障害を早期に発見し、迅速に対応することはお客様の満足度向上や提携先の銀行などからの信頼を獲得することにつながります。

—アコム株式会社 システム統轄部 システム運用室 室長 池田 隆氏,

Business Challenge story

システムの障害時、障害個所の明確化、停止している可能性のある業務の洗い出し、その業務の現場における実際の影響の確認などの作業に、場合によっては数時間を要することもありました。社会に信頼されるリーディング・カンパニーを目指す、という自社ビジョンをシステムにおいても実現していくために、この課題を解決するための検討を開始しました。

Transformation

監視運用分析・効率化ソリューションであるIT Operations Analyticsサービスを採用し、IBM Netcool Operations Insightを活用することで、障害のアラート情報を受けた際に、自動的に関連するシステムや業務を表示する仕組みを低コストかつ短期間で構築しました。

Benefits

システム運用室で障害の影響範囲を調べる手間と時間が大幅に短縮されることで、業務の現場に対してタイムリーに障害を報告できることが見通され、従来は復旧までに3時間から4時間程度要していた障害が、2時間程度に短縮されると期待されています。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

Netcool Operations Insight

サービス

GTS IS Systems Services: Middleware Strategy and Design Services

Solution Category

  • IBM Hybrid Cloud