ホーム ケーススタディ Master Lock社 Master Lock社
クラウドにおける取引先パートナーとの効率的で費用対効果の高い統合を促進してグローバルな成長を加速
Master Lock本社前

企業が事業を展開する国が増えるほど、満たす必要のある取引パートナーの要件も多くなります。電子文書交換(EDI)は、これらの要件に大規模に対応するために不可欠ですが、EDIを社内で管理するとコストが高くなる可能性があります。この課題を解決するために、The Master Lock CompanyはEDIプロセスをIBM® Sterling Supply Chain Business Networkに移行しました。

ビジネス上の課題

The Master Lock Companyにとって、急速な国際的成長は毎年より多くのパートナーとのオンボーディングと取引を意味します。同社の小規模なEDIチームが増大する要件を管理できるようにするにはどうすればよいでしょうか。

概要と経緯

The Master Lock Companyは、取引パートナー統合プロセスをIBM Sterling Supply Chain Business Networkに移行しました。これは、EDIチームの手作業を軽減する、セキュリティー機能が豊富なクラウドベースのソリューションです。

成果 50%高速化
買収した取引先のオンボーディングがビジネスの成長をサポート
EDIの人員数を増やさずに、
運用費用対効果を向上
100%の可用性
ミッションクリティカルなEDIサービスを常にオンラインに
ビジネス上の課題の詳細
世界的な成長とEDIの課題

海外展開は、収益を増やし、市場シェアを拡大するための強力なツールになり得ますが、課題も伴います。新しい地域で事業を展開するということは、多くの場合、それぞれが独自の現地要件を持つ多数の取引先を追加してオンボーディングすることになります。

これは、南京錠と個人金庫の世界最大の製造販売業者であるThe Master Lock Company (TMLC)が直面している状況でした。同社は、有機的成長と戦略的買収の両方を活用して、アジア、中米、ヨーロッパの新しい市場で国際事業を開始しました。

The Master Lock CompanyのEDIマネージャーであるConnie Rekau氏は次のように語り始めます。「サプライチェーンの観点から見ると、国際的な成長は多くのさらなる機会を生み出します。税金や請求書の管理などの分野で現地の要件を管理することは、ビジネスをサポートするために不可欠です。」

TMLCのリテール・ビジネスは、グローバルに展開する取引先との効率的なコミュニケーションを実現するため、電子データ交換(EDI)に依存しています。多くの大手企業と同様に、同社は長年にわたりIBM Sterling Gentran®を使用してEDI統合の導入と管理を行ってきました。しかし、毎年平均40社の新しい取引先が加わり、その結果、複雑さが増していたため、TMLCの少人数のEDIチームは限界に近づいていました。

「業務を遂行するために、近いうちに少なくとも3人のフルタイム相当の人員(FTE)をEDIチームに追加する必要があることはわかっていました」とRekau氏は説明します。「その代わりに、EDIの最も時間のかかる部分をアウトソーシングできれば、より価値の高い開発活動に時間を割きながら、成長を管理することができます。私たちは、より合理化された効率的なアプローチの採用を支援してくれるパートナーを探しました。」

計画外の EDI ダウンタイムは、1 年を左右する可能性があります。私は IBM Sterling Supply Chain Business Network の可用性について経営陣に毎月報告していますが、その可用性が 100% を下回ることはありませんでした。 コニー・レカウ EDI マネージャー Master Lock社
概要と経緯の詳細
EDIのクラウドへの移行

TMLCは、IBM Sterling Gentranプラットフォームでの良好な経験に基づき、EDIプラットフォームを、取引先統合のためのセキュリティーが充実したクラウド・ベースのソリューションであるIBM Sterling Supply Chain Business Networkに移行することを決定しました。

「EDIをIBM Sterling Supply Chain Business Networkに移行する最大のメリットの1つは、EDIマッピングなどの活動にフルタイムのリソースを割く必要がなくなることです」とRekau氏はコメントしています。「新しい取引先を迎える必要がある場合は、IBMに要件を提出するだけで、作業の大部分は自動的に完了します。必要なのは、統合が期待どおりに機能することを検証するだけです。」

IBM Sterling Supply Chain Business Networkは、IBM Sterling Business Transaction Intelligenceによって強化されています。これは、自然言語で記述された視覚的なレポートとクエリを使用して、企業がEDIプロセスについてより深い洞察を得るのに役立つコグニティブ分析機能を提供します。

「EDIトランザクションの1つが何らかの理由で失敗した場合、IBM Sterling Supply Chain Business Networkはアラートを送信します。これは、根本的な原因をすぐに特定するのに役立つため、戦術的なレベルで価値があります」とRekau氏は説明します。「IBM Sterling Business Transaction Intelligenceにより、EDIデータをより深く掘り下げて、他の方法では明らかではないパターンを特定できます。社内のサービスレベルアグリーメント(SLA)に照らしてパフォーマンスを追跡するためのスコアカードを作成するだけでなく、エラー率が平均よりも高い取引先を強調するレポートを設定しました。」

彼女は次のように付け加えています。「誤った注文確認書を顧客に送信すると、金銭的罰則のリスクにさらされます。IBM Sterling Business Transaction Intelligenceは非常に使いやすいため、当社のカスタマー・コンプライアンス・チームは、EDIチームの支援なしに注文、出荷、支払いの状況をリアルタイムで確認できるようになりました。これにより、当社の過失ではないデータ問題に対するチャージバックの異議申し立てを成功させることができました。」

