iOS機器が手元にあって、常に現場で整備履歴やフライト情報を確認できるというのは、整備士の大きな安心感につながっています

—株式会社JALエンジニアリング IT企画部 部長 西山 一郎 氏,

Business Challenge

航空機が到着してから出発するまでの限られた時間内に、確実な整備が求められる運航整備では、的確かつ迅速に整備を行わなくてはなりません。しかし、整備の現場にはシステム端末がないため、整備士は担当する航空機の到着に先立ち、オフィスにおいて整備履歴やフライト情報などをシステム端末で確認し、印刷して機側に持って行っていました。また不具合対応などでマニュアルが必要な場合は無線を使用してオフィスに問い合わせ、持ってきてもらうこともありますが、その際の会話も無線を通じておこなうので、不具合個所や状況の説明に時間を要していました。さらに実施した整備内容を機側で記録用紙に記入した後、オフィスに戻りシステムに入力するという二重の手間も掛かっていました。

Transformation

整備士たちが本来業務に集中できる環境作りを模索してきたJALエンジニアリングでは、整備業務の効率化に向けたモバイル・アプリケーション開発が正式プロジェクトとしてスタート。今までオフィスで行っていた事務作業のほとんどを、場所を選ばずにスマートに行えるよう、シンプルさと簡便さを実現することに加えて、航空機整備に必要な情報は世界共通だと考え、世界のエアラインの整備士たちが使えるようなスタンダードなアプリを目指してモバイル・アプリケーション「IBM MobileFirst for iOS App」を開発することとなりました。こうした開発を可能にするソリューションとして、同社はIBM Mobile Foundationを採用。IBM Mobile Foundationは、一般的なモバイル・アプリケーション開発ツールと容易に統合しながら、包括的なセキュリティー対策により安全な環境での迅速な開発を可能にします。

Benefits

整備士はこれまでオフィスで行っていた事務作業の多くを、iPhone/iPadを使って場所を選ばず実施することができるようになりました。到着ゲートや時間の変更といった最新情報が機側の整備士にタイムリーに通知されることや、機側とバックオフィス間で整備状況を画像や動画で共有することで、迅速かつ的確な対応が可能に。加えてマニュアルもPDFで機側の整備士に共有でき、ペーパーレス化も進み始めています。JALエンジニアリングでは、すでに2,500名を超える整備士がこのモバイル・システムを活用しています。また今回のプロジェクトにより、整備の現場におけるiPhone/iPadを利用した情報収集や閲覧機能を実現した同社では、フェーズ2で情報の登録や更新機能をリリースすることでさらなる業務改革を進めていきます。

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • Mobile