ホーム ケーススタディ インターナショナル・フィットネス・カンパニー - IBMサービス International Fitness Company
IBMサービスの®支援によるコアの強みの構築
手の重りをする若い女性と一緒に働くパーソナルトレーナー

フィットネス業界の大手企業は、財務業務の自動化、イノベーション、効率性を高めることで世界的な成長を推進しようとしていました。同社は、自社のビジネスに適した ERP ソリューション (クラウドベースの Microsoft Dynamics 365 アプリケーション) の選択を支援するために IBM サービスを利用し、世界規模の展開およびサポート サービスを提供しました。

ビジネス上の課題

フィットネス業界の国際的リーダーは、成長を促進するために、グローバルな存在感、主要な市場にわたるローカルなノウハウ、ERP システムの刷新を支援するベスト プラクティスの専門知識を備えたサービス プロバイダーを探していました。

変換

同社は、 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsの 製品分析から導入、保守に至るまで、すべてのソリューションフェーズをサポートするために IBM Servicesを 選択した。

結果 ~オンプレミスの管理コストを50%削減

新しいクラウドベースのソリューションを採用する前に、サポートを IBM® にオフショアリングすることによって

ソフトウェアライセンス料の大幅な削減
Microsoft クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに対する IBM の洞察を活用
月末の財務報告におけるエラー率はほぼゼロ
Microsoft Dynamics 365 のすぐに使える機能を使用して自動的に生成
ビジネス上の課題の詳細
ERPを適正かつ無駄のない状態に維持

フィットネスとモチベーションは多くの場合、同じコインの表裏の関係にあります。同社は長年にわたり、音楽に合わせて動きを振り付ける非常に魅力的なワークアウト体験をデザインすることで、人々がフィットネスに夢中になるよう努めてきました。フランチャイズやその他の提携先のネットワークを通じて、100 か国の約 20,000 のフィットネス クラブに、さまざまな運動カテゴリーのグループ フィットネス プログラムのライセンスを提供しています。このプログラムは毎週、世界中の何百万人もの人々に運動するよう促しています。

このビジネスは、オンデマンド製品の配信を拡大して、クロスチャネルの毎週のワークアウト体験の総数を 1 億回に増やすなど、成長を推進し続けています。

この規模の成長には、成功する運動プログラムと同じ集中力と規律が必要です。ビジネスを拡大するために、経営陣は会社のグローバル ビジネス システムを統合し、最適化する必要がありました。財務分野では、同社はオンプレミスのレガシー インフラストラクチャと手動の紙ベースのワークフローを備えた Microsoft Dynamics AX 2009 ERP ソフトウェアに依存していました。アプリケーションはサポート ライフサイクルの終わりに近づいていました。さらに、同社が最近世界中のいくつかのフランチャイズを買収した後、このソフトウェアのユーザーベースは急速に拡大しており、多くのユーザーが老朽化した製品に不満を表明していました。同社は、組織全体でより高いレベルの自動化、イノベーション、効率性を実現するために、より強力な ERP 機能を求めていました。また、従業員、取引先、顧客の所在地に関係なく、一貫して優れたユーザー エクスペリエンスを提供する必要もありました。

「私たちにとって、何をするにも 100% 効率的に行うことが重要です。当社は、もはや手動プロセスだけでは十分ではない速度で成長しています」と同社の技術責任者は説明します。「私たちは変わらなければならないと分かっていました。」

技術責任者は、ERP ソフトウェアのアップグレードにベンダーに依存しないアプローチを採用し、選択肢を Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の SaaS (Software-as-a-Service) ソリューションと他の 2 つの製品に絞り込みました。彼は、製品を徹底的に評価および比較するために外部の専門家を雇うことに決めました。また、選択したら、クラウド プラットフォーム上でソリューションを展開および管理する可能性もあります。チームは、業界のベスト プラクティスに基づいた包括的な選考プロセスを使用する必要がありました。また、リスクを最小限に抑え、各国の規則や規制に準拠して展開を実行するには、世界的なプレゼンスと経験も必要でした。

