2020年初期に英国の病院が限界を超える危機になったとき、英国政府は行動する必要があることを認識しました。公衆衛生局の役人や大臣が、パンデミックを制御するために必要と見なした措置を策定していたときに、「家にとどまり、NHS(国民保健サービス)を守り、命を救え」というスローガンが生まれました。最も即座に全面的に合意されたのは、国内の新型コロナウイルス感染症の検査と接触追跡能力を大幅に(1日あたり数百万件にまで)拡大し、それを迅速に行う必要があるということでした。

陽性の結果が出た場合にすぐにウイルスの拡散を制御するための迅速な行動をとる能力は、感染の連鎖を断ち切るための中核でした。結果を処理するのに必要な時間が長くなるほど、ウイルス感染の可能性は高くなります。IBMはSalesforceプラットフォームを提供し、英国保健安全保障庁(UKHSA)が国際線到着サービス、管理検疫サービス(MQS)、および民間テスト・プロバイダー向けのWebポータルなどのソリューションを迅速に導入できるようにしました。さらに、IBM® Consulting - ハイブリッドクラウド・サービスは、MuleSoft Anypoint Platformを使用して、合同の複合領域チームを結成しました。これは、UKHSAがリアルタイム検査サービス(RTTS)と呼ぶ、すべての新型コロナウイルス感染症の検査結果をその先の接触追跡用に処理するための、Software as a Service(SaaS)統合プラットフォームを構築するためでした。

このプロジェクトを振り返って、NHS Digitalの最高責任者であり、NHS Test & Traceの元最高情報責任者であったSimon Bolton氏は、プロジェクトの特徴的なメリットとして、検査結果の処理速度が劇的に向上したことを認めました。Bolton氏は、「検査結果の処理時間を8時間から数分間に短縮できたという事実は、ウイルスの拡散を抑制するために絶対に不可欠でした」と言います。「現在、私たちは1日に100万件以上、毎秒300件もの新型コロナウイルス感染症検査を処理しています。回復力のあるバックボーンによって可能になった、この驚くべきスループットが、私たちが達成したすべてのことを支えていたのです。」

UKHSAの現在のCIOであるAdam Wheelwright氏は、高速で信頼性の高いデータ転送の重要性について同様の意見を述べています。「データの品質とフローを改善する重要度は、新型コロナウイルス感染症への対応で最も重要な課題の1つでした。どんな組織においても、実働グレードで高ボリュームのデータ交換ソリューションを設計、構築、展開し、その後進化させることは挑戦的なことですが、(願わくば)一世代に一度のパンデミック中にこれに成功しているのは、本当に卓越したことであり、世界クラスのチームワークと、デリバリーと成果の両方へのフォーカスがなければ達成できなかったことでしょう。」

新型コロナウイルスの検査結果の処理時間を8時間から

16分

に短縮、より迅速な接触追跡を実現

新型コロナウイルス感染症の検査処理数は1日あたり

100 万

以上、すなわち毎秒300件もの数

適応するための準備はできていた

パンデミックは世界中に急速に展開しており、様々な国々が異なる対応戦略を採用していました。一貫性のある対応の青写真はありませんでした。感染率やパターンが変化し、新しい変異株が出現し、公衆衛生当局は感染リスクに対する理解を深めていきました。

2021年初期には様々な政府機関の大臣たちが、懸念のある変異株の拡散を制御するために英国の国境でどんな措置が必要かを活発に議論していました。追跡ポートフォリオのデジタルおよびテクノロジー・ポートフォリオ・ディレクターであるJackie Keane氏にとって、新しい国境規則は、まさに彼女と彼女のチームが準備する必要のある種類のポリシーの変更でした。そして国境制御が発表されたとき、IBMとSalesforce社のチームはゼロから始めたのではないと、Keane氏は説明しています。「RTTSとSalesforce CRMプラットフォームが既に完成していたので、ソリューションの基盤はそこにありました」と彼女は言います。「このことによって、新しい国際線到着サービスとMQSを非常に迅速に実装するのに有利な立場になれました。」

新しいポリシーの下では、外国から英国国境に到着した人々は、出発国の新型コロナウイルス感染症のリスク状況に基づいた検疫と検査の規則に従う必要がありました。「レッド・リスト」の国からの旅行者、つまりコロナウイルスの新たに現れつつある株の高いリスクがあると見なされた人たちは、入国前と入国後の両方で、比較的複雑な検査と検疫のプロトコルに従う必要がありました。

プログラムを機能させるために、乗客位置情報フォームの記入から検査の指示と検疫用ホテルの予約までのステップを、UKHSAは各乗客に順番にガイドする必要がありました。各フローは検査結果に依存するため、検査ラボとの統合が不可欠でした。

