[お客様課題 ]

PNC Financial Services Groupは新しいビジネス・ルールのソリューションを求めていました。 ルールとポリシーの多くがJavaとMicrosoft .NETプログラムの中にハードコーディングされており、 それらを変更することが非常に困難でした。

[ソリューション]

PNCは、IBM Business Automation WorkflowとIBM Operational Decision Managerソフトウェアを組み合わせることにより、50のビジネス・プロセスを自動化するために、500万を超えるビジネス・ルールを本番適用しました。

[効果]

80~90%削減

マニュアルによる確認が必要な融資申請において、増員することなく、企業統合による増加した作業に対応

目視検査による多くの規制対応が必要なコンプライアンス報告の簡素化

[お客様課題 ]

ルールの柔軟性の向上

2008年、PNCは、米国オハイオ州クリーブランドに本拠を置く銀行持株会社National City Corp.を買収しました。当時、National Cityは、IBM Business Automation Workflowソフトウェアを使用して、マニュアルによる紙ベースのプロセスを削減していました。

買収後、PNCは全社的にプロセス自動化プラットフォームを採用することを決定しました。PNC銀行は、IBM Business Automation Workflowソフトウェアのプロセス管理機能を使用して、住宅担保ローン、最大貸付金額、分割払い貸付のプロセスなど、複数の業務部門にまたがるビジネス・プロセスを自動化しました。その後、PNCはビジネス・ルールのソリューションの見直しの検討を始めました。

ルールとポリシーの多くがJavaとMicrosoft .NETプログラムの中にハードコーディングされており、それらを変更することが非常に困難でした。業務部門は、独自のルールを開発し、テストし、維持するための俊敏性と柔軟性を求めていました。

「私たちは、個人向け、法人向けの銀行業務、ヘルスケアなど、いくつかの分野でポリシーを管理する事業部門からの要求から、より堅牢で柔軟なビジネス・ルール機能を検討し始めました。」 PNC Financial Service Group   アーキテクト兼ITマネージャー、Muthu Venkataraman氏

「PNCの融資プロセスの自動化には、ポリシー管理も必要でした。IBM Operational Decision Managerのような製品がなければ、今日、500万のルールを管理することはできません。」 PNC Financial Service Group  ITディレクター Jon Phillips氏

PNCの融資プロセスの自動化には、ポリシー管理も必要でした。IBM Operational Decision Managerのような製品がなければ、今日、500万のルールを管理することはできません。

PNC Financial Service Group ITディレクター Jon Phillips氏

[ソリューション]

ビジネス・プロセスの自動化

提案依頼書(RFP)のプロセスをへて、PNCはIBM Operational Decision Manageソフトウェアを選択しました。

「Operational Decision Managerがもたらしたのは、強力なビジネス用語で記述・定義した表(テーブル)でした」と、PNCのITディレクターのJon Phillips氏は述べています。

「このプラットフォームにより、市場の他の多くのプラットフォームで使用されている技術用語ではなく、ビジネス部門の担当者が理解できる用語を使用してルールを構築、開発、実装できます。」

IBM Business Automation WorkflowとOperational Decision Managerソフトウェアが提供するプロセス管理機能を組み合わせることで、PNCは、銀行の複数の業務部門にまたがる50ビジネス・プロセスを自動化するために、500万を超えるビジネス・ルールを本番適用しました。さらに、PNCは、このプラットフォームによって、タスク・レベルと全体的なプロセス・レベルでプロセスに関するメトリックを取得できるため、プロセスを継続的に改善、改良していくのにも役立ちます。この可視性により、規制に対する準拠の状態を確認することも容易になります。

「融資申請の決定に至るまでに行ったプロセスの100%を示し偏見がなく、事実のみに基づいて決定が行われたということを提示することができます」と、Phillips氏は言います。「また、さまざまな規制への準拠を実証するために、オンデマンドでの自動化された月末レポートを作成することもできます。」

[効果]

プロセス管理ワークロードの削減

PNCは、Operational Decision Managerと連動したBusiness Automation Workflowを介することで、大部分の消費者向け貸付プロセスを管理しています。これまで、PNCの行員が、処理が完了した後、融資を100%確認する必要がありました。

現在、Business Automation WorkflowとOperational Decision Managerの組み合わせを使用することにより、行員は例外の融資案件を確認するだけでよくなります。これは融資案件の約10〜20パーセントです。

「過去に精査しなければならなかった80%以上のマニュアルでの確認作業の削減に成功しました」と、Phillips氏は言います。

効率が向上したことでPNCは、増員することなく、大規模な企業統合によって増大したワークロードを処理できるようになりました。

「Royal Bank of Canadaの米国支店を買収しました」と、Phillips氏は言います。「そして、その企業統合による作業を増員せずに引き受けることができました。」

「IBMは、私たちのニーズに耳を傾け、それらをロードマップに組み込み、製品の将来のバージョンに取り込むという点で、長年にわたって素晴らしいパートナーです」と、Phillips氏は言います。

PNC

PNC Financial Services Groupについて

米国ペンシルベニア州ピッツバーグに本社を置くPNC Financial Services Groupは、52,000人以上の従業員を擁する金融サービス会社です。このグループは、預金、貸付、現金管理、投資サービスなどのリテール・バンキング・サービスを、19以上の州とワシントンDCの、600万を超える個人と中小企業のお客様に提供しています。PNCグループには、資産管理、企業・機関向け銀行業務、住宅ローン業務の部門もあります。

[製品・サービス・技術 情報]

  • IBM Business Automation Workflow
  • IBM Operational Decision Manager

IBM Business Automation WorkflowおよびIBM Operational Decision Managerソフトウェアの詳細については、こちらのサイトをご覧ください。

→ IBM Business Automation Workflow

→ IBM Operational Decision Manager

→ IBM Cloud Pak for Business Automation