Tata Consultancy Services Ltd

IBM API Connectを活用して、オンプレミスおよびオフプレミス・ソリューションを統合

IBMビジネス・パートナーのビデオ:Tata Consultancy Services(TCS)社のAkhil Hada氏が、今日の企業が競争力を維持するためにクラウドベースのソリューションをどのように活用すべきか、またTCS社がIBM API Connect(旧API Management)を活用して、ハイブリッドクラウド・ソリューションを提供している方法について説明しています。

ビジネス上の課題の詳細

今日の企業は、これまで以上に迅速かつ簡単に新しい機能を取得し、市場に展開し、必要に応じて拡張する必要があると、Tata Consultancy Services社のアプリケーション・プラットフォームおよびAPI管理のグローバル・テクノロジー・リードであるAkhil Hada氏は言います。Hada氏によると、クラウドは今後の進むべき道ではあるものの、多くの組織は依然として、一部のシステムとデータをオンプレミスに保持する必要があると言います。

概要と経緯

TCS社は、IBM API Management(現API Connect)ソフトウェアを活用して、企業がオンプレミスとクラウドベースのシステムを安全かつ効率的に統合できるように支援しています。

コグニティブ・サービスやWatsonサービスなど、クラウド上でのみ利用できるサービスは数多くありますが、これらはオンプレミスでは利用できません。したがって、このサービスを活用したい場合、クラウドに移行する以外に選択肢はありません。そうでない場合、市場で最新のサービスを利用していないため、競合との競争から取り残されてしまいます。 Akhil Hada Global Technology Lead – Application Platform & API Management Tata Consultancy Services
メリット

ハイブリッド・クラウド・アプローチを採用することで、企業は両方の長所を活用できます。特定のシステム、アプリケーション、データをオンプレミスで完全に制御し続けながらも、クラウドの効率とイノベーションのポテンシャルを活かすことができます。

Tata Consultancy Services Limitedのロゴ
Tata Consultancy Services Limited(TCS)について

Tata Consultancy Services社(ibm.com外部へのリンク)は、過去50年間にわたり、世界の多くの大手企業と提携してきた、ITサービス、コンサルティング、ビジネス・ソリューション企業です。ムンバイに本社を置き、Tataグループに所属しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2016 IBM Corporation Software Group Route 100 Somers, NY 10589

2016年10月に米国で作成。

IBM、IBMのロゴ、ibm.com、IBM API Connect、およびIBM API Managementは、International Business Machines Corp. の商標であり、世界中の多くの国や地域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/legal/copyright-trademark )でご確認いただけます。

本資料は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際のパフォーマンス成果は特定の構成や作動条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。