銀行サービスの機能を強化
顧客とパートナーをテクノロジーでサポート
車内でスマートフォンを使用する男性

ベトナムの銀行は巨大企業です。2019年にベトナムの成人人口の約93%がスマートフォンを所有し、2020年1月までにベトナムのインターネット利用者数は約6,800万人になりました。

2020年には、ベトナムの人口の50%以上が銀行口座を利用できるようになりました。ベトナムでは、モバイル・デバイスの爆発的な普及とデジタル・インフラストラクチャーの成長により、顧客はスマートフォンやタブレットを介してバンキングを含む金融サービスを簡単に管理できるようになりました。

Orient Commercial Joint Stock Bank(OCB)は、1996年に設立されたベトナムの銀行で、個人および法人の顧客や提携先に金融サービスや商品を提供しています。OCBは、テクノロジーに精通した顧客が銀行の商品やサービス、そして提携パートナーの商品やサービスから恩恵を受ける立場にあることを認識していました。

その認識を踏まえて、OCBはビジネス・パートナーやOCBの顧客により多くのサービスや商品を提供する方法を検討することにしました。OCB は、これらのニーズに対処し、APIエコノミーへのパートナーの参加を可能にするAPIベースのソリューションをサポートする、堅牢な技術ソリューションを必要としていました。

このようなAPIソリューションを構築するのは大仕事ですが、このような方向性をとることで、OCBおよびそのパートナーと顧客に多くのメリットをもたらす可能性があります。

パートナーシップ
 

 

OCBは20のパートナーと協力して、約100のAPIを開発しました

取引件数の多さ

 

OCBパートナー1社の取引件数は、1カ月で約100万件に達しました

ここ数年、多くの先駆的な銀行がOpenAPIソリューションを導入してきました。 Nguyen Tuan Khang クラウドおよびコグニティブ・ソフトウェア担当国別リーダー IBM Vietnam
銀行のイノベーションをサポートするOpenAPI仕様

OCBは、標準の調査と分析を行った後、OpenAPI 仕様(OAS)をOpenAPIで使用することを決定しました。OASを使用すると、OCBは、業界標準としても広く採用されているベンダー中立のフォーマットを手に入れることができます。

OCBは、外部APIゲートウェイを備えた IBM® Cloud Pak for Integrationソリューションを選択しました。IBM Cloud Pak for Integrationは、API管理、アプリケーション統合、エンドツーエンドのセキュリティー、およびエンタープライズ・メッセージングを提供します。また、強化されたAPIテスト生成やAPIポータル、ワークロード・バランシングなどの追加タスクもサポートします。この選択の結果、同銀行は、クラウド間でのAPIの作成、公開、管理、収益化をサポートする、完全かつ直感的でスケーラブルなAPIプラットフォームを手に入れることができました。

「OpenAPIは、OCBがパートナーや顧客との接続を最適化するための基盤です」とOCBの最高情報責任者であるDu Xuan Vu氏は述べています。

 

「OpenAPIは、OCBがパートナーや顧客との接続を最適化するための基盤です」とOCBの最高情報責任者であるDu Xuan Vu氏は述べています。

IBMはすでに、AIが生成するレコメンデーションとアナリティクスを提供するソフトウェア「IBM Cloud Pak for Business Automation」や、アナリティクスとレポーティングのための高性能ハードウェア・プラットフォームとデータベース・クエリー・エンジン「IBM® Integrated Analytics System」など、OCBのテクノロジー・システムの多くを提供していました。IBMは、OCBにおけるコア・テクノロジー基盤を確実に統一する一方で、業務におけるセキュリティーと効率性をサポートしています。

OCBは、オープン・バンキングと、パートナーがアクセスできるOpenAPIライブラリーを組み合わせて使用することを選択しました。オープン・バンキングはOpenAPIと連携して、開発者が金融機関向けのアプリケーションを簡単に構築できるようにします。OCBのOpenAPI テクノロジー構成は、外部APIゲートウェイを備えたIBM Cloud Pak for Integrationに基づいています。オープン・バンキングは、顧客がサービスにオプトインすると、銀行や金融機関からの銀行取引やその他の消費者金融データへのオープン・アクセスを提供します。OpenAPIライブラリーには、パートナーと開発者がライブラリーからAPIを登録して使用できるポータルが備えられています。

OCBとIBMビジネス・パートナーであるSoutheast Asia Information Technology Joint Stock Company(SEATECH)は、OASの調査と分析を共同で行いました。その後、SEATECHはOCBと提携して、OpenAPIの取り組みの技術的な部分を実装しました。

「ここ数年、多くの先駆的な銀行がOpenAPIを導入してきました」と、IBM Vietnamのクラウドおよびコグニティブ・ソフトウェア担当国別リーダーであるNguyen Tuan Khangは述べています。「企業はこのテクノロジーを使用して新しいビジネスモデルを生み出しています。OCBもそれに加わりました。」

