IBM Cloudが選ばれる理由

エンタープライズ・レベル

現在、14,000を超えるKubernetesクラスターが実環境で稼働中ですが、IBM Cloud™はそれに対応するように構築されています。

The Weather Companyやアメリカン航空とのコラボレーションに見られるように、IBMの専門知識とリソース規模を信頼し、お客様は労力を費やすことなく、時間を節約できます。

オープンなイノベーション

IBMは、Cloud Native Computing Foundationで重要な役割を果たし、KubernetesやIstioなどの多くのオープン・ソース・プロジェクトに貢献しています。

業界でも最先端のクラウド・ネイティブなツール・セットを使用して、コンテナー化されたアプリケーションを構築し、実行できます。

セキュリティー・リーダーシップ

お客様が信頼できるクラウド・ベースのアプリケーションを実現します。

複数の環境にわたってイベント・レベルのリスク・アセスメント、追跡、修復が可能であり、データ暗号化のための高度な業界コンプライアンスに対応します。

The Weather CompanyとIBM

多くの課題に直面する中、世界有数の気象リソースが、IBM Cloudのセキュアで拡張性が高いグローバル・アーキテクチャーに移行されました。

#1

世界で最もダウンロードされた気象アプリケーション

25

×10億件の予報を配信(1日当たり)†

開始方法:最新化か、新たに構築か?

多くの場合、新規アプリケーションの作成は必要ありません。既存のアプリケーションを最新化することで、過去の投資を活用しながら、クラウドの柔軟性と拡張性のメリットを得ることができます。

ただし、既存のアプリケーションを拡張するよりも、ゼロから始めるほうが簡単な場合もあります。まったく新しいアプリケーションを構築すると、以前からの繰り返しや意思決定にとらわれることなく、ユーザーが求めるイノベーションを実現できます。

クラウド・ネイティブの実例を見る

 

VMベースのアプリケーションをKubernetesに移行

このチュートリアルでは、Kubernetes Serviceを使用して、VMベースのアプリケーションをKubernetesクラスターに移行するプロセスについて順を追って説明します。

既存のアプリケーションをコンテナー化し、それをKubernetesクラスターに導入する方法の概念についても触れます。

クラウド・ネイティブ・アプリケーションの大規模な構築と導入を開始

事前構成済みの事前統合型スターター・キットとステップバイステップ・チュートリアルのいずれかを選択します。

IBM Garageの利用を開始する

IBM Garage™は、深い専門知識と実績のある手法を組み合わせて、革新的なユーザー・エクスペリエンスを提供するために必要なスキルを習得できるように設計されています。