Business challenge

Ideatolife社は、湾岸地域以外での事業展開を目指して、お客様に提供できる付加価値を十分に活用し高めることができる新しいパートナーシップを構築したいと考えていました。

Transformation

同社はIBM次世代エコシステムのビジネス・パートナーになり、IBMと協業してIBM Cloud上で2つの主要ソフトウェア・ソリューションを立ち上げました。

Results

デプロイメントを10%から15%高速化

高速化によるお客様満足度の向上とコスト削減

サポートの拡大

IBMパートナーシップやIBM Cloudにより、新しい地域や市場にサポートを拡大

ソリューション品質の向上

サポートの応答の高速化と革新的なプラットフォームへのアクセスによる品質の向上

Business challenge story

変化への切望

成功し好調な企業を示す最も一般的な指標は、成長率です。規模と収益が低下している企業は、明らかに問題を抱えています。成長が低迷している企業は、多くの場合、来たるべき主要なイノベーションや業界の破壊的変革を乗り切ろうと奮闘しています。一方、新しいサイトや事業所を開設したり、新製品を発表したり、新しい市場に進出したりしている企業は通常、成功への道のりを進んでいるといえます。

成功の多くを手にするための要因は、画期的なアプリケーションや優れたサービス、より積極的な販売スタッフの確保だけではありません。リレーションシップも成功のための要因となります。

「ペースの速い業種で事業を展開する場合、すべてのパートナーが効率性、技術的ノウハウ、市場への参入を最大限に向上させる必要があります。」Ideatolife社の最高経営責任者 (CEO) であるAli Zein氏は説明します。「それが規模を拡大する方法であり、成長する方法なのです。」2014年の創業以来、強力なパートナーシップを構築することと、そうしたリレーションシップが提供する価値を十分に活用することが、Ideatolife社の優先事項となっていました。

「会社の創設時、当社はMicrosoftからの提案を受けてパートナーになりました。さらに、そのパートナーシップによって、Microsoftのアーキテクチャーを多用するようになりました。当社のプロジェクトの90%は、Microsoftとの協業によるものでした。」しかし、Ideatolife社が湾岸地域全体で事業を展開していく上でこのリレーションシップの有用性が実証された一方で、同社はパートナーからテクニカル・ソリューション以外の提供も受けたいと考えるようになりました。

「このままでは、可能性を持ったディストリビューターとしての位置付けから前進できないと思いました。」Zein氏は続けます。「Microsoftは、私たちの真の付加価値に注目することはありませんでした。私たちは単に特定の製品を提供しているだけではありません。私たちはお客様に破壊的変革やイノベーションを提供しています。製品が私たちにそうさせるのです。」

今後数年間で新たな地域に事業を拡大していきたいという思いから、Ideatolife社は、この夢を実現するために、リレーションシップ、コミュニケーション、ソリューションを強化できる新しいパートナーを探し始めました。独自の破壊的変革ソリューションを作り出すことに好意的なパートナーが理想的でした。

パートナーになってまだ短い期間しか経っていませんが、既にKubernetesやコンテナのデプロイメント時間を10%から15%短縮しました。

IBMビジネス・パートナー, Ideatolife社, CEO, Ali Zein氏

Transformation story

運命の夜

ドバイで開催されたIBM主催のイベントで、すべてが変わりました。

「今年早々に、IBMの次世代チームにお会いして、IBMの組み込み戦略を知りました。」Zein氏は説明します。「そのリレーションシップには、多くのチャンスがあると感じました。」同社はすぐにIBM次世代エコシステムのビジネス・パートナーになり、同社の2つの主力オファリングに適用されるESAに署名しました。

Ideatolife社のDesign Thinking Conceptualization Labのメンバーは、ドバイでIBM次世代エコシステム・チームと協業し、これら2つのアプリケーションを再構築してIBM Cloudを利用できるように更新しました。次世代チームは、「Build with IBM」手法を用いたイノベーションと変革への大胆で包括的なアプローチを使い、新しい開発が顧客中心の結果をもたらすことに重点を置きました。

Trackrは、現在、エレベーターと水泳プールの2つの業種に焦点を絞った、クラウド・ベースのERPプラットフォームです。このソリューションは保守管理業務を自動化すると同時に、関連するレポート作成とアナリティクスの処理も簡素化します。さらに、ESAによって、Ideatolife社は、オファリングをMicrosoft AzureからIBM Cloudに移行しました。

「IBMと連携したことで、AIやIoTといった新しいテクノロジーを取り入れられるようになりました。」Zein氏が付け加えます。「先月、チームは私たちをアブダビにあるクライアント・センターに連れて行ってくれました。そこでは、Watson IoTをプラットフォームに統合する方法について説明を受けました。当社はまもなく、現行プロセスを自動化するだけでなく、Watson AIを使用して予測保全を利用できるようにする予定です。お客様のROIは非常に高くなるでしょう。」

