ホーム ケーススタディ QBE Insurance Group - ハイブリッドクラウド QBEインシュアランス・グループ
自動化を通じて、統合されたエンドツーエンドの開発環境を2時間以内に導入
ノートパソコンを見ている2人

QBEのITチームにとって、アプリケーション開発と提供の最先端を維持することは、競争の激しいグローバル企業の要求を満たす上で最も重要なことです。IBM UrbanCode Blueprint Designer機能を備えたIBM® UrbanCode® Deployソリューションを使用することで、同チームはリソースを節約し、コストを削減しながら、これまでよりも迅速に開発環境を立ち上げることができるようになります。

ビジネス上の課題

QBE Insurance GroupのグローバルIT部門は、ビジネス需要に対応し続けるため、インフラ構築とアプリケーション提供を迅速化する、スケーラブルで集中型の導入ソリューションを求めていました。

概要と経緯

UrbanCode Blueprint Designer機能を搭載したUrbanCode Deployプラットフォームは、企業の地理的範囲にまたがってQBE開発者にセルフサービス・ポータルへのアクセスを提供し、インフラストラクチャーを迅速に展開できるようにします。

成果 2か月~2時間未満で

統合されたエンドツーエンドの開発環境を導入し

コスト削減

使い捨てのインフラストラクチャーでリソースを節約

アプリケーション環境のモダナイゼーションと

クラウドへの移行の進行を推進

ビジネス上の課題の詳細
スケーラブルでより迅速な導入への需要

国際的な保険会社として、QBEはオーストラリア、欧州、アジア、北米でIT事業を展開し、31か国の事業部門をサポートしています。同社のITチームにとって、アプリケーション開発と提供のスピード、敏捷性、最先端を維持することは、競争の激しいグローバル企業の要求を満たす上で最も重要なことです。

QBEのITスタッフは、社内でコア・ビジネス・アプリケーションを開発していたため、プロジェクトごとに開発環境を構築するように依頼を出す必要がありました。構築には、サーバー、オペレーティング・システム(OS)ツール、ソフトウェア、サービスアカウント、データベース、DNSエントリー、ロード・バランサー、ファイアウォールなどの複数のインフラストラクチャー・チームが必要でしたが、環境の提供期間が2か月を超えることがよくありました。

さらに、すぐに利用できるリソースが不足しているため、大規模な開発プロジェクトを並行して実行することが困難であり、提供のボトルネックにつながりっていました。QBE ITグループは、構築と導入のプロセスを加速するために自動化システムを構築しましたが、プラットフォームは北米に拠点を置いており、地域を越えて拡張することができませんでした。

UrbanCode Deployを使用すると、完全な開発環境を非常に迅速に立ち上げられることがわかったので、私たちはすぐにソリューションを他のリージョンに拡張したいと考えました。この作業は、QBE内での「コード型インフラストラクチャー」の工程の始まりでした。 グローバル技術主任 Syed Ataur氏 QBEインシュアランス・グループ
概要と経緯の詳細
協働を通じて厳しい納期を厳守

QBE はUrbanCode Deploy 自動アプリケーション導入の概念実証(POC)の開始を支援してくれるようIBMに依頼しました。同社は、テストを高速化し、クラウドベースの環境への迅速なプロビジョニングと導入を可能にするよう設計された、このツールのUrbanCode Blueprint Designerコンポーネントの調査にも興味を持っていました。

北米を拠点としたPOCの成功を受けて、QBEの経営層は、地域を超えて UrbanCode Deployの完全な実装を進めたいと熱望していました。「UrbanCode Deployを使用すると、完全な開発環境を非常に迅速に立ち上げられることがわかったので、すぐにソリューションを他のリージョンに拡張したいと考えました」とQBEのグローバル技術主任、Syed Ataur氏は語ります。

QBEとIBMは厳しいスケジュールの中、Blueprint Designerモジュールを搭載した拡張型UrbanCode Deployソリューションを設計し、導入しました。「主要アプリケーション向けのエンドツーエンドの開発環境を提供するこの機能を構築するのに6か月かかりました」と Ataur氏は言います。「わずか4~5か月で、本番稼働を開始しました」

Blueprint Designer:「一度構築すれば、何度でも導入可能」

この実装により、QBEのグローバルITチームは、必要に応じて開発インフラストラクチャーを迅速に立ち上げ、簡単に廃止できる一元化されたセルフサービス・ポータルを入手できます。UrbanCode Deployプラットフォームは、フルスタック・テンプレートを作成するためのBlueprint Designer機能などのインフラストラクチャー・リソースにアクセスできる、開発者向けフロントエンド・インターフェースになります。

QBE開発者はBlueprint Designerテンプレートを使用して、完全にネットワーク化された仮想マシンなど、短期間のテスト目的または長期プロジェクト用のインフラストラクチャーを迅速に起動できます。さらに、ITグループは、この機能を使用して、パブリック環境またはプライベート環境へのアプリの導入を自動化できます。「一度構築すれば何度でも導入可能』という一元化された開発者向けのシナリオが実現しました」とAtaur氏は言います。

