現物市場やデリバティブ市場での売買取引から発生するあらゆるデータをIBM PureData System for Analyticsに集約し、全社標準のポリシーに基づいた形で加工・蓄積を行い、各業務部門に対する一元的なデータ集配信を担う“ハブ”に発展させるべく、第2フェーズのシステム構築に着手しました

—株式会社東京証券取引所 IT開発部 情報システム部長 坂本 忍氏,

Business Challenge story

株式市場の健全な発展のために、売買審査システムは取引データに対して株価操作に特有の“パターン”を照合し、不正行為の端緒を発見しています。2015年9月24日のarrowheadリニューアルによって取引量が大幅に増加した場合でも、審査部門の担当者がタイムリーな審査を行えるように、東京証券取引所は売買審査システムの全面的な刷新に踏み切り、arrowheadのリニューアルと同時に稼働を開始できるように準備を進めました。

Transformation

「処理能力の向上」と「よりシンプルなデータウェアハウス基盤構築」を要件として、ソリューションを募集し、複数の提案を比較検討した結果、IBM PureData System for Analyticsを選定しました。IBM PureData System for Analyticsはデータベースの物理設計やチューニングが不要なアーキテクチャーを採用しているため、インフラに関するテスト工数を低減し、アプリケーション開発に専念できます。また、ニューヨーク証券取引所への導入実績も安心感をもたらしました。

Benefits

arrowheadの稼働開始にともなって、取引件数はますます増加し、株価操作が疑われる取引の端緒を抽出するパターンも追加しましたが、売買審査システムの処理時間は以前の半分以下に短縮されています。IBM PureData System for Analyticsの導入費や運用費を売買審査システム全体で均した場合、トランザクションあたりの計算単価も従来の半分以下に抑えられています。 審査部門の担当者からは「以前と比べてより精緻な審査を行うことが可能となった」という声が寄せられています。

お客様情報

→株式会社東京証券取引所(外部サイトへリンク)

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです.

ソリューション PureData System for Analytics (powered by Netezza technology)

Solution Category

  • IBM Hybrid Cloud