App Connectを展開することで、より高品質なサービス提供につながると期待しています

—株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ 代表取締役常務 小川 兼一郎 氏,

Business Challenge story

企業においてSAPを活用する場合、SAPを単体で活用するケースは少なく、オンプレミス上のほかのシステムやアプリケーション、クラウドから提供されるSaaS型アプリケーション、海外拠点のSAPなど、さまざまなシステムと接続する必要があります。そうした連携へのサポートをより強化するため、NTTデータGSLは「Smart Connection」をキーワードとした取り組みを開始しました。システム連携をサポートする対策として、以前よりオンプレミスで活用する国内ベンダーのツールを提供してきましたが、グローバル対応、クラウド(SaaS)対応、SAP製品との親和性確保といった観点からより最適なソリューションを検討することになりました。

Transformation

NTTデータGSLは新しいEAIソリューションを選ぶために複数のツールを比較検討。その結果、App Connectの採用を決定しました。App Connectは接続するサービスの選択肢が豊富で、それらを簡単な操作で連携させることが可能になります。またApp Connectはオンプレミス型以外にSaaS型でも提供されていることから、小規模の顧客であっても従量課金制によって低価格で活用できることもメリットになっています。クラウド版のSAPを活用している顧客に対してApp Connectもクラウドから提供することで、より強力にデジタル・トランスフォーメーションをサポートすることを実現します。

Benefits

NTTデータGSLは、App Connectを使ったサービス提供の体制を整備し、単にApp Connectを提供するだけではなく、アプリケーション統合プロジェクトの設計、構成、運用管理までを請け負い、ワンストップでサポートできる環境を用意しました。SAP Business ByDesignや中堅企業向けのクラウド型SAPサービスであるGBMT(Global Business Model for Trading Company) Cloudなどと一緒に展開していくことが予定されています。顧客にとっては統合ツールを従量課金で活用できるというメリットがあり、より高品質なサービス提供につながると期待されています。

 

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

  • IBM App Connect Professional

Solution Category

  • IBM Cloud