Business Challenge story

シンクライアント・システムを複数拠点に拡大。データ量増大に備えてストレージも強化

生協ひろしまでは2010年4月に、メインオフィスにシンクライアント・システムをすでに導入済みです。組合員管理、商品企画、受発注業務などの基幹業務システムや店舗POSデータなど、重要度の高い業務で活用しています。

シンクライアント・システムを導入した理由を、生協ひろしまの管理部 システム運用グループ 伊藤大亮氏は次のように語ります。「従来のファットクライアントでは、機器の故障のたびにマシンの再作成や発送、設置といった一連の運用にかなりの時間を要していました。また、端末からの情報漏えいといった部分においても、仮想デスクトップ環境を導入することで集中管理が可能となります。このことで、単純なUSBデバイスの制御といったことだけでなく、そもそものセキュリティー上の弱点を減らす事が可能であると判断しました。サーバーの仮想化はすでに実施しており、マシン集約の利点については十分把握しています。これをPC環境についても統合・集約することで省電力、環境への配慮も達成できるものと考えました」。

また伊藤氏は、シンクライアント・システムを導入した効果について、「生協の職員が使用する基幹業務システムをシンクライアント環境に移行したことで、アプリケーション・レスポンスの向上、情報セキュリティーの強化、システム変更時の業務継続性、端末の一元管理による運用管理性の向上など、さまざまな成果を生み出しています」と話します。

導入したシンクライアント・システムが効果を発揮し始めてきたことから、その利用範囲を複数の店舗や支所へ拡大することを検討。現在利用しているシンクライアント・システムは、基幹システムで利用されているために、複数の店舗や支所に拡張するためには、システム全体に高いパフォーマンスが要求されました。

伊藤氏は、「今後、さらにシンクライアント化が進み、仮想PCの台数が増えると、発生するデータ量も大幅に増大することが予想されるので、ストレージの追加を検討していました。また必要なタイミングで柔軟にストレージを拡張ができることも必要です。さらにシステムの変更時に業務への影響を最小限にとどめることも重要でした」と話します。

Transformation

高い性能を発揮できるアルゴリズムと柔軟なストレージ追加機能でIBM DS3500を採用

生協ひろしまと広島情報シンフォニーは、2010年11月より新しいシンクライアント・システムの構築プロジェクトをスタート。検討の結果、2010年12月にIBM DS3500の採用を決定し、2011年2月よりシステムの構築を開始します。その後、テストを実施して、2011年4月に新しいシンクライアント・システムを本番稼働しています。

今回、構築したシンクライアント・システムは、新たなデータセンター環境に導入された5台のIBM x3650上に、Citrix XenDesktopによる仮想デスクトップ環境を構築し、各事業所からVPN接続でシンクライアント環境を利用できる仕組みになっています。

この新しいシンクライアント・システムを支えるストレージ・ソリューションとして、IBM DS3500が導入されていますが、8GbのFCによるSANで構成されています。IBM DS3500が採用された理由を、広島情報シンフォニーのインフラソリューション部 主任 山重崇人氏は次のように語ります。「今後の拡張を踏まえ、導入直後の状態だけでなく、接続するサーバーや管理するストレージ容量が増えたとしてもパフォーマンスを維持できる構成とする必要がありました。当初はiSCSIやSASといった構成も検討しましたが、低レイテンシーや柔軟な構成といった点に重点を置きFCでの構成としました。また、共有ストレージはサービスを継続する上で肝となる装置ですので、コントローラーや電源、SANスイッチといった経路について冗長構成としました。シンクライアント・システムでは、複数の仮想PCが起動しますが、似たようなディスクのリード/ライトが発生します。そこで、RAIDコントローラーによるキャッシュでのヒットが多ければ、より快適な動作となるのではないかと考え、高い性能を発揮する先進のアルゴリズムを搭載したIBM DS3500がベストマッチと考えました」。

山重氏はまた、「ストレージの柔軟な追加機能という点でも、IBM DS3500は基幹業務システムを停止することなく、サービスに影響を与えずにストレージ環境を拡張することができるので、運用・管理の面でも負荷の軽減を実感していただけると考えました」と話します。

Benefits

高いパフォーマンス、柔軟性、可用性で業務を妨げないIBM DS3500には非常に満足

新しいシンクライアント・システムにIBM DS3500を採用した効果を伊藤氏は、「IBM DS3500が搭載しているストレージ性能のおかげで、シンクライアント・システムの利用者からストレージに起因する動作の遅さを指摘されたことはありません。これは当初の設計どおり、RAIDコントローラーの膨大なキャッシュ性能による効果と考えています」と話します。

