ホーム ケーススタディ WestfieldInsurance 生成AIソリューションで常に変化するビジネスニーズをサポート
Westfield Insurance + IBM
リードスペース用のwatsonx.aiデジタル・レンダリング
業界の圧力が新たな技術要件を推進

米国を拠点とする大手損害保険会社であるWestfield Insuranceは、コストや競争圧力、刻々と変化する規制、経済の不確実性、消費者の顧客サービスへの期待の高まりといった業界の課題とビジネスニーズのバランスを取るために高度なテクノロジーを活用しています。 同社は変化する需要に対応するために、IBM System z環境でのアプリケーション開発とCOBOL/Assembler/JCLの新規人材のオンボーディングをサポートする生成AI機能を統合し、開発者の生産性を向上させながら、業界のポリシーおよび格付け機関であるInsurance Services Office, Insurance Services, Inc.(ISO)への潜在的な誤報告を軽減したいと考えていました。そこで、信頼できるアドバイザーであるIBM コンサルティングに指導と専門知識を求めました。

80% 開発者がアプリケーションを理解するための時間を短縮 30% 開発者がコードを説明し、場合によっては文書化できるようになるまでの時間を短縮
アプリ開発をスピードアップするコードを見つける

IBMコンサルティングは長年にわたるパートナーシップの一環として、マネージド・サービスやその他の主要な戦略的イニシアチブにおいてWestfieldの主要チームとともに有意義なイノベーションの実現と業績の加速を支援し続けています。 Westfieldのアプリケーション開発者16人のチームは、IBM watsonxの生成AIソリューションを使用した8週間の試験プロジェクトにおいて、IBMコンサルティングチームおよびIBM Client Engineeringチームと協力しました。IBM CloudにIBMの生成AIツールを導入したことで、Westfield社はコードをより早く理解することでコードの説明と文書化を簡素化しました。その結果、数週間にわたる手作業による調査と報告に比べてボタンをクリックするだけの労力を削減することができました。 IBM watsonx Code Assistant for Z は、分析の実行、レポートの生成、コード変更の影響の特定により、アプリケーションの理解を促進しました。

このドキュメントは、変更プロセスの迅速化に役立ちました。 新しい開発者は経験豊富な開発者と連携する必要があり、コードの分析には最大で数日かかります。 より詳細な最新のドキュメントを入手することで、新しい開発者のオンボーディングを加速化できます。 彼らはより早くプログラムに慣れることができ、経験豊富な開発者は、より優れたテストケースを作成し、テストする必要があるものを伝えることができます。 Don Hurrle ITインフラストラクチャー、人工知能、アジャイル・トランスフォーメーション・リーダー Westfield Insurance
AIベースのコードアシスタントで開発者の生産性を向上し、アプリケーションのモダナイゼーションを加速化

この試験プロジェクトでは、watsonxのソリューション、特にwatsonx Code Assistant for Zが、IBMのジェネレーティブAI機能を使用して開発者の全体的な生産性をどのように向上させることができるか実証しました。試験期間中、Westfieldの開発チームは47,000行のコードを精査しながら150時間を節約し、時間を30%短縮しました。 アプリケーション検出分析では、さらに20時間短縮できたため、80%の時間短縮に相当するものでした。 チームは、変更管理プロセスにおけるコスト削減に気づきました。開発者がアプリケーションとその依存関係をより迅速に理解し、文書化を合理化するのに役立つアシスタントがあれば、ビジネスクリティカルなメインフレームアプリケーションの理解を必要とする新しい開発者のオンボーディングを迅速に行うことができます。さらに、更新された変更管理とプロセスの文書は、ISOへの誤報告の低減に役立ちます。IBM生成AIソリューションのより効率的で時間を節約できる機能により、Westfieldはコストやその他の競争上の圧力を軽減しながら顧客中心の取り組みに投資し続けています。

ブログを読む

Westfieldのアプリケーションの最新化と、開発者のエクスペリエンスを向上させるために同社が取り組んでいることについて詳しくご覧ください。

Westfield Insuranceのロゴ
Westfield Insuranceについて

Westfield(ibm.com外部リンク)は、将来の可能性と個人の力を信じる少数の勤勉な農民グループにより1848年に設立されました。設立から175年以上経った現在、同社は一般に認められた会計慣行 (GAAP) に基づく資産残高が100億ドルを超える、米国を拠点とする大手の損害保険会社として、1,000 社を超える大手独立代理店およびブローカーのネットワークを通じ、商業、個人、保証、および特殊保険の引受を行っています。Westfieldは最近、Lloyd's of London Syndicate 1200を買収し、世界的なフランチャイズとして同社を確立しました。

IBM watsonx Code Assistantはこちら

IBMとRed Hatによるこの生成AIを活用したオートメーション・ソリューションを使って、ビジネスのためのAIを使用する方法について詳しく学びましょう。

予約はこちら お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年4月、アメリカ合衆国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Code Assistant、IBM Consulting、System z、およびwatsonxは、米国およびその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名やサービス名は、IBMまたは他の企業の商標である可能性があります。現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。