PAPIRSでは、住所データや個人名が渡されるため、信頼性やセキュリティーが重要です。PAPIRSのような企業向けのBtoBサービスでは、機能に加えて、IBM製品を使っているという信頼感も大切です

—デジタルポスト株式会社 代表取締役社長 佐藤健太郎氏 ,

Business Challenge story

デジタルポストが提供するクラウド郵便サービスPAPIRSは、既存の郵便とインターネットをつなぐサービスです。PAPIRSはWeb APIなので、どのようなシステムからもつなぐことができます。アプリケーションの開発者は、PAPIRSのAPIによって、デジタルポストの印刷・郵送サービスを利用できます。公開以前は、印刷や郵送のためのAPIをどのようなレイヤや形で提供するかを個別に取り決めていたため、実際に利用し始める前にある程度のすりあわせが必要でした。

Transformation

デジタルポストは、印刷郵送APIサービスをPAPIRSとして公開するにあたって、サービスの信頼性を上げるためにIBM Bluemix上のIBM API Connectを採用しました。採用理由の1つは料金体系です。IBM API Connectの料金体系は、無料の利用枠が設けられた従量課金制なため、テスト段階では無料でIBM API Connectを利用し始めることができ、スモールスタートできます。また、もう1つの理由は、IBM API Connectの採用前にデジタルポストが作成したAPIに対して機能を補完できる点です。

Benefits

PAPIRSには多くの企業が関心を持ち、すでにいくつかの企業での利用が始まっています。クレジットカード情報を登録するだけで、デジタルポストと打ち合わせる必要がなく、その場ですぐに利用できます。また、これまで仕様書として提示されていた内容がWeb上で公開されています。これによって、それまで複雑なものが必要だと思われていたAPIサービスの利用イメージを、簡単なものだと知ってもらうきっかけにもなっています。さらに、PAPIRSでは、住所データや個人名が渡されるため、信頼性やセキュリティーが重要です。PAPIRSのような企業向けのBtoBサービスでは、機能に加えて、IBM製品を使っているという信頼感も大切です。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

IBM API Connect

Solution Category

  • IBM Cloud