ロッテ製菓
ロッテ製菓、消費者の嗜好の変化に対応するためIBMサービスと提携
製品の入った箱を目の前のテーブルに置き、笑っている2人の幹部

ロッテ製菓はIBM Servicesと協力して消費者行動の変化を発見しました。IBMによって、ロッテは新製品を開発し、より早く市場に投入できるようになりました。

ビジネス上の課題

ロッテ製菓は、急速に変化する顧客の好みを理解し、一歩先を行きたいと考えていました。

変換

ロッテ製菓はIBM Servicesと提携して、消費者の行動の変化を特定し、データに基づいてより適切な意思決定を行うためのAIソリューションを実装しました。

ビジネス上のメリット 消費者トレンドの
早期発見
消費者の行動に基づいた新製品の
開発
新製品の
より迅速な発売
ビジネス上の課題の詳細
変化する顧客の好み

顧客の好みが急速に変化しているため、ロッテ製菓は味、材料、食感に関する潜在的な消費者のニーズをより深く洞察したいと考えていました。ロッテは、AIテクノロジーを活用して食品業界の仕組みを革新し、データに基づいてより適切な意思決定を行うための傾向予測ソリューションを構築したいと考えていました。

 

顧客の好みは急速に変化しています。私たちは常に一歩先を行きたいと考えています。 Sungwoo Bae Vice President LOTTE Confectionery
トランスフォーメーション・ストーリー
新製品をより早く市場に投入

ロッテ製菓は、IBM Watson Explorerを使用して、数千のWebサイトと数百万のソーシャル投稿からデータを収集し、最も人気のあるフレーバーを検出し、新しいフレーバーの組み合わせの導入を加速しました。このソリューションは、機械学習とIBM Watsonのコグニティブ機能を利用して、時間の経過とともに自己学習することで予測の精度を向上させます。

成果の詳細
#BreakthroughPartnerships

ロッテ製菓は、消費者の行動の傾向を早期に検出し、消費者の嗜好の変化に合わせて新製品をより早く市場に投入できるようになりました。

ロッテのロゴ
ロッテ製菓

1967年に設立されたロッテ製菓は、韓国No.1の菓子ブランドに成長しました。ソウルに本社を置くロッテ製菓は、全国に5つの大きな工場を持ち、チョコレート、クッキー、アイスクリームなど200種類以上の製品を製造しています。当社は、優れた製品とサービスの提供を通じて人々の生活を豊かにすることを使命とし、多様なマーケティング戦略と先進的な流通方法を採用しながら、新製品の継続的な開発に注力しています。

 

次のステップ

IBM Servicesの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト( ibm.com/services)にアクセスしてください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.

インド製、2019年2月

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。