TMLCは世界各国に事業を拡大するにあたり、電子請求書発行に関するさまざまな現地要件を常に把握しておく必要があります。IBM Sterling Supply Chain Business Network Premiumには、企業が自動化され、準拠し、完全に監査可能な方法でこれらの文書を交換できるようにするプラットフォームであるIBM Sterling E-Invoicingが含まれています。

「The Master Lock Companyは、IBM Sterling E-Invoicingを早期に採用しました」とRekau氏はコメントしています。「IBMは、法律や統合標準の変化に合わせてプラットフォームを継続的に適応させ、国際業務の複雑さを大幅に軽減しています。」

現在、TMLCのEDI注文の95%は、IBM Sterling Supply Chain Business Network経由で処理されており、EDIチームが手動で介入することはありません。

「IBM Sterling GentranからIBM Sterling Supply Chain Business Networkへの移行は、シームレスで簡単なプロセスでした。IBMチームは、特に欧州の取引先を越えた移行に関して素晴らしい仕事をしてくれました」とRekau氏は付け加えます。「私たちは、IBMのサポートが必要なときに、IBMに頼ってリクエストに応じることができることを常に知っており、IBMのサポートの即応性を非常に高く評価しています。」

成果の詳細
時間を節約し、拡張を促進

IBM Sterling Supply Chain Business Networkを使用してミッションクリティカルなEDIプロセスを自動化することで、TMLCは急速な成長を続け、ビジネスをサポートする機能の開発に集中できます。

「マネージド・サービス・モデルを採用することで、追加のFTEを3名雇用する必要がなくなり、大幅なコスト削減になると推定しています」とRekau氏は言います。「少なくとも今後12か月間は、同じ人員で継続的な取引先の増加に快適に対応できると考えています。」

さらに彼女は次のように付け加えます。「新しい人員を追加する時期が来たとき、彼らのトレーニングは大幅に迅速かつ簡単になります。最近、チームに新しい人が加わりましたが、2週間も経たないうちに、彼女はIBM Sterling Supply Chain Business Networkに完全に慣れました。」

IBM Sterling Business Transaction Intelligenceが組織全体の非技術系EDIユーザーをサポートすることで、TMLCはトランザクションをこれまでより迅速に追跡できるようになります。

「IBM Sterling Business Transaction Intelligenceによって、当社のビジネス・ユーザーは、注文の開始から現金化までを簡単に追跡することができます」とRekau氏は説明します。「以前は、顧客から注文書のステータスについて問い合わせの電話があった場合、当社の注文管理担当者は、技術的なEDI文書から必要な情報をつなぎ合わせるのにかなりの時間を費やしていました。現在、私たちのチームはIBM Sterling Business Transaction Intelligenceを使用して、その複雑さを解消しています。その結果、顧客からの質問に対する回答を数分で見つけることができ、問題が発生した場合には、必要な情報を営業チームやコンプライアンス・チームに伝えることができます。」

彼女は次のように付け加えました。「このようなビジネス上の洞察は、当社の売掛金を担当するチームにとっても非常に貴重です。お客様が当社の請求書のいずれかを承認したが支払いを行わなかった場合、多くの場合、注文に関する追加情報が必要であることが考えられます。以前は、当社の売掛金担当者はこのデータを取得するためにEDIチームに依存していましたが、IBM Sterling Business Transaction Intelligenceのおかげで、今では自分たちで情報を取得できるようになり、プロセスが合理化されています。」

TMLCは、急速に変化するEDI要件をサポートするマネージド・サービスを利用して、すでに新しいビジネス・モデルのサポートを迅速に展開しています。TMLCがSentrySafeという大手金庫メーカーを買収したとき、同社の200の取引先マップを迅速に導入し、ドロップ・シップ注文を初めてサポートする必要がありました。

「SentrySafe EDIの移行を独自に実行していたら、プロセスが完了するまでに少なくとも12か月かかったと推定しています」とRekau氏は振り返ります。「IBMと協力することで、マッピング作業をわずか6か月以内に完了しました。50%の短縮です。」

ブラック・フライデーのような重要な小売イベントにおいて、IBM Sterling Supply Chain Business Networkの信頼性は、TMLCがあらゆる機会を活用するのに役立っています。

「小売業の年間を通じて、EDIトラフィックが約250%急増する時期があり、こうした顧客の多くは、注文をわずか48時間以内に発送することを必要としています」とRekau氏は結論付けています。「計画外のEDIダウンタイムは、1年を左右する可能性があります。私はIBM Sterling Supply Chain Business Networkの可用性について経営陣に毎月報告していますが、その可用性が100%を下回ることはありませんでした。当社のビジネスが成長を続ける中、世界中のより多くの取引先と効果的に連携するために必要なEDIプラットフォームを備えていると確信しています。」

Master Lock Companyのロゴ
Master Lock社

Master Lock Company(リンクはibm.com外部にあります)は、南京錠やセキュリティー製品で定評のあるブランドとして世界中で認められています。1921年の設立以来、同社は錠の設計、用途、性能において常に新しい基準を設定してきました。米国ウィスコンシン州に本社を置くTMLCは、南京錠と金庫の世界最大の製造業者および販売業者です。

次のステップ

IBM Sterling Supply Chain Business Networkの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトをご覧ください: https://www.ibm.com/jp-ja/products/supply-chain-business-network

詳細はこちら お客様事例はこちら
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722.

2018年7月、米国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.comは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/legal/copyright-trademark )でご確認いただけます。

Gentranは、IBM社のIBM International Group BVの登録商標です。

IBMが事業を展開している国または地域であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。