IBM のプロセスのおかげで、取締役会の前に立ち、胸に手を当て、これが正しい道だと絶対に信じていると言える自信が得られました。 Head of Technology International Fitness Company
概要と経緯の詳細
自動化とイノベーションの強み

同社は、グローバル ERP 導入の複数のフェーズで協力するために IBM サービスを選択しました。「真に世界的な展開を持つ現地パートナーが必要でした」と技術責任者は言います。「それがIBMを選んだ主な理由です。堅牢な選択プロセス、柔軟な配信モデルと価格設定、スキルと知識に応じてさまざまな場所のリソースを活用できる機能など、その他の利点も得られました。」

本企業は、2018 年 3 月に初めて IBM サービスと提携しました。IBM Microsoft Dynamics Value Assessment の一環として、IBM コンサルタントは、IT チームと財務チームを徹底的な ERP ソフトウェア評価に導きました。IBM Enterprise Design Thinking™ 手法を採用することで、組織のビジネス主導のソリューション要件とベスト プラクティスを調整することができました。そのプロセスを通じて、各オファーの採用が会社の予算編成、予測、レポーティング、その他の財務プロセスにどのような影響を与えるか、ITインフラとスタッフにどのような影響を与えるか、効率化を促進するか、リスクを軽減するかなど、各オファーの採用に関連するほぼすべての側面をカバーした。IBM のコンサルタントは、潜在的なユーザーの問題も特定し、解決策のブレインストーミングを行いました。次に、費用対効果の分析を実施して、各製品のライセンス供与と実装に関連する期待価値を決定しました。

評価期間の終わりに、技術責任者は迷うことなく Microsoft Dynamics 365 ソリューションを選択しました。「IBMのプロセスのおかげで、取締役会の前に立ち、胸に手を当てて、これが正しい道だと絶対に信じていると言える自信がつきました」と彼は言う。

2018 年 7 月、Microsoft Dynamics 365 の世界的な導入に先立ち、IBM サービスは同社のオンプレミス Microsoft Dynamics AX ソフトウェアの管理とライセンス供与を引き継ぎました。現地ベースのITサポート・サービスを、インドのIBMクライアント・イノベーション・センター(CIC)からのアウトソーシング・リソースに置き換えることで、この企業は、IBMが多段階のERP導入計画を支援する暫定期間中に、大幅なコスト削減を実現しました。

両社は協力して、Microsoft Dynamic 365 の標準化された機能をほとんどカスタマイズせずに使用して、新しいビジネス モデルと財務プロセスを設計しました。「IBMも私たちのチームも、すぐに使える機能に合わせることに本当に厳しく取り組んできました。そのおかげで、非常に明確な利点がいくつかあります」と技術責任者は説明し、ロールアウト速度の向上、毎月のソフトウェア更新の合理化、TCOの大幅削減を挙げた。標準化された機能を使用して中核的な財務業務を自動化および統合したら、必要に応じて Microsoft 製品ロードマップに関する IBM の深い知識を活用して、他のより革新的な機能を導入できると同氏は付け加えました。「IBMの中核にはイノベーションがあり、当社のビジネスを改善する方法を常に検討しています。Microsoft Dynamics 365 アプリケーションに関しては、素晴らしいアドバイスがあると思います」と彼は言います。

グローバル展開は本社で始まりました。Microsoft Dynamics 365のデータ移行ツールを活用し、IBMは以前のオンプレミス・アプリケーションから Microsoft Azure クラウド・コンピューティング・プラットフォーム上に展開された新しいSaaSソリューションにデータを迅速に移行した。クラウド テクノロジーを早くから導入していた同社は、すでに他のミッションクリティカルなシステムをクラウド プラットフォームに移行していました。IBM のスペシャリストは、新しい Microsoft Dynamics 365 オファリングに対応するクラウド戦略の洗練を支援しました。2019 年 7 月に、このソリューションは予定どおり、予算どおりに稼働し、IBM は次に他の地域での展開に注目しました。

