Mankind Pharma社
医療のイノベーターは、IBMとSAPからのデータ洞察を使用して、手頃な価格の医薬品を数百万人に提供します
詳細はこちら
インドの母娘と話すかかりつけ医

Mankind Pharma社は、すべての人に手頃な価格の医薬品を提供することに重点を置いており、これはコストを厳密に管理することを意味します。IBM Services®と連携してIBM Power® SystemsサーバーおよびIBM FlashSystem®ストレージ上のSAP S/4HANA®に移行することで、Mankind Pharmaはビジネス分析を50倍高速化し、効率を高める新しい方法を発見しました。

ビジネス上の課題

世界中のさらに何百万人もの人々に手頃な価格の医薬品を提供できるよう、Mankind Pharma社は現金とコストを厳格に管理する必要があります。データを活用して業務効率を高めるにはどうすればよいでしょうか。

変換

Mankind Pharma社は、IBM Servicesと協力して、IBM Power SystemsサーバーおよびIBM FlashSystemストレージ上のSAP S/4HANAに基づく、準リアルタイム分析のための高性能プラットフォームを導入しました。

結果 50
分析レポートの高速化
25%
在庫削減によるキャッシュ・フローの増加
20%
IT運用コストの削減
ビジネス上の課題の詳細
グローバル・リーダーを目指して

Mankind Pharma社はインドで最も急速に成長している製薬メーカーの1つで、17の治療分野で1,000以上の製品を提供しています。社会のあらゆる階層の人々が手頃な価格で高品質の医薬品を入手できるようにするというビジョンの一環として、同社は北米、アフリカ、アジアの国々を含む34の国際市場に進出しています。

Mankind Pharma社のグループCIOであるPramod Gokhale氏は、「過去5年間で、当社のビジネスはますます力を付けてきました。当社の中期目標は、年間売上高10億米ドルに達することです。当社の製品を世界中の何百万人もの消費者に提供することは、その目標を達成する上で重要な役割を果たすでしょう。」と説明しています。

キャッシュフローと運営コストはMankind Pharma社にとって重要な重点分野であり、利益を確保しながら世界中の何百万人もの人々が手頃な価格の医薬品を利用できるようにするには、両方を厳密に管理することが不可欠です。効率的なオペレーションを推進するため、同社は10年以上にわたり、グループ全体のパフォーマンスを分析し、戦略的な意思決定を行うため、SAP ERPソリューションを利用してきました。

Pramod Gokhale氏は、「当社のビジネスはデータに基づいて運営されており、近年、分析ワークロードの量と速度が爆発的に増加しています。私たちは、生産計画や在庫管理などの重要なプロセスの多くをサポートするためにSAPソリューションを利用しています。時間が経つにつれて、当社のSAP ERPデータベースは5 TBにまで膨れ上がり、主要なレポートが完了するまでに24 間もかかることがありました。」と続けます。

次世代分析のターゲティング

さらなる国際展開が目前に迫っているため、Mankind Pharma社は、既存のデータ・プラットフォームでは分析ワークロードの継続的な増加に追いつくことができないことを認識しました。同時に同社は、AI、機械学習、ロボティック・プロセス・オートメーションなどの新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、日々の業務を効率的に維持しながら世界的な拠点を拡大することに熱心でした。

Pramod Gokhale氏は、「次世代ERPであるSAP S/4HANAに移行することで、アナリティクス機能を実現し、AIなどの将来のイノベーションの基盤を築くことができると確信していました。私たちは、デジタル・トランスフォーメーションの旅をサポートしてくれる信頼できるベンダーを探すことにしました。当社は、データ駆動形の意思決定のための将来に備えたプラットフォームの構築を支援するツール、テクノロジー、人材を備えた経験豊富なパートナーを探していたのです。」とコメントしています。

プロジェクトは完璧に進み、IBMはソリューションのあらゆる側面を期限どおりに予算内で提供しました。 Pramod Gokhale Group CIO Mankind Pharma
変換
高性能プラットフォーム