横断歩道の端で携帯電話で話をしている女性

チームのチームによるデリバリー

有利なスタートに関していえば、IBM、Salesforce社、MuleSoft社のチームが構築したソリューションは、存在した唯一の要素ではありませんでした。彼らは絶え間なく拡大するワークロードに対応するために、継続的改善および継続的デリバリー(CI/CD)の実践(ほんの数例を挙げるとKPIモニタリングや自動テストなど)を利用して、グローバルの「チームのチーム」を急速かつ大幅に拡大しました。このプロジェクトのIBMエグゼクティブ・スポンサーのMatt Candyは「私たちは非常に高速でシームレスでスムーズに稼働するデリバリー機能を確立しました」と述べています。「MQSと国際線到着サービスのプロジェクトを実装したことで、私たちはこの課題に対応するための準備を整えることができました。」

Keane氏のチームの副ポートフォリオ・ディレクターで、RTTSのデリバリー・リーダーであるDaniel Jeans氏は、シームレスな共同作成がどのようなものであるかを直接確認しました。「デリバリー・チーム全体にわたって、「バッジを持ち込むな」というメンタリティーがありました。自分たちがやっていることによって命を救うことができるという共通認識が、チーム・メンバー全員にありました」とJeans氏は言います。「この種のオープンでわかりやすい文化が、このようなプロジェクトで要求される継続的な改善、つまり新しいアプローチを試し、間違いから学ぶという意欲を促進するのに本当に役立ちました。」

オフィスでコーディングしている男性コンピューター・プログラマーのクローズアップ

重圧の中で成功を継続

わずか数カ月で、約10万人の入国者がこのプログラムにより検疫され、そのうち2%以上に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が検出されました。このソリューションのおかげでそれらの旅行者が英国広域の人々と接触するのを防ぐことができ、明らかに人命を救うことになりました。しかし、それだけが英国のプロジェクト管理者協会がこのソリューションを2021年の年間APMソーシャル・プロジェクト賞に選出した理由ではありませんでした。また素早い処理時間でもありませんでした。

Keane氏は、おそらくソリューションが構築された「異常な状況」がさらなる理由だっただろうとコメントしています。「MQSプロジェクトでは、特に複雑なランドスケープにおける高度な協働作業が要求され、すべてがスポットライトを浴びました。私は、時間に追い立てられる中で成果を上げるために熱心に働く、このような素晴らしいチームの一員になれたことを光栄に思います。」

NHS DigitalのBolton氏はまた、共通の目的意識によって結びついた拡張チームの化学反応を、短期間で達成できた能力の大きな理由として見ています。「IBMとSalesforce社が達成した驚くべきペースは、可能性の技術とは何か、協力して専念することでどれほど迅速に実現できるかを、多くの人に示しました」と彼は言います。「このチームのメンバーは全員、自分たちがしていることは人命を救うのに本当に違いをもたらすのだと信じて毎日仕事に来ていました。そして私は彼らが実現したと信じています。」

MQSのロールアウト後、開発のペースは止まっていません。ポリシーの大小の変更がほとんど絶え間なくあり、SalesforceやMuleSoftプラットフォームの新しいリリースの速度が控えめに言っても速かった(9カ月で100を超えた)のです。これらの毎週のポリシー変更に対応するため、デリバリー・チームは班の枠を越えてカンバン方式を適用し、その結果、優先順位に応じて、ごく直前の通知にもかかわらずデリバリーを加速させる能力を向上させることができました。検査の完全自動化も、スピードと品質の両方をデリバリー・プロセスに提供する上で大きな要因となりました。現在、検査および追跡プログラムでは、すべてのソリューションにわたって12万件以上の検査を1時間未満で実行できます。

これらのソリューションは現在、UKHSAのパンデミック対応の戦略的基盤を形成し、UKHSA全体におけるセキュアで拡張が容易な高性能のプラットフォームを提供しています。

製品・サービス

UKHSAとNHSのロゴ

英国保健安全保障庁(UKHSA)について

UKHSA(ibm.com外部へのリンク)は、感染症やその他のすべての健康上の脅威の影響から英国を保護することに責任を持つ政府機関です。UKHSAは保健社会福祉省(DHSC)が支援する行政機関であり、前身組織のNHS Test & Trace and Public Health Englandから形成されました。

NHS Digital

NHS Digital(ibm.com外部へのリンク)は、イングランドの保健および社会福祉の委員、アナリスト、臨床医など、特にイングランドの国民保健サービスに関係している人たちのための情報、データ、ITシステムの国内プロバイダーです。保健社会福祉省の部門であるNHS Dataは、大規模な健康情報科学プログラムの管理を含めて、NHSと社会福祉のためのデジタル・サービスを提供します。NHS Digitalは、保健と社会福祉に関する国の情報照合組織でもあり、公式統計や国家統計を含めて、毎年260以上の統計出版物を発行しています。

© Copyright IBM Corporation 2022. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年6月

IBM、IBM ロゴ、および ibm.com は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、Webサイト(www.ibm.com/legal/copytrade)をご覧ください。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。