英国保健安全保障庁、パンデミックへの迅速な対応を推進
新型コロナウイルス感染症の連鎖を断ち切るため、IBMおよびSalesforceと提携
英国ロンドン国会議事堂

2020年初頭、英国中の病院で患者が過剰になる危険にさらされ、英国政府は行動の必要性を認識しました。「家にいよう、NHS(国民医療サービス)を守り、命を救おう」という合言葉は、公衆衛生当局や閣僚がパンデミックを制御するために必要と考える対策を打ち出す中で生まれました。最も即座に、全体的なコンセンサスが得られたのは、国の新型コロナウイルス感染症の検査と接触者追跡のキャパシティーを1日あたり数百万人にまで大幅に拡大し、それを迅速に行う必要性があるということでした。

陽性結果に基づいてウイルスの蔓延を制御するための迅速な行動を取れることが、感染の連鎖を断ち切る上で重要でした。結果の処理に要する時間が長ければ長いほど、ウイルス感染の可能性は高くなります。IBMは、英国保健安全保障庁(UKHSA)が国際到着サービス、マネージド検疫サービス(MQS)、民間検査プロバイダー向けWebポータルなどのソリューションを迅速に展開できるように、Salesforceプラットフォームを提供しました。さらに、IBM®コンサルティング-ハイブリッドクラウドサービスは、MuleSoft Anypointプラットフォームを使用して、UKHSAがリアルタイムテストサービス(RTTS)と呼ぶSaaS(Software as a Service)統合プラットフォームを構築し、すべての新型コロナウイルス感染症の検査結果を処理し、その後の接触者追跡を行うために、学際的な共同チームを結成しました。

NHS Digitalの最高経営責任者であり、NHS Test& Traceの元最高情報責任者であるSimon Bolton氏は、プロジェクトを振り返って、検査結果の処理速度が劇的に向上したことが、このプロジェクトの特徴的な利点であると見ています。「検査結果の処理時間を8時間から数分に短縮できたという事実は、ウイルスの蔓延を抑えるために絶対に不可欠でした」とBolton氏は言います。「現在では、1日に100万件以上、1秒間に300件もの新型コロナウイルス検査を処理しています。この驚異的なスループットは、回復力のあるバックボーンによって可能となり、私たちが達成してきたすべての基盤となっています。」

UKHSAの現CIOであるAdam Wheelwright氏も、高速で信頼性の高いデータ転送の重要性について同様の意見を述べています。「データの品質とフローを改善することの重要性は、新型コロナウイルス感染症対応における最も重要な課題のひとつです。どの組織でも、本番グレードの大量のデータ交換ソリューションを設計、構築、展開、進化させることは困難な場合がありますが、(願わくば)一世代に一度のパンデミックの最中にこれを成功させることは、本当に傑出したことであり、世界クラスのチームワークと、納入と成果の両方への集中なくしては達成できなかったでしょう。」

処理時間の短縮

 

新型コロナウイルス感染症の検査結果の処理時間が8時間から16分に短縮され、より迅速な接触者追跡が可能に

処理率の向上

 

新型コロナウイルス感染症の検査を1日当たり100万件以上、1秒当たり300件のペースで処理

すぐに対応可能

パンデミックは世界中で急速に進展しており、各国は異なる対応戦略を採用しており、一貫した青写真のような対応は存在しませんでした。感染率とパターンは変化し、新たな変異株が出現し、公衆衛生当局は感染リスクについて理解を深めてきました。

2021年初頭、さまざまな政府機関の閣僚は、懸念される変異株の蔓延を制御するために英国国境でどのような措置が必要かについて活発に議論していました。Trace Portfolioのデジタル&テクノロジー・ポートフォリオ・ディレクターであるJackie Keane氏にとって、新しい出入国規制は、まさに彼女と彼女のチームが備えるべき政策変更でした。よって水際対策が発表されたとき、IBMとSalesforceのチームはゼロからのスタートではなかったとKeane氏は説明します。「RTTSとSalesforce CRMプラットフォームはすでに完成しており、ソリューションの基盤は整っていました」と同氏は言います。「これにより、新しい国際線到着サービスとMQSを迅速に実装できる有利な立場に立つことができました。」

新しい政策の下では、海外から英国の国境に到着する人々は、出発国における新型コロナウイルスのリスク状況に基づいた隔離と検査の規則に従う必要がありました。新型コロナウイルスの感染リスクが高いとみなされる「レッドリスト」国からの旅行者は、入国前と入国後の両方で比較的複雑な検査と隔離プロトコルに従うことが求められました。

このプログラムが機能するために、UKHSAは、乗客位置確認フォームの記入から検査の指示、隔離ホテルの予約まで、これらの手順を各乗客に順番に案内する必要がありました。また、各フローはテスト結果に依存するため、検査機関との統合が重要でした。

検査結果の処理時間を8時間から数分に短縮できたという事実は、ウイルスの蔓延を抑えるために絶対に不可欠でした。 Simon Bolton Chief Executive, NHS Digital (former Chief Information Officer, NHS Test & Trace) UK Health Security Agency
チームの一団が提供

