概要

文書処理とは

文書処理は、ビジネス文書に埋もれている非構造化コンテンツを、ビジネス・プロセスに役立つ構造化データへ変換する処理を自動化します。これによりビジネス・ユーザーは、紙文書、電子文書、画像から、より簡単かつ正確に貴重なデータを抽出できるようになります。

活用事例

ご利用上のメリット

文書処理機能

AI活用したサービスが、より優れたビジネス成果を実現するために信頼できるデータを作成します。

ノーコード・セットアップ・エクスペリエンス

アプリケーション構築に対する視覚的なクリックスルーのアプローチで、文書処理フローを作成します。

データ抽出

構造化文書、準構造化文書、非構造化文書からデータを抽出します。

分類とカテゴリー化

種類の異なる文書を特定し、適切なバケットに分類します。

自動エラー訂正

誤って抽出されたデータや強化が必要なデータを検出し、訂正します。

すべてのステージでAIを活用

データの収集とエンリッチメントから新しい文書タイプのトレーニングまで、ビジネス・プロセス全体でAIを活用します。

すぐに使用可能なテンプレート

文書に関連するプロセスの調整を可能にする、事前に作成されたテンプレートで、あらゆるビジネス・ニーズに対応します。

トレーニングしやすいモデル

データサイエンティストによるアプリケーションのセットアップや、機械学習モデルのトレーニングは不要です。

自動化基盤

共有コンポーネント

統合を表すアイコン

一度構築すると再利用可能

共通のAIと自動化のコンポーネント・セットは、各IBM Cloud Pakを強化し、セキュリティー機能の充実したコンポーネント統合を可能にします。このため、一度構築するとビジネス運用とIT運用全体で再利用できます。主なコンポーネントには以下が含まれます。

  • プロセス・マイニングにより、プロセスの展開方法の傾向、パターン、詳細を識別できます。
  • タスク・マイニングにより、容易に実現可能なRPAのオポチュニティーを発見できます。
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)により、反復の多いタスクを自動化できます。
  • 統合資産リポジトリーにより、再使用可能な自動化成果物が保管および共有されます。
  • 単一のイベント・ハブにより、イベント・データがリアルタイムで処理され、機械学習にデータが提供されます。

作業のオーケストレーション

対話を表すアイコン

パーソナルな対話式AI

作業者が既に使用しているツール(Eメール、カレンダー、Slack®コラボレーション・ソフトウェアなど)に独自の対話式AIツールを装備すると、日常的なタスクもミッション・クリティカルなタスクもより迅速に実行できるようになります。作業は音声だけで開始できます。次に強力なAIエンジンが、企業内で蓄積された知識と過去の対話に基づいて事前にまとめられたスキルを組み合わせて、作業に取り組みます。

エンタープライズ・グレードのコンテナ

導入を表すアイコン

どこにでも導入可能

自動化基盤とIBM Cloud Paksはコンテナ化されたソフトウェアであり、エンタープライズ対応KubernetesプラットフォームのRed Hat® OpenShift上で稼働します。このようなコンテナは、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、 エッジと、どこにでも導入できます。Red Hat OpenShiftは制御の一元化により、環境全体でのオーケストレーションを簡素化します。

IBMは、構成からモニター、スケーリング、コンプライアンス、パッチ適用までソフトウェアのライフサイクルを自動化するコンテナ・テンプレートを認定・管理します。セキュリティー強化技法により、一般的な脆弱性が発生する可能性までも軽減されます。

主要なユースケース

アカウント・サービス

カスタマー・サービスを表すアイコン

「顧客住所」と「口座番号」などの共通フィールドを読み込むか、PDFフォーム定義を直接読み込むことで、文書トレーニング・プロセスをすぐに開始します。RPAを使用し、バックエンド・システムへのデータ入力を自動化します。顧客維持率を高めるために、口座解約要求を識別してエージェントに転送します。

登録の自動化

プロセス自動化を表すアイコン

プログラムへ登録する際の非効率な手動のスプレッドシート処理を排除します。ステップバイステップのプロセスを通じてユーザーをガイドします。このときシステムをトレーニングして、登録フォームからキー・フィールドを認識できるようにします。データ・フィールドと通貨フィールドが正しく認識されていることを確認し、カスタム・バリデーターを使用して固有のフィールドを処理します。

顧客の見積もりを迅速化

加速を表すアイコン

アプリケーション文書を自動的に読み込んで分類し、適切なデータを抽出することにより、顧客の見積もりと承認のプロセスを加速します。抽出データは標準化された形式で戻され、ヒューマン・イン・ザ・ループの検証を経て完全かつ正確となるため、競合他社よりも迅速に見積もりに対応することができます。

Everest Group社は、IBMをインテリジェントな文書処理(IDP)テクノロジー・ベンダーのリーダーに選出しました。