株式会社IDOM
クルマの所有&利用に新たな可能性を提示。個人間カーシェアリングサービス「GO2GO」の運転評価機能をIBM IoT Connected Vehicle Insightsで実現

株式会社IDOM(以下、IDOM)は現在、CaaS(Car as a Service:サービスとしてのクルマ)時代の新サービスとして、クルマを簡単に貸し借りできる個人間カーシェアリング「GO2GO(ゴーツーゴー)」の提供に力を入れています。同サービスおいて、クルマのオーナーと利用者が安心して利用できる世界を作るうえで鍵となるのが、利用者の運転傾向を分析してクルマのオーナーに事前に提示し、貸出可否の判断を支援する「運転評価機能」です。同社はこの機能をIBMのコネクテッド・ビークルとモビリティ・サービス実現のためのプラットフォーム「IBM IoT Connected Vehicle Insights」によって実現しています。

ビジネス上の課題

買い取りの査定基準などを徹底して透明化した中古車買取・販売店「ガリバー」の全国展開により、買取価格の基準が不透明だった中古車市場に大きな変革をもたらしたIDOM。同市場に流通革命を起こし続けてきた同社が新たな革命として挑んでいるのが、“近所のクルマを安心、簡単、遠慮なく使える”をキャッチフレーズとする個人間カーシェアリングサービス「GO2GO」です。GO2GOの特徴は、IDOMの既存事業のお客様である“中古車オーナー”がクルマを所有するために負っている経済的な負担の軽減を狙って構想されている点です。同社は2018年夏より、サービスの具体的な企画とシステムの設計・開発を開始しました。

ソリューション

先行する競合サービスもある中でGO2GOをより魅力あるサービスとすべく、IDOMが強く意識したことの1つが「オーナーが安心してクルマを貸せるサービス」にすることでした。国内の個人間カーシェアリングは需要と供給のバランスが全くとれておらず、貸し手が圧倒的に不足しています。その理由は、クルマを貸すことに対してオーナーがリスクや不安を感じているからだとIDOMは考えました。そこで同社は、ドライバーの運転傾向をレーティングしてオーナーに事前に通知し、貸出可否の判断を支援する「運転評価機能」の導入を決定。これを実現するソリューションとして「IBM IoT Connected Vehicle Insights(以下、CVI)」の採用を決めます。

効果と今後の展望

CVIを用いた運転評価機能の開発は円滑に進んでいます。「フレームワークとしてしっかりと作られており、使用に際して迷うようなことはなかった。設定した評価基準に対して常にブレることなく分析結果が返されるため、評価基準の一部を変えながらの検証もやりやすかった」と同社関係者はCVIを高く評価します。こうしてサービスの要となる機能の開発を進める一方、クルマを貸し出すオーナーや利用者の登録数も順調に増えています。GO2GOで導入したドライブレーティングは今後、中古車の状態を判断する新たな評価ポイントとしても利用されるだろうと同社関係者は期待しています。

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、事例PDFよりご覧いただけます。

CVIなら、当社が描くドライブレーティングの実現に必要な機能を全てクラウドサービスとして利用できます。また、IBMには運転評価機能の具体的な検討を始めた当初から相談に乗ってもらい、同機能をサービス提供していくうえでの“文脈作り”も含めて助言をいただきました 新森 亮氏 CaaS事業部 GO2GO責任者 株式会社IDOM
次のステップ
事例PDFをダウンロード 他のお客様事例を見る

Copyright IBM Corporation.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Consultingは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本事例は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
記載の事例は特定のお客様に関するものであり、全ての場合において同等の効果が得られることを意味するものではありません。効果はお客様の環境その他の要因によって異なります。製品、サービスなどの詳細については、弊社もしくはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。