概要

Java EEプラットフォームは、安全で柔軟なサーバー・サイド・アプリケーションの作成に役立つ一連のJava APIです。多くの企業は、IBM WebSphere Application ServerやRed Hat JBossなどのJava EEプラットフォームを既に使用しています。IBMは、このプラットフォームをクラウドネイティブ・アプリケーションに統合することを支援します。

WebSphereのサポート期限が延長へ

IBM WebSphere Application Serverは引き続き多くの企業に活用されています。そのため、サポート・ロードマップが2030年まで延長されることになりました。

基幹業務アプリケーションの最適化

アプリケーション・デリバリーを加速

WebSphere Libertyとサポートされるマイクロサービスを使用することで、競争上の優位性を獲得できます。

価値を高める

WebSphere Libertyを使用することで、柔軟性を得てコストを削減できます。

セキュリティーを考慮した設計

統合管理ツールを使用できます。

RedHat OpenShiftで実行されているWebSphereアプリケーション

ツアー

多くのチームがアプリケーションをコンテナに移行することを希望していますが、アプリケーションを変更せずに実現したいと考えています。このIBM WebSphereの例を使用して、セッション状態を維持しながらアプリケーションを移行する方法を説明します。

機能: モバイル・アプリケーション開発フレームワーク

コンテナ化されたバックエンド・サービスにより、モバイル・アプリケーション開発を簡素化および管理できます。