を可能にします。このため、一度構築するとビジネス運用とIT運用全体で再利用できます。主なコンポーネントには以下が含まれます。

  • プロセス・マイニングにより、プロセスの展開方法の傾向、パターン、詳細を識別できます。
  • タスク・マイニングにより、容易に実現可能なRPAのオポチュニティーを発見できます。
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)により、反復の多いタスクを自動化できます。
  • 統合資産リポジトリーにより、再使用可能な自動化成果物が保管および共有されます。
  • 単一のイベント・ハブにより、イベント・データがリアルタイムで処理され、機械学習にデータが提供されます。

作業のオーケストレーション

パーソナルな対話式AI

作業者が既に使用しているツール(Eメール、カレンダー、Slack®コラボレーション・ソフトウェアなど)に独自の対話式AIツールを装備すると、日常的なタスクもミッション・クリティカルなタスクもより迅速に実行できるようになります。作業は音声だけで開始できます。次に強力なAIエンジンが、企業内で蓄積された知識と過去の対話に基づいて事前にまとめられたスキルを組み合わせて、作業に取り組みます。

エンタープライズ・グレードのコンテナ

どこにでも導入可能

自動化基盤とIBM Cloud Paksはコンテナ化されたソフトウェアであり、エンタープライズ対応KubernetesプラットフォームのRed Hat® OpenShift上で稼働します。このようなコンテナは、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、 エッジと、どこにでも導入できます。Red Hat OpenShiftは制御の一元化により、環境全体でのオーケストレーションを簡素化します。

IBMは、構成からモニター、スケーリング、コンプライアンス、パッチ適用までソフトウェアのライフサイクルを自動化するコンテナ・テンプレートを認定・管理します。セキュリティー強化技法により、一般的な脆弱性が発生する可能性までも軽減されます。

アナリストの評価

お客様事例