概要

ハイブリッドのマルチクラウドの基盤によるモダナイズの方法をご覧ください。これは、すべてがモジュラー型の簡単に利用できる料金体系アプローチのであるため、お客様は必要な分だけを購入できます。

いつでもどこへでも展開できる高いポータビリティー

IBM Cloud Pak for Applicationsの機能は、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド、事前統合済みのシステムで実行できます。これらの機能は、Red Hat OpenShiftが稼働する場所であれば動作しますが、Red Hat OpenShift on IBM Cloud上で生産性とパフォーマンスが最適化されています。それぞれのIBM Cloud Pakには、共通の統合レイヤーの上に、コンテナ化されたIBMのミドルウェアと開発および管理用の共通のソフトウェア・サービスが含まれています。

既存投資の再利用

IBM Cloud Pakの機能は任意のインフラストラクチャーで実行できるため、余分な追加投資は不要です。すでに投資されたものを利用するかIBMのトレードアップ・プログラムのうちの1つをお試しください。総所有コストが削減できる可能性があります。請求、レポート、管理の方法はシンプルです。

お客様のペースでモダナイゼーション

既存のアプリケーションのリファクタリング、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの構築、既存のアプリケーションの継続的な実行、これらすべてを1カ所で行うことができます。すべてが事前に統合されているため、変革の進行スピードの加速やニーズの拡大に合わせて機能を利用し、ライセンスを移転できます。コンテナ・プラットフォームと運用サービスには、ロギング、監視、セキュリティーおよびIDアクセス管理が含まれます。各機能はIBMから認定を受けており、すべてのソフトウェア・スタック・サポートと、継続的なセキュリティー、コンプライアンス、バージョンの互換性を備えています。

Java EEプラットフォーム→

モバイル・アプリケーション開発フレームワーク→

モダナイゼーションと変革のためのガイダンス→

クラウドネイティブ開発のためのアクセラレーター→

拡張サービスによる投資のカスタマイズ

下記のIBMソリューションは、すべてのIBM Cloud Pakオファリングとの完全な互換性があり、お客様の投資価値を拡張するのに役立ちます。

  • IBM Blockchain Platform:Hyperledger Fabricの分散元帳テクノロジー・ソリューションを構築して、組織でのDevOpsを使用した効率の良いコンプライアンス管理、データ処理、サプライ・チェーン内での商品の移動の追跡を支援します。
  • IBM Wazi for Red Hat CodeReady Workspaces(英語):一貫性があり、親しみやすいIBM z/OS 向けのクラウドネイティブ開発エクスペリエンスを提供して、開発者をサポートします。
  • IBM DevOps:IBM DevOps for IBM Cloud Pak for Applicationsを使用して、俊敏性を向上させ、リリース間隔を短縮し、ハイブリッドクラウド環境とマルチクラウド環境間のバリュー・ストリームを管理します。

購入・お問い合わせ

ハイブリッドのマルチクラウドの基盤によるモダナイズの方法をご覧ください。