さらに、QBEの地域データ・サイエンティスト・チームは、UrbanCodeソリューションを使用して、同社の有料データ分析プラットフォーム(GDAP)のインフラストラクチャーを導入しています。合計すると、QBEはこのプラットフォームを約400のアプリケーションと組み合わせて使用し、コア・ビジネス・プロセスを自動化するテクノロジーも採用しています。

エンドツーエンドのアプリケーション・ソリューションを2時間以内に自動化して提供できることは、QBEにとってまさに変革です。開発チームとプロジェクトの全体的な生産性を向上させるこの機能は、製品をより迅速に製品化するという顧客のニーズと期待に応えるのに大いに役立っています。 テクニカル・サービスのグローバル主任 Kelly Mikula氏 QBEインシュアランス・グループ
成果の詳細
導入と提供の劇的な加速

UrbanCode DeployとBlueprint Designerソリューションにより、QBEは構築と導入の開発業務を大幅に加速し、新しいアプリケーションの市場投入までの時間を短縮しました。「これらの機能を導入した結果、オーストラリアのビジネスに不可欠なシステム2つについて、エンドツーエンドの開発環境の導入時間が2か月から2時間未満に短縮されました」とAtaur氏は言います。「より迅速に対応できるようになったことで、応答性とビジネスへの同時提供が大幅に改善されました。」

UrbanCode Deployプラットフォームは、インフラストラクチャーとアプリケーションの導入を迅速化するだけでなく、QBEがリソース使用量を節約し、コストを削減するのにも役立ちます。開発者は使用後の環境を迅速かつ簡単に廃棄できますが、稼働したままにしておくと、UrbanCodeプラットフォームは、30日間非アクティブになるとインフラストラクチャーを自動的にシャットダウンします。

さらに、このソリューションは、一元化されたホスティングおよび管理機能を提供し、QBEの時間と労力を大幅に節約しています。「以前は、たとえばオーストラリアのデータセンターで特定のアプリケーションをホストするには、多くのカスタマイズを行う必要がありました」と Ataur 氏は言います 「UrbanCode はまったく別の話で、一元的な管理が可能です。北米にマスター・インスタンスが1つあり、それはオーストラリアと欧州でも機能しています。パッチ適用や保守の観点からも非常に便利です」

アジャイル開発機能が増えることは、QBEのユーザー・ベースにとってメリットになります。迅速な導入と毎月のリリースにより、従業員は継続的に更新されるアプリケーションを使用して作業することができ、機能強化や変更の要求がより迅速に満たされるようになります。

最後に、UrbanCodeの導入は、アプリケーション環境をモダナイズし、クラウド・インフラストラクチャーへの移行を継続するというQBEの全社的な取り組みにおいて、重要な役割を果たしています。UrbanCodeプラットフォームをオープンソースのTerraformソフトウェアと統合することで、QBEのITチームは組織のさまざまな地域でサポート終了アプリケーションをより簡単に置き換え、クラウド環境でベンダーベースの新しいサービスを実行できるようになります。

「当社のUrbanCodeソリューションは、フルスタック・アプリの導入にかかる時間を節約するだけではありません」と Ataur 氏は言います。「ターゲットとなるクラウド・プラットフォームにおける柔軟性も重要です。ビジネスのニーズの変化に応じて、クラウド・ベンダー間で簡単に移行できると期待しています」

オーストラリアにあるビジネスに不可欠な2つのシステムでは、エンドツーエンドの開発環境の導入時間を2か月から2時間未満に短縮しました。 グローバル技術主任 Syed Ataur氏 QBEインシュアランス・グループ
QBEのロゴ
QBE Insurance Groupについて

1886年に設立されたQBE(ibm.com外部のリンク)は、国際的な損害保険および再保険会社であり、事業全体を通じて、商業、個人、特殊製品、およびリスク管理ソリューションを幅広く顧客に提供しています。QBEの目的は、人々に野心を達成するための自信をつけさせることです。

QBEはオーストラリア証券取引所(ASX)に上場しており、本社はオーストラリアのシドニーにあります。同社は、国際、北米、オーストラリア太平洋の3部門で12,000人以上を雇用しています。これら3つの部門は、世界31か国にまたがっています。

次のステップ

この記事で取り上げたIBMソリューションの詳細や、独自のモダナイゼーション工程を開始する方法については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、以下のWebサイトをご覧ください。

Blueprint DesignerモジュールはIBM Cloud® Automation ManagerおよびIBM Cloud Pak® for Multicloud Managementソリューションでも提供されています。

IBM Cloud Pak for Applicationsプラットフォームを使用して、既存のアプリを最新化し、新しいクラウドネイティブ・アプリを構築する方法をご覧ください。

IBM DevOpsモダナイゼーションの専門家による無料コンサルティングをご依頼ください。

次へ: IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation, IBM Cloud, New Orchard Road, Armonk, NY 10504-1722

米国製作、2018年12月

IBM、IBMのロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Cloud Pak、およびUrbanCodeは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。