Mankind Pharma社は、コア・ビジネス・アプリケーションの能力を最大限に活用するために、SAP S/4HANA用の新しいプラットフォームを提供するパートナーとしてIBMを選択しました。このソリューションは、IBM POWER9®プロセッサーを搭載した高性能のIBM Power Systemsサーバーをベースにしており、 IBM FlashSystem ストレージに接続されています。

Pramod Gokhale氏は、「IBMのソリューションで最も高く評価していることの1つは、 IBM Power® System S922 サーバーがSAP S/4HANAのワークロードにいかに最適化されているかということです。IBMとSAPは緊密な戦略的提携を結んでおり、新しいソリューションを設計する際には、両社の製品開発者が協力し合うことになります」と語っています。

同氏はさらに、「IBM Power Systemsサーバー上のSAP S/4HANAアプリケーションのパフォーマンスに関しては、IBM とSAPのコラボレーションが顕著に表れます。当社はすでに、SAP ERP環境でIBM POWER7®プロセッサー・ベースのシステムを10年以上使用していました。IBMはMankind Pharma社にとって信頼できる長期的なパートナーであり、私たちは直接の経験から、IBMからの応答性の高い高品質のサポートを備えた堅牢で信頼性の高いプラットフォームが期待できることを知っていました。」と続けます。

IBMによる価値実現までの時間の短縮

専門家の統合により価値実現までの時間を短縮するために、Mankind Pharma社はIBMと提携して新しいインフラストラクチャーを実装しました。新しいプラットフォームは、4台のIBM Power System S922サーバーをベースにした2つの同一の実稼働環境で構成され、IBM Technology Support Servicesの専門家チームによって、Mankind Pharma社の一次データセンターと災害復旧データセンターに設置されました。

Pramod Gokhale氏は、「IBM PowerVM®を使用して、IBM Power Systemsサーバーに論理パーティションを作成することで、非常に高密度のサーバー・フットプリントで、複数のSAPおよび非SAPワークロードをサポートすることができます。実際、この新しいソリューションに必要なラック・スペースは25%削減され、電力、冷却、管理コストも大幅に削減されました。」と付け加えています。

プロジェクト中、IBM Technology Support Servicesは、IBM Systems Lab Servicesのソフトウェア専門家のグループと緊密に連携し、IBM PowerVMによる環境の仮想化と、SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications(ibm.com外部へのリンク)のオペレーティング・システムの設定を担当しました。両データセンターのインフラストラクチャーとオペレーティング・システムの継続的な管理とメンテナンスを簡素化するため、Mankind Pharma社はIBM Services(Global Technology Services®)の専門チームを起用しました。

超高速ストレージ

IBM Power Systemsソリューションの信頼性とパフォーマンスを補完し、要求の厳しいアナリティクス・ワークロードに対応する高い入出力オペレーション/秒(IOPS)を実現するため、同社はハイブリッド・ドライブを搭載した複数のIBM FlashSystem 5000システムを導入しました。

IBM Spectrum® Virtualize上に構築されたIBM FlashSystemソリューションには、IBM Storage Insightsが含まれています。これは、同社のストレージ環境全体にわたって完全な可視性とわかりやすいデータ管理を提供するクラウドを活用したソリューションです。Mankind Pharma社は、最も要求の厳しいティア1のワークロードにサブミリ秒のフラッシュ・テクノロジーを使用し、ティア2のストレージにはソリッド・ステート・ドライブ、ティア3のストレージにはシリアル・アタッチドSCSIドライブを使用しています。

Pramod Gokhale氏は、「当社ではCRMプロセスを推進するためにオンプレミスの顧客関係管理(CRM)ソリューションを使用していますが、このアプリケーションではビジネス・データへの低遅延のアクセスが必要です。当社のIBMソリューションの高いIOPSパフォーマンスのおかげで、SAPワークロードと非SAPワークロードの両方がIBM Power Systemsサーバー上でスムーズに実行されることを保証できます。」とコメントしています。

