プロセスとITの両輪で業務変革を起こしていくためにも、これまでのような個別のインターフェース開発でなく、ESBの導入が合っているのではないかと思いました

—京セラドキュメントソリューションズ株式会社 BPR推進本部 IT統括部 部長 森 哲也氏,

Business Challenge story

京セラドキュメントソリューションズは、世界中にある販売拠点ごとに個別最適化されたシステムを使ってきた結果、システム間連携のためのインターフェースの数が増え、複雑に絡み合い、メンテナンス工数が増加していました。また、データ連携のインターフェース開発に費やす時間が長く、経営戦略の実現に時間がかかるという課題も抱えていました。京セラドキュメントソリューションズは、さらなるグローバル展開と、今後のM&Aやパートナー数の増加に対応するため、各拠点の状況を迅速に本社で把握し経営判断に生かすためのシステム基盤を求めていました。

Transformation

京セラドキュメントソリューションズは、プロトコルの変換やデータ形式の変換処理を行うEnterprise Service Bus(ESB)製品の活用に着目しました。拡張性、可用性、グローバル対応などの観点で評価した上で、京セラドキュメントソリューションズのシステムを連携する基盤となるものとしてIBM Integration Busを選定しました。また、カノニカルモデルと呼ばれる共通データモデルによって、データを標準化できるようにもしました。

Benefits

IBM Integration Busの導入により、インターフェースの開発工数が削減し、戦略実現の早期化が可能になりました。M&Aやパートナー数の増加によって連携するシステムが増えても短期間で対応できることに加え、新しいビジネスやサービスを早期にグローバルに提供できます。京セラドキュメントソリューションズは、この連携基盤を活用してIoT(モノのインターネット)サービスの拡充を推進しています。

 

お客様名

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(外部サイトへリンク)

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

IBM Integration Bus

Solution Category

  • IBM Cloud