OpenAPIは、OCB がパートナーやお客様との接続を最適化するための基盤です。 Du Xuan Vu Chief Information Officer(最高情報責任者) Orient Commercial Joint Stock Bank社
IBMによるAPIエコシステムの保護

IBM Cloud Pak for Integrationと連携することで、OCBは、OAS 2.0を使用してAPIセキュリティーをサポートしながら、APIのソーシャル化と収益化を促進するなど、複数のクラウドにまたがるセキュリティーが豊富なAPIエコシステム全体を管理できるようになりました。そして、OCBは、請求書の支払いやオンライン小売店での販売などの金融取引のために、ビジネス・パートナーにAPIアクセスを提供することができます。

最近、同銀行は、AirPay、VnPay、MoMoなどのフィンテック・アプリを使用するために、オープン・プラットフォーム・テクノロジーを適用しました。フィンテック・ユーザーは、電気、水道、インターネットなどの公共料金の支払いや携帯電話のチャージをアプリ上で直接行うことができます。また、電子ウォレットに送金してサービスの購入や支払いを行うこともできます。

新しいセルフサービスAPIライブラリーにより、同銀行はAPIの共有を開始しました。APIライブラリーを使用すると、パートナーはAPIに迅速にアクセスできます。パートナーは、コードを記述することなく、APIを使用してOCBの顧客に自社サービスへのアクセスを提供できます。

同銀行は、口座、貯蓄、送金、決済など、銀行特有の商品向けに30以上のAPIを構築し、実装しています。OCBは、今後もAPIカタログの拡大を計画しています。IBMのテクノロジーにより、これらのAPIを作成、公開、管理、収益化することができました。

OpenAPIを導入して1年間運用した結果、同銀行は20社以上のパートナーとの提携に成功し、100近いAPIを活用しました。OCBは、たった1 社のパートナーの月間取引量が100万件を超えていることを発見しました。このマイルストーンは、OCBがベトナムの銀行業務にテクノロジーを応用している大手銀行の1つであることを裏付けています。

OCBは、OpenAPI Challenge 2020を主催し、多くの参加者をもてなして、OpenAPIの実装の成功を祝いました。このコンテストは多くの組織の注目を集め、50を超えるエントリーが記録されました。製品は、実現可能でターゲット市場に適した斬新なアイデアを披露しました。

コンテストの最後には、21チームが審査員に金融セクターのアイデアを発表しました。最終ラウンドの最も優れた8つのアイデアは、Aspire、Casso、Credify、EM & AI、FinFin、Jingo.Live、Jirnexu、OCBによって作成されたものです。

「OpenAPIを使用した今後の大規模な拡張プロジェクトでは、多くの新しいテクノロジーを学び、研究し、うまく適用して、お客様やパートナーにより多くの価値、経験、メリットを提供できるという自信がさらに高まりました」とVu氏は言います。

Orient Commercial Joint Stock Bankのロゴ
Orient Commercial Joint Stock Bankについて

ベトナムのホーチミン市に本社を置くOCBは、1996年に設立されました。25年以上にわたる運営と開発を経て、OCBは現在、全国のすべての地域、州、主要な経済中心地に約200の事業部門を展開しています。OCBは、デジタル・トランスフォーメーションのリーダーであり、過去5年間の銀行システム全体と比較して、ベトナムにおける目覚ましい成長率を誇ります。

Southeast Asia Information Technology Joint Stock Companyについて

ベトナムのハノイに本社を置くIBMビジネス・パートナーのSEATECH(ibm.com外部へのリンク)は、銀行、金融、証券、政府における大規模なプロジェクトの実施に長年携わってきました。SEATECHは、OCBのOpenAPIプロジェクトなど、国家規模の情報技術プロジェクトの実施に参加しています。

次へ:
セキュリティーと拡張性がクラウド・バンキングの重要なセールス・ポイントに ブログ 自律型企業の未来を定義する5つのレベル ブログ IBM Cloud Hyper Protect DBaaSは金融サービスで検証されています ブログ
脚注

© Copyright IBM Corporation 2021.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2021年10月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されているパフォーマンス・データと顧客事例は、例示する目的でのみ提供されています。実際のパフォーマンス結果は特定の構成や作動条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。OpenAPI、AirPay、VnPay、およびMomoはIBMの製品またはサービスではありません。

OpenAPI、AirPay、VnPay、OCB Omni、およびMomoは、場合に応じて、製品またはサービスとともに提供される OpenAPI、AirPay、VnPay、およびMomoの利用規約に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されます。OpenAPI、AirPay、VnPay、OCB Omni、およびMomoの可用性、あらゆる保証、サービス、サポートは、OpenAPI、AirPay、VnPay、OCB Omni、およびMomoが直接責任を負い、ユーザーに直接提供します。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。