24時間体制でデータを保護

ミッションクリティカルなデータを24時間体制で保護するために、Mankind Pharma社は、IBM Spectrum Protectを使用してIBMストレージへの定期的なバックアップを実行しています。IBM Spectrum Protectは、高性能のデータ圧縮と重複排除を可能にすることで、管理性を大幅に向上させながら、バックアップ・ストレージ・インフラストラクチャーの要件を抑えるのに役立ちます。また、災害シナリオにおける総合的な回復力を確保するために、Mankind Pharma社はSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsのアクティブ/パッシブ・クラスター化を使用して、実稼働データを2次データ・センター環境に複製します。

SUSE Linux Enterprise Serverは、SAP HANAプラットフォームとS/4HANAのパフォーマンスを最適化するように特別に調整されており、ライブ・システム上でLinuxカーネル・パッチ適用と更新を可能にすることで可用性を高めるライブ・パッチ適用機能も提供しています。また、オペレーティング・システム、高可用性コンポーネント、ストレージ・コンポーネント、およびネットワーク・コンポーネントを1つのパッケージにバンドルするライセンス・アプローチにより、SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを使用することで、Mankind Pharmaはよりシンプルかつ経済的になりました。

現在、同社はSAP S/4HANAを使用してエンドツーエンド・ビジネス・プロセスを推進し、SAP Fiori®ユーザー・エクスペリエンスと統合してエグゼクティブ・ダッシュボードと外出先でのモバイル・アクセスを可能にしています。Mankind Pharma社は、クラウドを活用したSAPソリューションも使用して、詳細なビジネス管理を行っています。 経費、出張、請求書管理にはSAP Concur®、 人事管理にはSAP SuccessFactors®を使用しています。

Pramod Gokhale氏は、「導入は新型コロナウイルス感染症危機のピーク時に行われましたが、IBMチームはあらゆる手段を尽くしてシームレスな導入を実現してくれました。プロジェクトは完璧に進み、IBMはソリューションのあらゆる側面を期限どおりに予算内で提供しました。」と振り返っています。

IBM Power SystemsとIBM FlashSystemストレージによって駆動されるSAP S/4HANAによって、私たちは今後10年間の事業拡大をサポートする将来に備えたプラットフォームを手に入れ、世界中の何百万人もの人々に手頃な価格の医薬品を届けることができます。 Pramod Gokhale Group CIO Mankind Pharma
新しいソリューション、新しい可能性

テクノロジーパートナーのHopla! Softwareと協力して、PRISAはIBM® Observability by Instana®ソリューションを実装し、同社が必要とするエンドツーエンドの可視性を短期間で獲得しました。

Instanaのシンプルな単一エージェント導入により、PRISAはすぐに結果を得ることができました。Hernando氏は、「導入は簡単で、とても簡単です。コストは妥当であり、管理するトラフィックの量ではなく、インフラストラクチャーの量に応じて計算されます。これは、このような大量のトラフィックを管理する私たちにとって非常に重要でした。」と語っています。

PRISAは、同社のクラウドネイティブ・スタックとそのすべての動きのある要素の複雑さに対処するためのInstanaの自動かつ継続的な検出を高く評価しました。

Hernando氏は、「私たちのインフラストラクチャーは非常に流動的です。サーバーとサービスは、オンデマンドで利用できます。Instanaはアプリケーションとインフラストラクチャーをリアルタイムで自動的に視覚化し、存在することを知らなかったビジネスの依存関係を発見するのに役立ちます。」と説明しています。

最終的に、コスト、導入の容易さ、プラットフォームの進化ペースという3つの重要な要素に基づいて、Instanaを選択するという決断は簡単でした。

成果の詳細
より迅速でスマートな意思決定の推進

高性能のIBMソリューション上で実行されるSAP S/4HANAに切り替えることで、Mankind Pharma社はより柔軟に運用できる能力を獲得し、より迅速な意思決定が可能になり、中核となるビジネス目標に集中できるようになりました。新しい機能により、新しい市場への迅速な拡大が可能になり、同社は10億米ドルの収益目標に近づくことができます。

Pramod Gokhale氏は、「IBM Power SystemsおよびIBM FlashSystem上のSAP S/4HANAを使用すると、分析レポートを約50倍速く生成できます。SAP Fioriを使用することで、当社の意思決定者は、モバイル・デバイスを使用してどこからでもほぼリアルタイムでこれらの洞察にアクセスできるようになり、より適切な情報に基づいた意思決定をより迅速に行うことができるようになります。」と語っています。

