サントリーシステムテクノロジー株式会社
急がれるDX推進の担い手となるデジタル人材の育成。思考力強化と実践演習からなる研修をスタート

「人と自然と響きあう」を企業理念に、グローバル総合酒類食品企業として多彩な事業を展開するサントリーグループは、グループ全体のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進すべく、その担い手となるデジタル人材の育成に向けた取り組みを強化しています。その一環として導入したのが、IBMのデジタル人材育成研修です。グループ内のIT機能会社であるサントリーシステムテクノロジー株式会社(以下、SST)の主導のもと、2020年11月から2021年1月にかけて第1期の研修を開催したところ、関係者から高い評価を獲得。たしかな手応えをつかみ、いよいよこの研修を広くサントリーグループに拡大していこうとしています。

ビジネス上の課題

不確実になっていく将来に対応し、激化する競争を生き抜いていくために、デジタルを活用して新しいビジネスやサービスを創出していく取り組みが重要です。サントリーグループでは、グループ内のIT機能会社、SSTが主導して、ビジネス課題を熟知した各部門が自らデジタルを活用できるように、デジタル人材をグループ全体で育成するための研修を開始することを決定しました。

概要と経緯

研修カリキュラムを模索していたSSTに対して、IBMがデータ分析にフォーカスしたデジタル人材育成研修を提案しました。IBMのカリキュラムは、座学では、DX推進を担っていく人材に必須のスキルである、ロジカル・シンキング、ラテラル・シンキング、システム・シンキングなど思考力強化に重点を置き、その上で各部門の実際のビジネス課題やデータを題材としてデータ分析を行い、成果を発表するという実践演習を組み込めて、常に実践を重視するサントリーグループの思考にフィットしていました。SSTは2020年11月から2021年1月にかけて第1期の研修を実施すべく準備を開始しました。

効果と今後の展望

デジタル人材育成研修は、2020年11月から毎週1回のペースで計8回にわたって開催されました。1~2時間の思考力強化の講義を行い、その後2~3時間をかけて実践演習を行い、第6回以降の実践演習では、チーム単位での提案内容の議論および発表が行われました。受講生および最終報告会に参加したその上司などから非常に高い評価を得ることができました。サントリーホールディングス株式会社の人材育成担当部門ともこのデジタル人材育成研修の意義と重要性を共通認識としており、2021年度も第2期研修を開催し、第2期からは全国から受講者を公募する予定です。

[製品・サービス・技術情報]
当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

  • デジタル人材育成研修

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、事例PDFよりご覧いただけます。

座学で技術や知識を教えるだけでなく、実際のビジネス課題やデータを題材としてデータ分析を行い、成果を発表するという実践演習を組み込めることに魅力を感じました 佐藤 実氏 企画部長 サントリーシステムテクノロジー株式会社

次のステップ
事例PDFダウンロード 他のお客様事例を見る

Copyright IBM Corporation.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Consultingは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本事例は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
記載の事例は特定のお客様に関するものであり、全ての場合において同等の効果が得られることを意味するものではありません。効果はお客様の環境その他の要因によって異なります。製品、サービスなどの詳細については、弊社もしくはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。