ホーム ケーススタディ King Abdullah Financial District Development & Management Company社 巨大不動産開発で優れたカスタマー・サービスを提供
King Abdullah Financial District Development & Management Company社は、IBM Maximoを使用して、世界有数のビジネスとライフスタイルの目的地の1つであるKAFDでの運用資産のメンテナンスを最適化しています。
Maximoはこちら
サウジアラビア、リヤドの航空写真、キング・アブドラ金融地区
キング・アブドラ金融街(KAFD)は、サウジアラビアのリヤドにある壮大な開発都市です。500万平方メートル以上の広さを誇るこの“都市の中の都市”は、世界的な建築家によって設計され、ビジネスとライフスタイルの中心として繁栄しています。

サステナビリティ―を念頭に置いて開発されたKAFD は、米国グリーンビルディング評議会から最高の認定である、緑豊かな居住地区開発に対するLEEDプラチナ認定を取得した世界最大級の不動産プロジェクトです。KAFDは、公共投資ファンドの子会社として2018年に設立されたKing Abdullah Financial District Development & Management Company社(KAFD DMC)が所有・管理しています。

KAFDの94棟のビルは首都のスカイラインを形作り、リヤドで最も高い超高層ビルも含まれています。この敷地は垂直都市として設計され、スカイウォークから専用シャトル、モノレールまで、統合交通機関で相互接続されており、住民、訪問者、テナントは、複数の交通サービスを15分以内に利用できます。政府機関に加え、Saudi Aramco、ゴールドマン・サックス、BNPパリバ、ペプシコ、ファイザー・サウジなどが主要テナントです。

「主要なビジネスおよびライフスタイルの目的地として、競争力のあるビジネスエコシステム、活気に満ちたライフスタイル体験、そして優れた顧客サービスを提供することが私たちの使命です」と、KAFD DMCのCEOであるGautam Sashittal氏は言います。
 
この使命を果たすためにKAFD DMCは、地区の機械および電気資産が最高レベルの性能と信頼性での運用を確かなものにしなければなりません。同社は発電機、変圧器、HVACシステム、エレベーター、配管、照明、安全制御など、数万の資産を管理しています。そして、地区が拡大するにつれて、これらの数は増加し続けます。

「重要な資産を24時間365日稼働させることが不可欠であり、KAFDのテナントと訪問者にサービスを提供するためにはすべての資産と施設の効率的なメンテナンスを提供する必要があります」とSashittal氏。さらに、KAFD DMCは、頻繁に必要となるメンテナンス用のスペアパーツや消耗品の供給と保管を管理せねばなりません。また、問題が発生した場合には、問題を解決するために保守業者を派遣する必要があります。

この地区には多くのテナント、居住者、および広大な施設があるため、予測、予防、是正および緊急メンテナンスを含む、かなりのメンテナンス作業負荷が生じます。このような作業を調整するには、堅牢なエンタープライズ資産管理(EAM)ソリューションが必要です。そのため、KAFD DMCチームは、どのEAMソリューションがKAFDのニーズに最も適しているかという重要な決定を迫られていました。

10万以上の資産

 

KAFDでは、IBM Maximoが100,000以上の運用資産のメンテナンスを調整しており、地区の拡大に応じてその数は増加し続けています。

95%向上

 

KAFDにMaximoを導入して以来、顧客満足度は以前より95%向上

重要な資産を24時間365日稼働させることは不可欠であり、KAFDのテナントと訪問者にサービスを提供するには、すべての資産と施設を効率的に保守する必要があります。 Gautam Sashittal氏 最高経営責任者 King Abdullah Financial District Development & Management Company社
最適なEAMソリューションと導入パートナーの選択

KAFD DMCチームは、EAMソリューションに対して次の要件を設定しました。

  • 広大な設置面積にわたる数万の資産のメンテナンスを管理するための組み込み機能
  • KAFDの成長に対応する拡張性
  • 他のエンタープライズシステムとの統合の容易さ
  • 導入支援とサポートを提供する強力なローカル・ソリューション・プロバイダー