現在、ESAを適用しているもう1つのオファリングは、学生を対象としたSkramblerアプリです。このアプリは、割引サービス、お勧めの商品情報、近隣イベントのチケットの検索に役立ちます。「このオファリングもMicrosoftからIBM Cloudに移行しました。」Zein氏は続けます。「IBMのおかげで、Skramblerを次のレベルに進めることができました。ソリューションの拡張や、さらなるパートナーシップ、大学、学生団体との関係構築をIBMが支援してくれたからです。」

さらに、これら2つのオファリングに関連するクラウド環境を管理するために、Ideatolife社はIBM Cloud Kubernetes Serviceを利用することにしました。現在同社は、IBMソリューションを使用してクラウド内で仮想サーバーを管理し、独自の実動環境とステージング環境を構築しています。

IBM Cloud内にこれら2つのソリューションを構築したIdeatolife社は、既に3つ目のESAを検討中です。「間もなく開発に取り掛かれるでしょう。」Zein氏が付け加えます。「現在、キャッシュ・フローをエンドツーエンドで管理できるプラットフォームの構築に取り組んでいます。そのプラットフォームには、IBM Blockchainとスマート・コントラクトが含まれています。今は、ちょうど設計の最終調整をしているところです。」

当社はIBMとのパートナーシップの価値を認め、ESAに署名しました。IBMチームが提供する実践的なサポートとコンサルティングを受けることができました。

IBMビジネス・パートナー, Ideatolife社, CEO, Ali Zein氏

Results story

協業による前進

IBMビジネス・パートナーとなったIdeatolife社は、2つの主要オファリングの拡張機能に満足しています。さらに、同社が提供できるサービス・レベルも向上しました。「パートナーになってまだ短い期間しか経っていませんが、」Zein氏は説明します。「既にKubernetesやコンテナのデプロイメント時間を10%から15%短縮しました。次回のデプロイメントでは、さらに短縮されると確信しています。デプロイメントを重ねるにつれ、速くなっていくでしょう。」このようなデプロイメントの高速化によって、Ideatolife社は関連コストを削減できるようになるはずです。

IBMとのパートナーシップも、多くのメリットをもたらします。Zein氏は続けます。「当社はIBMとのパートナーシップの価値を認め、ESAに署名しました。IBMチームが提供する実践的なサポートとコンサルティングを受けることができました。IBMチームは最適なアーキテクチャーを設計する際に支援してくれただけではなく、ソリューションを容易に拡張できるようにしてくれました。拡張できるということは、当社のように成長過程にある企業にとって重要なことです。さらに、以前は関係を構築していなかった新しいお客様や新しいセグメントにも進出できるようにしてくれました。」

もちろん、同社の積極的な成長目標に合わせることができるIBM Cloudの柔軟性も、この拡張性の獲得に役立っています。

Zein氏は次のように述べています。「以前は、当社が得たサポート・レベルよりももっと多くのものを提供してほしいと常に感じていました。しかしIBMからは、当社が必要とするものをサポート開始前から得ることができました。何かを言った瞬間に、必要な答えを得ることができるのです。特に、AIやブロックチェーンのような分かりにくい分野においてアドバイスを得られることにより、さらなる満足や信頼を感じました。」

IBMとの連携による利点だけでなく、Ideatolife社は、IBMのブランド力によるメリットも享受しています。「IBMという名前を当社の隣に並べることは、大きな影響力を持ちます。」Zein氏は締めくくります。「IBMが当社を信用してくれれば、他社からもより多くの信用を得ることになります。現在お付き合いのあるお客様のうちの数社は、当社だけでは交渉が難しかったかもしれません。しかし、IBMと共に当社の価値を提示することで、スムーズに進めることができます。」

以前は、当社が得たサポート・レベルよりももっと多くのものを提供してほしいと常に感じていました。しかしIBMからは、当社が必要とするものをサポート開始前から得ることができました。何かを言った瞬間に、必要な答えを得ることができるのです。

IBMビジネス・パートナー, Ideatolife社, CEO, Ali Zein氏

Ideatolife ロゴ

Ideatolife Inc.社について

IBMビジネス・パートナーであるIdeatolife社 (IBM外のWebサイトへ) は、アラブ首長国連邦ドバイに本社を置く、技術開発とソフトウェア・ソリューションの企業です。2014年創業の同社は、湾岸地域全体で事業を展開し、Innovation Labがあるサウジアラビアとレバノンに支社を置いています。

同社のミッションは、あらゆるユーザーとデジタル・イノベーションをつなげることです。ハイエンドのテクノロジーと人間を中心に据えた設計の両方を提供することで、Ideatolife社はお客様と互いに分かり合えるように努力し、お客様のニーズと課題に共感して最適なソリューションを提供するように努めています。

Solution components

Take the Next Step

この事例に記載されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当員またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

Ideatolife社の人間中心のソフトウェア・ソリューションおよび同社が提供するサービスの詳細については、Ideatolife社のサイト (IBM外のWebサイトへ) をご覧ください。