彼は、「たとえば、資材要件と在庫レポートは、以前は完了するまでに最大24時間かかりました。私たちは常に少なくとも1日前のデータを扱っていたため、現在の販売傾向に合わせて生産を調整することが困難でした。現在、これらのレポートをわずか7分で作成できるため、ほぼリアルタイムの洞察を使用して製造計画を最適化し、無駄を削減し、コストを削減することができます。」と続けます。

コストの削減、成長の促進

受注、製造、在庫をタイムリーかつ正確に把握し、ビジネス・プロセスを編成することで、Mankind Pharma社は在庫を60日から45日に25%削減することに成功した。

Pramod Gokhale氏は、「医薬品を手頃な価格に保つには、ビジネスが成長しても効率的に運営できることが重要です。IBMのテクノロジーと専門知識の利点を活用することで、それを実現しています。新しいIBM Power SystemsおよびIBM Storageソリューションにより、IT運用コストが年間20%削減されました。それを実行したにもかかわらず、IBMソリューションは当社のコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングのパフォーマンスを劇的に向上させました。」と付け加えています。

同氏はさらに、「最も重要なことは、1次サイトに問題が発生した場合に、即座に災害復旧環境にフェイルオーバーできるようになったということです。これにより、従業員は何があっても業務を継続できるという安心感が得られます。」と続けています。

SAPワークロードとSAP以外のワークロードを単一の中央プラットフォームに移行したことで、Mankind Pharma社のIT機能も大幅にコスト効率が向上しました。IBM Power Systemsソリューションは、開発、品質保証、および実稼働環境のすべてが同じプラットフォーム上で稼働するように設計されているため、一時的にリソースを実稼働ワークロードに割り当てることで、月末のピークに容易に対応することができます。

Pramod Gokhale氏は、「IBM Power Systemsプラットフォーム上でリソースを柔軟に再割り当てすることは、毎月数日しか使用する必要がない大量のコンピューティング・ヘッドルームを維持するコストを回避できることを意味します。このアプローチにより、中央プールからSAP HANAライセンスを動的に共有できるようになり、運用コストがさらに最適化されます。」とコメントしています。

成功に向けた準備

Mankind Pharma社は、IBM Power Systems上のSAP S/4HANAとIBM FlashSystemソリューションの組み合わせが、少なくとも10年間のビジネス成長をサポートする強固な基盤を提供すると確信しています。

Pramod Gokhale氏は、「製薬業界はデータによって動かされており、当社も例外ではありません」と締めくくっています。「IBM Power SystemsとIBM FlashSystemストレージによって駆動されるSAP S/4HANAによって、私たちは今後10年間の事業拡大をサポートする将来に備えたプラットフォームを手に入れ、世界中の何百万人もの人々に手頃な価格の医薬品を届けることができます。」

Mankind Pharma社のロゴ
Mankind Pharma社

1995年に設立されたMankind Pharma社(ibm.com外部へのリンク)は、インドで最も急速に成長している製薬会社の1つであり、従業員は15,000 人、年間収益ほぼ10億米ドルに相当します。完全に統合された製薬会社であるMankind Pharma社は、34か国にわたって17の治療分野で1,000以上の製品の製造および流通施設の包括的なネットワークを運営しています。

次のステップ

IBM Power Systemsソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、ibm.com/power/sap-hanaにアクセスしてください。

IBM Storageソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、ibm.com/storage/sap-hanaにアクセスしてください。

PDFファイルを読む 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.

米国で制作、2020年12月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM FlashSystem、IBM Spectrum、IBM Services、Global Technology Services、Power、POWER9、およびPowerVMは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新の一覧は、ibm .com/trademark の「著作権および商標に関する情報」でご覧いただけます。

Linuxは、米国、その他の国、またはその両方におけるLinus Torvaldsの登録商標です。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

実際に利用可能なストレージ容量は、非圧縮データと圧縮データの両方について報告される場合がありますが、変動するため、記載されている容量よりも少なくなる場合があります。

© 2020 SAP SE. All rights reserved. SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。