さまざまなソリューションを検討した結果、チームはIBM® Maximo® Application SuiteEAMプラットフォームを選択しました。KAFD DMCのビジネス・ソリューション・デリバリー担当バイスプレジデントである Majed Al-Daij氏は、これを「デジタルトランスフォーメーション・ロードマップの一環として行わなければならなかった戦略的決定のひとつ」と表現しています。

「2018年にKAFDが設立されたとき、私たちは最高のITソリューションを採用することに決めました」とAl-Daij氏は説明します。「Maximoは当時も今も資産管理における主要なソリューションです。また、当社は各分野での最善のアプローチを採用しているため、MaximoとサードパーティERPおよびその他のエンタープライズ・ソリューションとの拡張可能な統合を高く評価しています」

導入と継続的なサポートを支援するために、KAFD DMCは、EAMおよびIoTソリューションのIBMビジネス・パートナーの専門家であるeSolutions Saudia LLC社を選択しました。

2018年にKAFDが設立されたとき、私たちは最高のITソリューションを採用することに決めました。Maximoは当時も今も資産管理における主要なソリューションです。 Majed Al-Daij氏 ビジネス・ソリューション・デリバリー担当バイスプレジデント King Abdullah Financial District Development & Management Company社
業界のベストプラクティスに基づく展開

プロジェクトは、ソリューション開発ライフサイクル (SDLC)に関する業界のベスト・プラクティスに従って進められました。チームは要件分析から始めて、ソリューションの設計、開発、テスト、導入、稼働に移りました。

「私たちは完成形を念頭に置いてスタートし、MaximoソリューションがKAFDのオペレーティングモデルを反映し、将来のビジネスシナリオ、コアサービスや付加価値サービスの成長と拡大にも対応できる十分な拡張性を備えていることを確認しました」とAl-Daij氏。
 
このプロセスでは、完成したエリアと建設中のエリアを含む数千のアセットのロケーションデータをアップロードし、MaximoをERP、CRM、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)などの関連システムと統合しました。チームの専門知識とMaximoの豊富な機能のおかげで、プロジェクトは迅速に進みました。

「KAFD DMCチームは、Maximoに組み込まれているメンテナンス・フレームワークとプロセスに関する業界のベスト・プラクティスに従いたいと考えていました」eSolutions の主席コンサルタント、Ahmed Tarhini氏は述べています。「これにより、大規模なカスタマイズを行わずに、KAFDのニーズを満たすようにMaximoを構成できるようになりました。」

Maximoを使用することで、KAFDは運用資産と施設管理に関連するビジネスポリシーと手順を組み込むためのプラットフォームを獲得しました。これによって全体的な効率が向上すると、KAFD DMCのEAMエキスパートであるDarwish氏は説明します。さらに、「このプラットフォームは大きな問題もなく、新しいビジネスニーズに柔軟に対応できました」と彼は言います。「この機敏性により、新しいメンテナンスのフレームワークとプロセスを効率的に実装できるようになりました」

私たちは完成形を念頭に置いてスタートし、MaximoソリューションがKAFDのオペレーティング・モデルを反映し、将来のビジネスシナリオ、コアサービスや付加価値サービスの成長と拡大にも対応できる十分な拡張性を備えていることを確認しました。 Majed Al-Daij氏 ビジネス・ソリューション・デリバリー担当バイスプレジデント King Abdullah Financial District Development & Management Company社
Maximoは24 時間体制でメンテナンスをオーケストレーション

現在、運用チームはMaximoを24時間365日使用して、あらゆる形式のメンテナンスを調整しています。主要な機能には、オンライン・インターフェイスを通じて顧客からのサービス・リクエストの受け取りが必要となります。次に、システムはこれらを特定の作業指示書に変換し、問題を解決するためにメンテナンス請負業者を迅速に派遣し、各段階での進捗状況を顧客に通知します。Maximoは、請負業者、スペアパーツ、メンテナンス倉庫の管理もサポートします。