IBM は展開のたびに、データプライバシー、税務、各地域での事業運営の複雑さを理解しているその他の専門家を引き入れることで価値を提供できます。たとえば、IBM は、企業が事業を展開している場所を問わず、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) に準拠することで、カード所有者データの盗難を確実に防止できるよう支援しています。さらに、IBM は各地域を拠点とする Microsoft Dynamics ソフトウェア スペシャリストへの迅速なアクセスを提供し、問題が発生した場合に Microsoft に連絡するための最初の連絡先として機能します。各導入が完了すると、IBM は世界中のデータセンター ネットワークを通じて継続的なメンテナンスとサポート サービスを提供します。

IBM の中核にはイノベーションがあり、当社のビジネスを改善する方法を常に検討しています。Microsoft Dynamics 365 アプリケーションに関しては、素晴らしいアドバイスがあると思います。 Head of Technology International Fitness Company
成果の詳細
コスト削減と満足度向上

同社は IBM と提携することでさまざまなメリットを得ています。2018 年には、オンプレミスの Microsoft Dynamics AX アプリケーションの管理を IBM に切り替えることで、約 50% の節約を実現しました。IBMは、マイクロソフトとのアライアンスとクラウドライセンスに関する見識を生かし、同社のビジネスニーズに適したMicrosoft Dynamics AXのライセンスモデルの選択も支援した。

さらに、IBM と協力して標準化された機能を使用して Microsoft Dynamics 365 ソリューションを実装することで、導入を大幅に簡素化し、迅速化することができます。これまでMicrosoft Dynamix AXアプリケーションで使われていたような複数のカスタマイズを避けることで、低いTCOを維持し、ソフトウェアのアップデートに伴うリスクを最小限に抑え、特に企業内取引に関わる高い効率性を実現することができる。

たとえば、同社は現在、自動化された合理化されたプロセスを使用して、月末レポートを含む主要な財務諸表を作成しています。以前は、企業の内部コスト センターは、サードパーティのレポート ツールから月末のレポートを受け取るまでに最大で数日かかることがよくありました。現在では、すべてのコストセンターが独自の詳細な月末レポートを実行できるようになり、未処理のトランザクションが明確に強調表示され、最終的には内部統制が強化され、エラー率がほぼゼロに減少します。また、紙の消費量を削減することで、全社的なオフィス経費も削減します。

最後に、高可用性とパフォーマンスを実現するように設計されたソリューションによってサポートされる完全に自動化されたプロセスにより、組織は従業員や取引先の満足度を高めるための ERP の中核的な強みを獲得できるようになりました。より高速な請求書発行や PCI DSS 準拠のクレジット カード支払いプロセスなど、より優れた顧客エクスペリエンスを提供できます。

IBM との継続的な関係を通じて、同社は最終的に組織全体で自動化、イノベーション、効率性を推進し、成長目標を達成する上で有利な立場にあります。「IBM のおかげで、大きな柔軟性と対応範囲が得られました」と技術責任者は言います。「私はさまざまな問題を解決するためにさまざまなレベルの能力を持っています。パートナーのところに行って待つ必要はもうありません。私はIBMと協力できる能力の深さに大きな自信を持っています。」

International Fitness Company

同社は、動きや音楽を通じてユーザーのモチベーションを高めることを目的としたグループ フィットネス プログラムを作成および配布しています。一連の製品には、ウエイト トレーニング、高強度インターバル トレーニング、ヨガ、サイクリング、ダンス、武道、その他の分野のワークアウト プログラムが含まれています。同社は世界中で事業を展開しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む IBM Microsoft Dynamic Value Assessment
他の事例を見る
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2020. IBM Corporation、IBM Global Business Services、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

米国で製作、2020年4月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Services および Enterprise Design Thinking は、International Business Machines Corp. の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

Microsoft、Windows、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその両方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

Microsoft Azure、Microsoft Dynamics AX 2009、および Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、IBM 製品または製品ではありません。Microsoft Azure、Microsoft Dynamics AX 2009、および Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、場合に応じて、製品または製品に付属する Microsoft の契約条件に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されます。Microsoft Azure、Microsoft Dynamics AX 2009、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の可用性、あらゆる保証、サービス、サポートは、マイクロソフトが直接責任を負い、マイクロソフトからユーザーに直接提供されます。

 IT システムのセキュリティには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざん、破壊、悪用、誤用、システムの損傷、または他者への攻撃のための使用を含む誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で完璧な効果のある、製品、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。