IBM、Salesforce、MuleSoftの各チームが構築したソリューションだけが、スタート地点に立ったわけではありません。彼らは、KPIモニタリングや自動テストなど、継続的改善と継続的デリバリー(CI/CD)の慣例を用いて、拡大し続ける仕事量に対応するために、グローバルな「チームの一団」を迅速かつ大規模に拡張しました。「私たちは、非常に高速でシームレスかつスムーズに実行できる配信機能を確立しました」と、プロジェクトのIBMエグゼクティブ・スポンサーであるMatt Cand氏は述べています。「MQSと国際線到着サービスのプロジェクトが開始されたとき、私たちの共同チームは課題に対処するための準備を整えることができました。」

Keane氏のチームの副ポートフォリオ・ディレクターであり、RTTSのデリバリー・リーダーであるDaniel Jeans氏は、シームレスな共創がどのようなものかを目の当たりにしました。「デリバリー・チーム全体で、『肩書きを持ち込まない』という考え方がありました。「自分たちのやっていることが人命を救うことにつながるという認識が、チームメンバー全員に共有されていました」とJeans氏は言います。「このようなオープンで透明性の高い文化は、このようなプロジェクトが必要とする継続的な改善、つまり新しいアプローチを試みたり、失敗から学んだりする意欲を促進するのに役立ちました。」

プレッシャーの下での継続的な成功

わずか数カ月の間に、このプログラムを通じておよそ10万人の到着者が隔離され、そのうち2%以上が新型コロナウイルス感染症検査で陽性反応を示しました。英国プロジェクトマネージャー協会が本プロジェクトを2021年のAPMソーシャル・プロジェクト・オブ・ザ・イヤーに選出した理由は、このソリューションが旅行者の英国内への侵入を防ぎ、明らかに人々の命を救ったという事実だけではなく、対応が迅速だったことでもありませんでした。

おそらくそれ以上に、このソリューションが構築された「異常な状況」だったとKeane氏はコメントしています。「MQSプロジェクトでは、特に複雑な状況全体にわたって高度な共同作業が必要で、すべてが注目されていました。刻一刻と迫る時間の中で、必要な結果を出すために懸命に働いたこのような素晴らしいチームの一員であったことを光栄に思います。」

また、NHS DigitalのBolton氏は、共通の目的意識で結ばれた拡張チームの相性の良さも、短期間でこれだけの成果を上げることができた大きな理由だと見ています。「IBMとSalesforceが達成した驚異的なペースは、多くの人に、可能性を拓く技術とは何か、力を合わせて本気で取り組めばどれだけ早く実現できるかを示しました」と彼は言います。「このチームの各メンバーは、自分たちのしていることが人命救助に真の違いをもたらすと信じて毎日出勤していました。そして、私は彼らがそうしたと信じています。」

MQSの投入以来、開発のペースは衰えていません。大小の方針変更はほぼ絶え間なく行われ、SalesforceとMuleSoftプラットフォームの新しいリリース率は9カ月で100を超え、控えめに言っても急速に進んでいます。これらの毎週のポリシー変更に対応するために、デリバリー・チームはカンバン方式をスクワッド全体で採用し、それによって優先順位を調整し、非常に短期間でデリバリーを加速する能力を向上させました。テストの完全自動化も、デリバリー・プロセスのスピードと品質の両方を向上させる大きな要因となっています。現在、テスト・トレース・プログラムは、すべてのソリューションで120,000を超えるテストを1時間以内に実行できます。

今日、これらのソリューションは、パンデミックに対するUKHSAの対応の戦略的基盤を形成し、UKHSA全体に安全でスケーラブルでパフォーマンスの高いプラットフォームを提供しています。

UKHSAとNHSのロゴ
英国保健安全保障庁(UKHSA)について

UKHSA(ibm.com外部へのリンク)は、英国を感染症やその他すべての健康上の脅威の影響から守る責任を負う政府の部門です。 UKHSAは、保健省(DHSC)が後援し、前身組織であるNHS Test& TraceとPublic Health Englandから設立された行政機関です。

NHS Digital

NHS Digital(ibm.com外部へのリンク)は、イングランドの医療・社会福祉、特にイングランド国民保健サービス(National Health Service of England)に関わる委託業者、アナリスト、臨床医向けに情報、データ、ITシステムを提供する全国的なプロバイダーです。保健省の一部門であるNHS Dataは、大規模な医療情報学プログラムの管理を含め、NHSと社会福祉にデジタルサービスを提供しています。NHS Digitalは、医療および社会的ケアに関する全国的な情報収集機関でもあり、公式統計や国家統計など、毎年260を超える統計出版物を発行しています。

次へ
その他のケーススタディを見る ロードアイランド州
IBM Consulting、ロードアイランド州の公衆衛生対応の強化を支援
お客様事例はこちら
オール・イングランド・ローン・テニス・クラブ(All England Lawn Tennis Club、AELTC)
ウィンブルドン、IBM iXと提携し、AIを活用したソリューションを推進
お客様事例はこちら
ロードアイランド州
IBMはロードアイランド州が新型コロナウイルス感染症対策のためのタイムリーな分析的洞察を生み出すのを支援しました
お客様事例はこちら
脚注

© Copyright IBM Corporation 2022. IBM Corporation, IBM Consulting, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2022年6月、米国で制作

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Webサイトwww.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。