Rabobankにおけるサイロの解消とアプリのパフォーマンス保証
農業金融の世界的リーダーがハイブリッド環境を管理するためにフルスタックの可視性とAIによるオートメーションをどのように活用しているか
削減額を推定 無料評価版を試す

Rabobankの最大の目標は、オランダに富を創出し、世界中の食糧不足の解決に貢献することです。これらの目標の達成は、優れたエンドユーザー体験の提供によって左右されます。カスタマー・エクスペリエンスに対するこの取り組みの重要な要素は、アプリケーションのパフォーマンスを保証することです。

AIを活用したハイブリッド・クラウドのコスト最適化テクノロジーの検討を開始したとき、RabobankのITチームは、急速に進化する状況下で、すでに複雑な VMware-Hyper-Vハイブリッド環境を管理していました。将来的にイノベーションを起こす能力を維持しながら、2万台の既存の仮想マシン (VM) のパフォーマンスを最適化する必要がありました。現在の環境内で絶えず変化する需要を避けられないため、オーバープロビジョンは持続可能な選択肢ではありませんでした。RabobankのITチームは高いパフォーマンスを発揮していましたが、手動で目標応答時間を維持できませんでした。さらに、環境を監視するために異種のツールに依存しているため、リソースの決定事項を実行する前に、その決定事項が与える影響を100%確信することも叶いませんでした。リソース配分は人的規模を超えた問題でした。

ハードウェアの削減

 

IBM Turbonomicのフルスタックの可視性を実装することで、Rabobankはハードウェアの削減を15%~23%まで達成しました。

パフォーマンスの向上

 

ARMテクノロジーにより、Rabobankは仮想マシン2万台のパフォーマンスを保証

IBM Turbonomicのフルスタックの可視性は、ハードウェア15%~23%の削減に貢献しただけではありません。市場投入までの時間を短縮し、アプリケーションの応答時間を改善することで、カスタマー・エクスペリエンスの向上も実現しました。 Colin Chatelier氏 ストレージとコンピューティング担当マネージャー Rabobank
フルスタックの可視化と自動化によるパフォーマンスの保証

オンプレミス環境でアプリケーションのパフォーマンスを保証するために、Rabobank社はまず環境全体の包括的な見解を必要としました。リソースを再配分する必要のある場所を確認できるように、アプリケーションとインフラストラクチャー間の関係を理解する必要がありました。

Rabobankの全スタック(アプリケーション、インフラ、ネットワーク)からデータを収集することで、 IBM® Turbonomic® ハイブリッド・クラウド・コスト最適化ソリューションを使用したRabobank社は、さまざまなサイロから単一の共通データモデルへのデータ相関を実行できます。この総体的なインサイトにより、Rabobankはアプリケーションの遅延を事前に防止し、リソース変更の実施によってボトルネックが別のレイヤーに移動しないようにできます。また、キャパシティ・プランニングに関しても、効率性と一貫性を高めることが可能です。事前に構築されたワークフローにより、構成変更による運用上および財務上の影響を数日または数週間ではなく数分で判断できるため、市場投入までの時間が短縮され、ハードウェア投資の精度も向上します。

導入が始まると、RabobankはTurbonomicを使用して、テスト環境と実稼働環境でのハードウェア統合をモデル化しました。この統合演習を実行すると、276個の仮想CPU(vCPU)に相当する 15%~23%のハードウェア削減につながりました。ハードウェアコストの回避だけでも400万ユーロを超えました。Turbonomicは、パフォーマンスに悪影響を与えることなく、より少ないマシンへのワークロード統合に成功したため、チームはTurbonomicとVMwareのタグを使用してソフトウェア・ライセンスのリング・フェンシングを実装しました。これは、パフォーマンスを損なうことなく、ハードウェア統合の実行と同様に財務的にも有益であると証明されました。

動的で要求の厳しい環境で2万台を超えるVMを管理する場合、アプリケーションが必要なときに必要なリソースを確保するIBM Turbonomicが信頼できると、私たちは経験から知っています。 Colin Chatelier氏 ストレージとコンピューティング担当マネージャー Rabobank
サイロを解消してDevOpsを有効にする

さらに、IBM Turbonomicは、Rabobankチームがアプリケーション所有者とインフラストラクチャー運用チーム間のサイロを解消し、DevOpsを可能にするのに役立ちました。Turbonomicを使用することで、自社の環境とリソース決定の影響について新たなレベルのインサイトを得られたため、このギャップを埋めることができました。TurbonomicはDynatraceと統合されているため、vMotionとライブ・マイグレーションの決定を完全に自動化したときに、アプリケーションの応答時間が向上するという明確な証拠をRabobankは手に入れました。

また同チームは、承認された変更期間中にTurbonomicのサイズ変更機能を手作業ベースで使用しています。さらに、毎月のパッチ適用やリリース・サイクルなどのイベントに続くアプリケーションの動作の変化に対応できました。これにより、インフラストラクチャー運用チームはアプリケーション所有者との信頼関係を築くことが可能になりました。彼らは、効率を高めコスト削減を推進しても、アプリケーションのパフォーマンスが損なわれないことを示すデータを大量に持っていました。むしろ、アプリケーションの応答時間が改善されたことが示すように、環境全体のパフォーマンスが向上しており、これによってチームはイノベーションに集中できるようになりました。

Rabobank社は今後も革新を続けながら、優れたエンドユーザー体験を提供するという使命に引き続き取り組んでいきます。IBM WebSphere® Application Serverなどのツールとの統合により、ボトルネックの特定と解決を促し、顧客エクスペリエンスとビジネス価値の両方を最大化するより詳細なインサイトが得られます。同チームは、必要なリソースに応じてVMを拡大または縮小する可能性を検討しています。動的で要求の厳しい環境で2万台を超えるVMを管理する際に、同チームは Turbonomicに多くのタスクを任せることに慣れてきました。

Rabobankのロゴ
Rabobank社について

125年前に設立された Rabobank (リンクはibm.comの外にあります) は、オランダに本社を置く協同組合銀行で、不動産、住宅ローン、リースソリューションなどの分野で、個人および法人顧客に幅広い金融商品を提供しています。Rabobankは設立以来、重要な社会的課題を克服できる将来性のある社会の構築に専念してきました。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る J.B. Hunt Transport, Inc.

Fortune 500 の運輸業界のリーダーが別のクラウドに安全に移行

お客様事例はこちら
Carhartt社

記録的なホリデーセールを達成した電動的ブランド

お客様事例はこちら
Providence社

クラウド導入を加速して医療を強化

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2022. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年10月米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、UrbanCode、WebSphereは、世界の多くの国で登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストはWebサイトibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。