このオファリングの特長

これは、IBM Cloud上のAppleプラットフォーム用のアプリケーションを構築する開発者に、ワンストップ・ショップ・エクスペリエンスをもたらします。Appleの開発に適用可能なものを資料で探し回るのでなく、クラウド・ネイティブでリリース可能なアプリケーションを構築できるようにします。Appleの開発者がクラウド・ネイティブなフルスタック・アプリケーションの構築に必要なものはすべてコンソールから見つけられます。

開発者のガイド

すべての集約された関連資料を使用して、開発環境のセットアップ、Kubernetes、Cloud Foundry、OpenWhiskへのデプロイ、およびSDKの使用または追加が、ガイドされます。資料に従い、一目瞭然なユーザー・インターフェースを段階的に進み、事前構成済みのアプリケーションを生成し実装できます。

IBM Cloudはどこが優れているのでしょうか

その他のクラウドプラットフォームでは、Appleの開発者用の包括的なビューを提供していません。IBM Cloudでは、開発者は資料と格闘する時間を減らし、Xcodeでのコーディングにもっと時間を使うことが容易になります。

開発者コミュニティーにはどのような影響がもたらされますか

開発者は、XcodeのコーディングとIBM Watson Visual RecognitionやIBM Push NotificationsなどのIBM Cloudサービスを使用したイノベーションをすぐに開始できます。数日、数週間をかけて、資料をくまなく調べ、開発環境をセットアップする必要はもうありません。

企業にはどのような影響がもたらされますか

開発者は、IBM Cloudに接続するネイティブiOSアプリケーションの開発で培われた経験の積み重ねで、より迅速にかつ簡単にアプリを作成できるようになり、開発コストが削減されます。

IBM Cloud Developer Console for Appleで始める

 IBM Cloudに接続するAppleプラットフォーム用のアプリケーションを開発するための新たな方法をご覧ください。