導入部

ワークフローのデジタル化と自動化

自動化とAIを使用して組織全体を常時稼働にして、運用を最適化することでシームレスに事業を継続できます。IBMのエキスパートがお手伝いします。

メリット

計画、パイロット、および拡大

ビジネス・ワークフロー全体にわたって、自動化を拡大して回復力と柔軟性を迅速に実現します。

労働力の強化

デジタル作業によって事業継続性と効率性を向上させます。

運用の最新化

リアルタイム・データを使用して、より予測的で適応性の高い自動化されたワークフロー・プロセスを活用します。

プロセス設計の4つのステップ

IBM Automation® Servicesは、世界中のお客様と連携して、機能プロセスや業界固有のプロセスを変革および管理して、インテリジェントなデジタル・オペレーションを実現します。このサービスはAI、プロセスの自動化、高度な分析を活用して、低リスクでコストを削減する高品質のプロセスを提供します。プロセス設計の以下の4つの基本的なステップに対処します。

  1. ビジネス・プロセスのワークフローと再設計を評価する。
  2. 自動化テクノロジーを選択し、エンタープライズ・アーキテクチャーに適合する方法を決定する。
  3. 特定の自動化ソリューションを使用して、PoC(概念検証)を加速させて実装する。
  4. AIを統合して自己修復および自動プロセスを作成し、ビジネスの洞察を提供する。

インテリジェントなワークフロー

インテリジェントなワークフローとは

インテリジェントなワークフローは、リアルタイムの洞察、自動化、AI、ブロックチェーン、その他のエクスポネンシャル技術を活用して仕事を行う方法を変えて、プロセスを再構築してビジネス成果を実現します。企業は人、データ、テクノロジーを統合することによって、サイロ化した静的な機能から、統合されたアジャイルなワークフローに移行します。

Forresterの調査:ワークフローの再構築

プロセスをモダナイズすることにより、デジタル変革を強化して、影響を拡大します。顧客対応プロセスを更新して設計するために猛ダッシュとして始めたものが、仕事を行う方法を再構想するための必須の課題のまま残っています。これらのイニシアチブに10年以上にわたって投資してきたにもかかわらず、企業は依然として、アプローチを熟成させて接続されたインテリジェントな自動化された企業を構築しようと苦闘しています。

インテリジェントなワークフローの評価

意思決定者の80%が、統合プロセスがデジタル変革を加速すると考えています。しかし、企業はプロセスをデジタル化してメリットを得るのに苦労しています。インテリジェントなワークフローの評価を行って、ビジネスの現在の状況と、インテリジェントなワークフローがビジネスを変革できる方法を判断しましょう。

デジタル・ワーカー

デジタル・ワーカーは、RPAツールやボットだけではカバーできない複数のスキルを使用して、複雑なエンドツーエンドのプロセスの意味のある部分を独立して実行することができる、ソフトウェア・ベースの「労働者」です。

作業方法を変革する

IBMデジタル・ワーカー (英語)

オファリング

自動化の助言

戦略と実行の青写真を構築して、インテリジェントな自動化のメリットを迅速に実現します。

自動化の構築

高度に自動化されたビジネス・プロセスとITプロセスの設計、構築、運用を加速します。

自動化の管理

サブスクリプション、トランザクション、または成果ベースで提供される構成可能なサービスを利用できます。

自動化サービス・プラットフォーム

迅速なプロトタイピングとスケーリングを提供する、自動化のためのすぐに使用可能な環境を使用します。

自動化の研修

自動化スキルと共通言語を開発して、効果とチームワークを向上させます。