Business Challenge story

1年ほど前まで、韓国のモバイル市場にスマートフォンの姿はほとんどありませんでした。今日ではiPhone やSamsung Galaxy 端末の発売と、政府がとった海外モバイル・メーカーに対する規制緩和策によって、モバイル・インターネットの普及率はすでに100% を超えており、その爆発的増加は目前に迫っています。

増加率は年700% 以上に達し、2009 年にはわずか80 万人に過ぎなかったユーザーは700 万人を超えました。韓国企業はスマートフォン・ユーザーによるモバイル・アプリケーション需要に応えるため、付加価値の高いサービスの提供を積極的に探っています。

Transformation

急成長のトレンドをいち早く活かそうと、ロッテカードは韓国のIBM Worklight ビジネス・パートナーであるFinance All Solutions(FAS)と一緒に、100 を超える画面、位置情報機能、スキャン可能なモバイル・クーポンなどが使える、リッチなユーザー・エクスペリエンスを備えた先進アプリケーション開発に着手しました。アプリケーションには韓国初となる拡張現実(AR)のコンポーネントが組み込まれ、ユーザーは移動中でもサービスに参加した提携企業の店舗を見つけることができます。またロッテカードの所有者はアプリケーションから自分のアカウント情報にアクセスし、利用状況や支払い履歴を見ることもできます。 

「優れたモバイル・アプリケーションをお客様にお使いいただいており、誇らしく思います。すでにとても多くのお客様によるダウンロードがあり、好評をいただいています」と、ロッテカードのIT企画 チーム・リーダーであるKim Young Sam氏は述べています。

韓国と日本の大企業を顧客に持つ韓国大手ITソリューション・プロバイダーのFASは、IBM Worklightを活用することで豊富なコンテンツとデータを持つこのアプリケーションを迅速かつタイムリーに開発することに成功しました。開発の工程には、既存アプリケーションのネイティブ・モジュールを、AndroidとiOSの両方をサポートするクロスプラットフォーム対応の開発環境の中に移行する作業も含まれていました。IBM Worklight が提供する独自の機能のおかげで、開発者は100ページもあるアプリケーションの中の複数ページを同時に開発できるようになり、開発の時間とコストが大幅に削減されました。

またIBM Worklightのハイブリッド・アプローチにより、FASは、アプリケーションの大部分を標準技術であるHTML、CSS、JavaScriptを使用して開発することができるため、既存のWebスキルを活用できただけでなく、複数の環境でコードを共有することができました。また、拡張現実、仮想キーパッド、セキュアな暗号化モジュールなどのネイティブ機能もコードに組み込むことができたため、先進的なファイナンシャル・モバイル・アプリケーションを、短時間かつ効率的に、費用対効果の高い方法で開発することができました。

Benefits

  • 開発期間の短縮とコスト削減
  • 先進的なファイナンシャル・モバイル・アプリケーションを開発
  • 多くのデバイスで顧客と社員のユーザー・エクスペリエンスを向上

お客様の声

ロッテカード株式会社 IT企画 チーム・リーダー Kim Young Sam氏

「IBM Worklightを選んだのは、アプリケーションの開発、拡張、保守を統合でき、さらにコスト削減とお客様へのタイムリーな配信を実現できる最高のテクノロジーだったからです」。

お客様情報

ロッテカード株式会社は2003年創業の韓国大手クレジットカード会社です。本社をソウルに置き、100万人以上の顧客を抱えています。親会社は1948年に設立された韓国のコングロマリットである韓国ロッテグループで60,000人以上の社員が所属し、60を超える事業部を統括しています。

テクノロジープラットフォーム

ソフトウェア

Solution Category

  • Other