損害保険ジャパン日本興亜株式会社
世界最高峰のセキュリティー機能を提供するIBM z Systemsでマイナンバー・システムを構築

損保ジャパン日本興亜株式会社(以下、損保ジャパン日本興亜)は、2016年1月からのマイナンバー(個人番号)制度の実施に伴い、IBMマイナンバーソリューションを導入。その基盤としてIBM z Systemsが採用されました。保険契約者の重要な情報をさまざまなセキュリティー脅威から保護、管理する磐石なシステムが実現しました。

ビジネス上の課題

損保ジャパン日本興亜では、マイナンバー制度への対応が急務となっていました。2014年からシステム化への検討を開始。まず対象となる帳票や支払い調書の洗い出しから始め、半年ほどかけて、法定調書にひも付く業務について、どのようにマイナンバーを取得、保管、利用、廃棄するのかについて整理し、2014年11月ごろから具体的なシステムの検討に入りました。

概要と経緯

マイナンバーを扱うために、損保ジャパン日本興亜ではより高いセキュリティー・レベルでの運用を目指していました。そこで新たにz Systemsを導入。暗号化のための秘密鍵をセキュア鍵暗号方式で暗号化し、さらに鍵の管理を専用のハードウェア(z Systems)で管理することで、アメリカ合衆国情報処理規格「FIPS PUB 140-2 レベル4」の世界最高水準のセキュリティー・レベルの暗号機能を実現しました。

効果と今後の展望

損保ジャパン日本興亜では、今回特にセキュリティーの向上を重要視しました。これは今後の運用にもメリットがあると考えています。既存システムに新たなシステムを加え、かつ、その部分のセキュリティーを高めるというのは非常に難しいことですが、マイナンバーのシステムを独立させたことで、今後、アプリケーションの追加や新たな業務でマイナンバー対応が必要となった場合にも、スムーズな対応ができると考えています。

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ソフトウェア

  • DB2 for z/OS, WebSphere Application Server for z/OS

ハードウェア

  • z Systems: zEnterprise BC12 (zBC12), z Systems

サービス

  • GTS ITS Security Services: Application and Data Security (App/Data)

ソリューション

  • IBM Hosted Application Security Management
  • FSS: Risk & Compliance,
  • Integrated Service Management & Security Framework
重要な個人情報をシステムで扱う上で世界最高水準のセキュリティーが必要と考えていました。これを実現するために必要だったのが、z Systemsでした 福田 幸雄氏 システム統括本部 システム企画・推進グループ 損保ジャパン日本興亜システムズ株式会社

次のステップ
The DX Leaders(日本語ニュースレター)を購読 他のお客様事例を見る

Copyright IBM Corporation 2023.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Consultingは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本事例は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
記載の事例は特定のお客様に関するものであり、全ての場合において同等の効果が得られることを意味するものではありません。効果はお客様の環境その他の要因によって異なります。製品、サービスなどの詳細については、弊社もしくはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。