またIBM DS3500は、仮想PC環境におけるディスク・ベンチマークでも、良好なスコアを記録しています。今回、実施したベンチマークは、ディスクへの書き込み、読み込みを4KB、512KB、シーケンシャルといったデータサイズ別にスループットをスコア化するものです。広島情報シンフォニーのインフラソリューション部 課長 佐々木健二氏はスコアについて次のように語ります。「一般的なデスクトップPCでは、SATAディスクを単一で利用するため、良好なスコアは期待できません。今回の好成績は、共有ストレージを導入することで得られた性能であるといえます。特にOSの動作に影響するランダムアクセス値が2~20倍以上高いことが動作遅延の不満を出さない要因であると考えています」。

さらにデータの読み込み時におけるディスクのキャッシュヒット率について佐々木氏は、「実際の運用に入ってから再確認してみたところ、多い場合では総IOPSのうち、50%を超える結果となっていました。これも大容量キャッシュを搭載し、先進のアルゴリズムで先読みを行うIBM DS3500の恩恵であるといえます」と話します。

そのほか、仮想サーバー単一の障害であれば、仮想サーバー上の仮想PCを、ほかの安全な仮想サーバーにライブ・マイグレーションさせることで、エンドユーザーの業務を妨げることなく障害に対応でできることも大きなメリットです。

ハードウェアの信頼性に関する評価を伊藤氏は次のように語ります。「IBM DS3500を導入して約1年半ですが、アラートを受け取ったのはSASディスクの異常1件だけです。もちろんこれも無停止で交換を実施し、サービス停止することなく対応が完了しました。またサービスを停止することなくメンテナンスできるのも便利でした。サーバーに搭載されているRAIDコントローラーのバッテリーを交換する必要がありましたが、サービスを停止することなく、実施することができました。これもIBM DS3500を導入したからこそ得られた効果です」。

 

将来の展望

今後も端末のシンクライアント化を推進。サーバーやストレージの全体最適も視野に

生協ひろしまでは、今後も運用コスト低減と情報漏えい対策、省エネルギー化を達成すべく、職員が利用する端末のシンクライアント化を推進していく計画です。今後の展望について伊藤氏は次のように語ります。「IBM DS3500は、すでにほかのシステムにも導入しており、その品質、性能、ともに非常に満足しているので、今後も引き続き導入を検討していきます。特に、ストレージ統合により得られるメリットは強く認識しており、サーバー統合と合わせて、システム全体の統合を推進していきたいと思っており、IBM DS3500には今後も大きな期待を寄せています」。

 

お客様の声

生活協同組合ひろしま 管理部 システム運用グループ 伊藤 大亮氏

「特に、ストレージ統合により得られるメリットは強く認識しており、サーバー統合と合わせて、システム全体の統合を推進していきたいと思っており、IBM DS3500には今後も大きな期待を寄せています」

株式会社広島情報シンフォニー インフラソリューション部 課長 佐々木 健二氏

「実際の運用に入ってから再確認してみたところ、多い場合では総IOPSのうち、50%を超える結果となっていました。これも大容量キャッシュを搭載し、先進のアルゴリズムで先読みを行うIBM DS3500の恩恵であるといえます」

株式会社広島情報シンフォニー インフラソリューション部 主任 山重 崇人氏

「ストレージの柔軟な追加機能という点でも、IBM DS3500は基幹業務システムを停止することなく、サービスに影響を与えずにストレージ環境を拡張することができるので、運用・管理の面でも負荷の軽減を実感していただけると考えました」

 

お客様情報

生活協同組合ひろしまは、組合員自身が出資し、商品を利用して、自分たちの手で運営する組織。店舗、無店舗での商品販売や、介護福祉、夕食宅配、移動店舗、共済、文化サービス、トラベル、保険、ハウジング、葬祭など、より豊かなくらしの創造と平和な社会づくりを目指しています。

 

パートナー情報

広島県、広島市、株式会社中国サンネットの共同出資により、第三セクター方式で運営される重度障害者多数雇用企業。ハードウェア、ソフトウェアを含むシステムのコンサルティングから設計、開発、運用、保守に至るトータルソリューションを提供しています。

 

テクノロジープラットフォーム

ハードウェア

Solution Category

  • Systems Hardware