概要

ある電話会社は、顧客がいる場所、つまりデバイス上で顧客対応することを最優先事項として定めました。開発チームは、顧客が請求書の支払いをしたり使用量データを表示したりできる、モバイル・アプリケーションを構築することから始めます。チームはまた、このアプリケーションをクラウドで構築することを決定します。これによりコストが削減され、顧客から追加機能が求められたときに簡単にアプリケーションを更新することができるようになります。

お客様の声

「テクノロジーは、物事の進め方を変革し、体験のカスタマイズを実現することで、この業界に革命をもたらしました。テクノロジーが進化し、私たちがお客様の要望に耳を傾けることができるようになると、独自の体験をもっと提供できるようになります。IBMはそのテクノロジーで、私たちがその目標を達成できるように支援してくれます。」

- Mateo Ramón氏、最高情報責任者、Grupo Piñero社

ツアー

1. ローカルのフロントエンド・アプリケーションの構築

チームは、事前構築されたNode.jsスタックから開始し、要件を満たすようにスタックをカスタマイズしてから、それをローカルに実装します。

Webアプリケーションに使用するNode.js Expressスタック、およびバックエンド・アプリケーションに使用するSpring Bootスタックを示すアーキテクチャー図

2. ローカル・バックエンドへの接続

チームはバックエンド用に、事前構築されたアプリケーションを選択します。コードをカスタマイズして、ローカルに実装し、フロントエンド・アプリケーションに接続します。

ユーザーがXMLファイルにテキストを挿入したことを示しているスクリーン・ショット。バックエンドに接続する。

3. Red Hat OpenShift on IBM Cloudへの実装

チームは、事前構築されたパイプラインを使用して、アプリケーションをRed Hat OpenShift Container Platformに実装します。実装すると、お客様が使用できるようになります。

IBM Cloud Pak for Applications内で実行されているRed Hat OpenShift

ユースケース: 従来のアプリケーションのモダナイズ

クラウド上にない主要システムを活用します。