IBM Cloudが選ばれる理由

IBMは過去20年間にわたり、Cloud Native Computing Foundationを含むオープンソースのコード、コミュニティー、ガバナンスに多大な投資を行ってきました。

現在、19,000を超えるKubernetesクラスターが実環境で稼働中ですが、IBM Cloudはそれに対応するように構築されています。

IBM Cloudは、データ暗号化において最高の業界標準の1つを提供し、30を超えるコンプライアンス・プログラムに準拠しています。

The Weather CompanyとIBM

  • 1日当たり250億件の予測を提供
  • 世界で最もダウンロードされたナンバー1の気象アプリケーション

 

多くの課題に直面する中、世界有数の気象リソースThe Weather Companyが、IBM Cloudのセキュアで拡張性が高いグローバル・アーキテクチャーに移行されました。¹

開始方法:モダナイズか、新たに構築か?

多くの場合、新規アプリケーションの作成は必要ありません。既存のアプリケーションをモダナイズすることで、過去の投資を活用しながら、クラウドの柔軟性と拡張性のメリットを得ることができます。

ただし、既存のアプリケーションを拡張するよりも、ゼロから始めるほうが簡単な場合もあります。まったく新しいアプリケーションを構築すると、以前からの繰り返しや意思決定にとらわれることなく、ユーザーが求めるイノベーションを実現できます。どこから始めるべきでしょう。

クラウドネイティブの実例

このチュートリアルでは、Kubernetes Serviceを使用して、VMベースのアプリケーションをKubernetesクラスターに移行するプロセスについて順を追って説明します。また、既存のアプリケーションをコンテナ化し、それをKubernetesクラスターに導入する方法の概念についても触れます。

IBM Developer Dojo

毎週水曜日をベースに開発者向けイベントを開催しています。

脚注

( 注 ) Weather Company は、 IBM Company 社の「 TWC 製品およびテクノロジー」の商標です。