KAFDの規模と範囲により、膨大な量の作業が発生します。これまでのところ、このシステムは34,000の拠点にわたる100,000を超える資産と、16,200以上の予防保守計画を管理しています。Maximoは、15社の請負業者の管理もサポート、業者が70以上のサービス・レベル協定を順守できるようにします。年間30,000件を超えるサービス・リクエストを処理し、作業指示は75,000件を数えます。来年には入居テナントの増加により、これらの数字は大幅に増加するでしょう。

ただし、このような指標はすべてを物語るわけではありません。Maximoの分析は、資産と保守請負業者のパフォーマンス評価にも役立ちます。「Maximoは地区のメンテナンス活動の全体的な概観を提供し、KPIのインサイトは継続的なサービス品質の向上に役立っています」と Darwish氏は言います。

メンテナンスチームは、センサーの読み取り値、資産記録、作業履歴を使用してダウンタイムを削減するMaximo Healthから、さらなるインサイトを得ることができます。Maximo Healthを実装するために、チームは財務および顧客サービスへの影響の観点から最も重要な資産を特定し、メーターの読み取り値やその他のデータに基づいてカスタム・パフォーマンス・スコアを考案しました。その後、Maximo Healthの分析によって資産の健全性の低下を示すスコアが特定されると、保守チームは問題を解決するための作業指示をただちにオープンできます。

「Maximo Healthは、私たちが受け取ったすべての測定値からビッグデータを使用して予測分析を行い、問題が発生する前や資産の状態が悪化する前に対応できるようにします」とAl-Daij氏。「これは、サービスの継続性と顧客満足度を確保するための重要な機能です」

顧客満足度が95%向上

Maximoは、KAFD DMCに大きなメリットをもたらしています。メンテナンスの効率化によりコストが削減されれば、資産のアップタイムが増加し、顧客満足度が向上します。MaximoはKAFDのデジタル変革戦略の基礎です。

Maximoを導入して以来、請負業者のパフォーマンス測定、メンテナンス活動の制御、メンテナンス事務作業を削減する能力が95%向上しました。さらに、作業指示の終了までの時間が85%改善されました。

しかし最も重要なのは、顧客満足度が95%向上したことででしょう。クライアントがオンラインでサービス・リクエストを提起できるようにし、問題がいつ解決されるかを通知するので、Maximoの透明性がクライアントに高く評価されているとDarwish氏は言います。

KAFDにおけるMaximoの将来像をAl-Daij氏は次のように語ります。「KAFDとIBMおよびその信頼できるパートナーとの健全な関係は、プラットフォームのメンテナンス、アップグレード、新興テクノロジーの活用において今後何年も続くでしょう」

KAFD ロゴ
About King Abdullah Financial District Development & Management Company社について

KAFD DMC (リンクは ibm.com の外にあります) は、世界最大級の複合不動産開発であるキング・アブドラ金融街の開発、管理、運営を行っています。サウジアラビアのリヤドにある”都市の中の都市”であるKAFDは、世界的な一流建築家によって設計されたビジネス、住居、エンターテイメントのための広大な施設を特徴としています。KAFDはサウジアラビアの公共投資ファンドの完全子会社です。

ソリューションロゴ
eSolutions Saudia LLC社について

2012年に設立され、サウジアラビアのリヤドとジェッダにオフィスを構えるIBMビジネス・パートナー・ソリューションズ(リンクはibm.com外にあります)で、ビジネス・コンサルティングとデジタル・テクノロジーサービスを提供します。同社は、IBM Watson® IoTおよびIBM Maximoソリューションに関する特別な専門知識を提供しています。eSolutionsはミダスグループ企業の一員です。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ VPI社

信頼性が高く、持続可能、再生可能なエネルギー

お客様事例はこちら
Melbourne Water社

IoTテクノロジーを利用してサステナビリティーをスマートに実現

お客様事例はこちら
ニューヨーク州電力公社(NYPA)

デジタル化への意欲

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

米国で製作、2023年1月

IBM、IBMロゴ、IBM Watson、およびMaximoは、米国およびその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新リストは、ibm.com/legal/copyright-trademark で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。