ホーム お客様事例 Sterling oms Instana フルスタックの可観測性により、ブラックフライデー期間中に卓越したパフォーマンスと注文管理を実現
IBM Sterling OMS + IBM Instana
保管倉庫でノートPCを操作する女性在庫マネージャー

ブラックフライデーの時期に、世界トップクラスの小売業者の多くが貴社のソリューションを利用してビジネスを展開しているなら、貴社のソリューションのパフォーマンスは向上します。2023年のホリデー・シーズン中、IBM® Sterling Order Managementソフトウェア(OMS)チームは、 IBM® Instana Observabilityソリューションを使用して優れたパフォーマンスを維持し、注文と収益の記録を塗り替えました。

IBM Sterling OMSのSaaSバージョンは、大規模なオンライン・マーケットプレイスからファッション・アパレルや子供向けギフトの人気ショップまで、米国内外の数多くの有名ブランドのリアルタイムの注文および在庫管理を容易にします。このような企業にとって、OMSシステムが一瞬でも機能不全に陥ると、損失が発生します。ブラックフライデーやその他の季節的なピーク時には、その額は数百万ドルにも上る可能性があります。

IBMのSterling OMSチームは、何が問題となっているかを理解しており、顧客に対して99.9999%のアップタイムというサービス・レベル・アグリーメント(SLA)を約束しています。しかし、このSLAを遵守するのは簡単なことではありません。

IBM Sterling OMS SaaSテクノロジー・スタック

  • データベース・コンポーネント:IBM® Db2、NoSQL、Cassandra、MongoDB、Elastic Search
  • メッセージング:IBM MQ、Kafka
  • ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN):ISTIOサービス・メッシュ
  • AIワークロードをサポートするApache SparkとApache Hadoop
  • 20個以上のIBM® Cloud Kubernetes Serviceクラスター、900個以上のワーカー・ノード、6万個のアクティブなコンテナー
  • 近日公開予定:コールセンターのサービスを強化するための大規模言語モデル(LLM)AIユースケース

SaaS OMSソリューションは、300を超えるクライアント環境をホストし、それらを多様なテクノロジー・スタックと統合します。「それぞれの顧客環境は複雑でユニークです」とIBMの注文管理開発担当ディレクターであるPradeep Nanjundaswamyは述べています。「どのような実装でも、決済システム、ERP、配送サービスなどの外部システムとの統合が少なくとも20個程度あります。」異種スタック全体のパフォーマンスを監視することは必須です。各コンポーネントは全体的な高可用性にとって極めて重要です。

150億回 1 週間のAPIコール 1秒以内 平均応答時間
今年は、Instanaを監視システムとして使用してホリデー・シーズンを迎えた最初の年でした。2023年には150億回のAPIコールがありましたが、重大度1のインシデントやエスカレーションは発生しませんでした。全体的に、スムーズでした。 Pradeep Nanjundaswamy 注文管理開発担当ディレクター IBM
複雑さをシンプルにする可視性

2023年の初めに、Sterling OMSチームは、以前のサードパーティー製のパフォーマンス監視ソリューションをIBM Instana Observabilityに置き換えました。

ブラックフライデーは、新しい体制になって初めて季節的な急増が発生する時期になるでしょう。しかし、Instanaをテストし始めた時から、OMSチームはホリデー・シーズンにも役立つと思われる利点に気付いていました。「以前のソリューションでは多くのカスタム統合が必要でしたが、Instanaのすぐに使用できる統合に置き換えることができました」と、Sterlingチームのテクニカル・リード兼サイト信頼性エンジニア・アドバイザーのShoeb Bihari氏は述べています。

ユーザー・インターフェースも改善されました。「他のソリューションでは、その画面をセルフサービス・ツールに組み込む必要がありました」とNanjundaswamyは説明します。「Instanaでは、Instana APIを活用してユーザー画面を書き直しました。そして、ユーザー・エクスペリエンスは大幅に向上しました。」

OMSサポート・チームは現在、Instanaを使用してシステムの健全性とパフォーマンスをリアルタイムで監視し、SLAに従って介入しています。「ブラウザベースの監視を、アプリケーション・レベルとインフラストラクチャーを対象に行っています」と、Sterlingチームのシニア・テクニカル・スタッフ・メンバーであるDinup Pillai氏は述べています。これには、さまざまな場所からのエンドユーザーのアクションをシミュレートし、可用性と応答時間を継続的に監視する外形監視(Synthetic Monitoring、アクティブ監視とも呼ばれる)が含まれます。「パフォーマンス上の問題が発生した場合、自動アラートにより、応答時間を最小限に抑えます」とPillai氏は言います。

また、チームはInstanaの柔軟性を活用して、APIレベルおよびビジネス・レベルのメトリクス用にパーソナライズされたダッシュボードとアラートを作成しています。これらは、クライアントと社内の担当者に役割ベースの可視性を提供できます。クライアントは、注文量や来店率などのビジネス・パフォーマンスをリアルタイムで把握できます。

ブラックフライデーでも大丈夫

ブラックフライデーがやってくると、顧客の注文量は通常の20倍~30倍にも膨れ上がり、それが1週間続きました。2022年の感謝祭の週には、60億回以上のAPIコール1がOMSシステムを襲いました。1年後、APIコールは約150億回に達し、前年比120%増となりました。

では、システムはどうだったのでしょうか。

ほとんどのAPIコールの応答時間は1秒以内でした。「今年は、Instanaを監視システムとして使用してホリデーシーズンを迎えた最初の年でした」とNanjundaswamy氏は言います。「2023年には150億回のAPIコールがありましたが、重大度1のインシデントやエスカレーションは発生しませんでした。全体的に、スムーズでした。

青い8本の棒からなるIBMのロゴsvg
IBM Sterling Order Managementチームについて

IBM Sterling(ibm.com外部へのリンク)ソリューションとサービスは、実績のある信頼性の高い接続性、エンドツーエンドの可視性、リアルタイムの洞察を提供し、潜在的な混乱を顧客エンゲージメント、成長、利益の機会に変えます。ソリューションには、IBM Sterling Order Managementなどのサプライチェーンの持続可能性ソフトウェアが含まれます。IBM Sterling Order Managementは、チャネルやフルフィルメントセンター全体のプロセスをリアルタイムで管理および最適化する注文処理ソフトウェアです。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

 

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ
出典

1IBMが保持する内部データによると、2022年の感謝祭の週には、60億回以上のAPIコールがありました。

法務

© Copyright IBM Corporation 2024.IBM、IBMロゴ、Db2、IBM Cloud、IBM Instana、およびIBM Sterlingは、米国およびその他の国における IBM Corp. の商標または登録商標です。本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国または地域であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBMの製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。他の運用環境における実際のパフォーマンス、コスト、節約、またはその他の成果は異なる場合があります。