あらためてIBM DB2の良さがわかりました。我々の業務を知り抜いたコンサルタントから、テーブル設計やデータ処理上の的確なアドバイスをいただき、データウェアハウスの処理能力は格段に向上しました

—株式会社ディノス・セシール 理事 セシール事業ディビジョン 事業推進本部付 藤川 淳氏,

Business Challenge story

セシールブランドの通販事業では、10万点以上の商品を、カタログを主力としたマルチチャネルで提供しています。DM発送のための会員抽出などの業務向けに、セシール事業ディビジョンは1997年に最初のデータウェアハウスを構築し、運用を続けてきましたが、負荷増加に伴うパフォーマンス不足が顕在化してきました。そこでIBM DB2 9.5のサポート終了を機に、データウェアハウス基盤全体をリプレースすることにしました。

Transformation

「処理能力を現状の3倍以上に向上」と「システム管理業務負荷の軽減」を主な要件として、各ベンダーのソリューションを比較検討した結果、セシール事業ディビジョンはIBMと四国システム開発株式会社の合同チームによるIBM DB2 10.5をベースとしたシステムを採用しました。IBM DB2は1つ1つの分析に特別な対応を実施しなくても、大量データの全件分析で十分なパフォーマンスを発揮することができます。

Benefits

従来9時間程度を要していたカタログDMの抽出が、2時間半で処理できるようになりました。また、毎朝実行する日次レポートの更新も約3時間から1時間で処理できるようになり、経営層や一般ユーザーからも高い評価を得ています。 将来はもっとエンドユーザー自身で各種の分析を行えるような体制に持っていくため、セルフサービスを指向したBIツールやキャンペーン管理システムの導入を検討しています。

お客様情報

→株式会社ディノス・セシール(外部サイトへリンク)

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです.

ソリューション

DB2 for Linux, UNIX and Windows family

Solution Category

  • IBM Hybrid Cloud